« 04/07/22 北海道利尻島  | トップページ | 04/07/25 北海道礼文島 »

2004年12月21日 (火)

04/07/23 北海道利尻島

【県 名】 北海層
【場 所】 利尻富士町 (利尻郡)
【年月日】 2004年07月23日(金)
【時 刻】 08:00-15:00
【天 候】 曇り(強風)
【観察者】 摩周
【環 境】 低山
【観察種】 

  1.オオセグロカモメ    6.ビンズイ        11.スズメ
  2.ウミネコ        7.ミソサザイ       12.カケス
  3.アマツバメ       8.コマドリ     [S]  13.ハシボソガラス
  4.キセキレイ       9.エゾセンニュウ  [S]  14.ハシブトガラス
  5.ハクセキレイ     10.カワラヒワ

 ※観察種の記号 S:さえずり
コース:鴛泊市街からサイクリングロードで姫沼に、その後ポン山経由甘露泉のハイキングコースをとり、宿に戻った。 

【備 考】

昨夜からの台風並みの強風で天気予報では宗谷地方に強風波浪警報が出ていた。出来れば6合目辺りまで行き、高山の鳥が見られればと思ったが、この天気ではあまり期待できないと考え、昨日の疲れが残っていた事もあり、楽なコースを選んだつもりだった。

昨日と同じ宿から舗装されたサイクリングロードで姫沼に向かったが、これが失敗で、海風をまともに受けることになった。途中に大きな橋が3つあったが、ここでは踏ん張らないと飛ばされそうであった。

こんな状態では鳥も出てこず、声も木々の音でウグイスとコマドリを除くと、殆ど聞き取れなかった。

路線バスの時刻表を持ち忘れたが、姫沼の案内所で聞けば分かると安心していたが、呆気なくこちらでは分かりませんと言われてしまった。
今来た道を戻るのは避けたかったので、仕方なく姫沼から甘露泉までのハイキングコースを歩いた。風は強く、鳥は駄目であったが、体が飛ばされそうになることはなかった。

甘露泉からは昨日と同じ道になったが、明らかに鳥の声、動きとも少なかった。

昨日と合わせるとおそらく40キロ近く歩いているので、最後には足が思うようには動かなかった。

甘露泉近くで利尻山から下りてきた人たちと話が出来たが、頂上を目指したが多くの人が強風のため、途中で登頂を断念したようだ。ある人の話では登頂したのは10人程度かもしれないとの事であった。6合目付近で断念した人が多いようだったが、名古屋からの利尻登頂目的で来た女性二人と話をしたが、泣く泣く9合目で断念したとのことで、気の毒であった。登頂した人もガスで体が冷え、強風と相まって辛かったと言っていた。

|

« 04/07/22 北海道利尻島  | トップページ | 04/07/25 北海道礼文島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/2330219

この記事へのトラックバック一覧です: 04/07/23 北海道利尻島:

« 04/07/22 北海道利尻島  | トップページ | 04/07/25 北海道礼文島 »