« 04/07/25 北海道礼文島 | トップページ | 04/07/29 北海道宗谷岬 »

2004年12月21日 (火)

04/07/27~28 北海道サロベツ原野

【県 名】 北海道
【場 所】 サロベツ原生花園自然教室周辺 (天塩郡豊富町)
【年月日】 2004年07月27日(火)
【時 刻】 12:00-15:30

      幌延ビジターセンター周辺(天塩郡幌延町)
      2004年07月28日(水)
      9:00-14:00
【天 候】 27日晴れ強風 28日大雨
【観察者】 摩周
【環 境】 草原
【観察種】 

  1.ウミウ       7.オオセグロカモメ    13.ノゴマ
  2.アオサギ      8.ウミネコ        14.ノビタキ
  3.マガモ       9.カワセミ        15.ウグイス
  4.トビ       10.ヒバリ         16.オオジュリン
  5.チュウヒ     11.キマユツメナガセキレイ 17.スズメ
  6.オオジシギ    12.ハクセキレイ      18.ハシボソガラス

【備 考】

27日礼文島を朝一番のフェリーで離れ稚内へ、直ぐ接続の列車で豊富駅下車。
この日も強風で鳥が出てこない。豊富町の方ではシマアオジが繁殖しているとの話であったので粘ったが確認できなかった。
キマユツメナガセキレイが盛んに巣に餌を運んでいた。
花では一面にタチギボウシが咲いていた。

28日は朝から雨で宿で寝ていようかとも思ったが、それでは旅行の意味がないので、無理して出かけた。小降りならパンケ沼まで往復しようかと思った。

傘は持たず、カッパを着て、双眼鏡だけ持ち、木道を歩いたが、土砂降りになり、とても鳥を見られる状態ではなかった。双眼鏡を使うので、袖から雨が入り濡れたが、それ以外の体足は全く濡れなかった。途中から信じられないような土砂降りになり、パンケ沼に着く前に、センターに引き返した。センターの人の話では先程、この地域に大雨洪水警報が出たとの事であった。

センターの2階から観察していると直ぐ下で、ウグイスが何度も巣に餌を運んでいた。なかなか姿を確認できないウグイスであるが、上から見ていると、簡単に確認できたのは面白かった。

なお、26日は礼文島で2年ほど前にでき、当然まだ行っていない「礼文森林(もり)の丘」に行ってみたが、こちらも強い雨と雷にやられ、 途中で引き返した。

※27日28日の宿は携帯が通じなかった。
●29日東京に戻りました。

|

« 04/07/25 北海道礼文島 | トップページ | 04/07/29 北海道宗谷岬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/2330255

この記事へのトラックバック一覧です: 04/07/27~28 北海道サロベツ原野:

« 04/07/25 北海道礼文島 | トップページ | 04/07/29 北海道宗谷岬 »