« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月30日 (日)

自然系サイトを見ての不満

Blogを初めて1ヶ月以上になりました。
興味のある野鳥や自然関係のサイトを検索エンジンで探し、先ずはどんどん登録し、RSSで自動閲覧しています。
ここは面白そうだなとお思い、見始めると、自然系のサイトですので、その方がどちらにお住まいなのか興味が湧いてきます。そこで 「プロフィール」に当たる部分を見てみると、その方の住まわれているところがまったく書いていないサイトがかなりあります。正直、魅力が半減します。勿論、名前、性別、年齢などは特に書かなければならない訳ではありません。 最低限、住んでいる県名だけはハッキリ分かるように書いて頂きたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月29日 (土)

ミコアイサ

mikoaisa今日の多摩川(大栗川)でのミコアイサ。
私の場合はバカチョンデジカメでただただシャッターを押すだけです。
もう少し研究しないと(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

05/01/29 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年01月29日(土)
【時 刻】 10:15-14:20
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ     16.コジュケイ       31.モズ
  2.カワウ       17.キジ          32.ツグミ
  3.ダイサギ      18.オオバン        33.ウグイス
  4.コサギ       19.イカルチドリ      34.エナガ
  5.アオサギ      20.イソシギ        35.ヤマガラ
  6.マガモ    (22)  21.オオセグロカモメ (1)  36.シジュウカラ
  7.カルガモ   (35)  22.キジバト        37.メジロ
  8.コガモ    (28)  23.ヒメアマツバメ     38.ホオジロ
  9.オカヨシガモ (9)  24.カワセミ        39.アオジ
 10.ヒドリガモ  (10)  25.コゲラ         40.カワラヒワ
 11.ミコアイサ (1,1)  26.ヒバリ         41.スズメ
 12.トビ        27.ハクセキレイ      42.ムクドリ
 13.オオタカ      28.セグロセキレイ     43.ハシボソガラス
 14.ノスリ       29.タヒバリ        44.ハシブトガラス
 15.ハヤブサ      30.ヒヨドリ        番外ガビチョウ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎今日の注目は番外のガビチョウ1。ここで声は何回も聞いているが、間近でじっくり見たのは初めて。確実に増えているということであろう。
◎風がなかったからか、小鳥類は大変活発であった。ホオジロが10羽ほどの群れでいた。アオジも全部で15羽程度見られた。エナガ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ、コゲラ、ホオジロの混群が見られた。
◎このところ見られていたカワアイサはいなかった。
◎猛禽類は一通り見られたが、距離が遠かったりでパッとしなかった。ハヤブサ幼鳥が河原に下りて、長時間見られたが、やたらと色が黒く、尾羽が欠けている個体で見栄えが悪かった(仲間内で通称黒ハヤブサと呼んでいる)。
◎ヒバリを久し振りに見た。見逃していたのかもしれないが。

【雑 記】

◎曇りであったが、風がなかったので寒くは感じなかった。雨がポツポツ降り始めたので早めに撤退したら、30分もしないうちに晴れてきた。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年1月27日 (木)

オオハクチョウのその後(2)

ウトナイ湖ネイチャーセンターのサイトを見るとを昨年10月4日まで幼鳥3羽(オオハクチョウJ3と表記)が記されていますが、 それ以降はありません。

知人のウトナイ湖レンジャーに今日連絡が取れ確認したところ、今日現在5羽とも元気だそうです。 この5羽と10月18日に本来の北から来た最初のオオハクチョウが一緒になり、記載としてはただ単に「オオハクチョウ」 となっているそうです。

今のウトナイ湖はほとんど結氷しているので、オオハクチョウ、コハクチョウは南下してしまい、 現在はオオハクチョウのみ10~20羽程度のようです。この程度の数だと幼鳥はそんなにいないので、この一家の様子は確認できるとのこと。 安心しました(^^)V。

問題は春になった時どうするかでしょうね。また、一昨年と同じように飛べない♀をかばって♂親はウトナイに残るのでしょうか?

再度、最初の発言にコメントをくださった「くみさん」のサイトの8月9月にその家族が載っています。
http://digital-photo.hp.infoseek.co.jp/b.w/lake-utonai/b.w.lake-utonai.htm  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月24日 (月)

オオハクチョウのその後

ohakutyou昨年、苫小牧市ウトナイ湖に行った際、オオハクチョウの一家を見ました。(このブログにその時のフィールドノートが載せてあります。)5月28日に5羽の雛が確認され、私が行った6月27日には3羽の雛が元気でした。
この一家の♀親が羽を痛めて飛べないため、その前年も繁殖したのですが、一家は北へは帰らなかったそうです。
その後、このオオハクチョウ一家のことが気になっています。
NETで調べてもどうもハッキリしない。もう少し調べて見よう。
昨年6月27日に撮った画像です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

私の観察用具

kansatsuいつもこんな道具を担いで鳥を見ています。

スコープ
Kowa TSN-4+30倍WIDE (時々20~60ズームを使用)
双眼鏡
LEICA 8×42 BA
首から提げると疲れるので、ゴムバンドで両肩で前に背負う?ようにしています。
この頃、結構このスタイル見かけます。これに慣れると楽なので戻せません。
三脚
GITZO G1228 カーボン4段
雲台
Manfrotto 700RC2

あまり細かく書くとすぐ外でばれちゃうなぁ~(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨシガモとヒドリガモ

23日の谷津干潟。
まったく陽が差さず、距離があり、これで精一杯。
証拠写真にはなりそうなので(^◇^;)・・・

ヨシガモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカヒドリ

amehi昨日、谷津でのアメリカヒドリです。

人を恐れる様子はありませんでした。

ただ、ちょっと顔の緑味がうすく、その点は残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

05/01/23 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年01月23日(日)
【時 刻】 11:30-16:00
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周他
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カイツブリ       16.スズガモ       31.ヒヨドリ
  2.カワウ         17.ハジロコチドリ (1)  32.モズ
  3.ゴイサギ        18.シロチドリ   (35)  33.アカハラ
  4.ダイサギ        19.メダイチドリ  (1)  34.シロハラ
  5.コサギ         20.ダイゼン    (50)  35.ツグミ
  6.アオサギ        21.トウネン    (1)  36.ウグイス
  7.カルガモ        22.ハマシギ   (800)  37.シジュウカラ
  8.コガモ         23.ミユビシギ   (5)  38.オオジュリン
  9.ヨシガモ    (1,0)  24.アオアシシギ  (1)  39.カワラヒワ
 10.オカヨシガモ      25.イソシギ    (1)  40.シメ
 11.ヒドリガモ       26.セイタカシギ  (3)  41.スズメ
 12.アメリカヒドリ (1,0)  27.ユリカモメ      42.ムクドリ
 13.オナガガモ       28.ズグロカモメ  (2)  43.オナガ
 14.ハシビロガモ      29.キジバト       44.ハシボソガラス
 15.ホシハジロ       30.ハクセキレイ     45.ハシブトガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎アメリカヒドリ、ヨシガモともに近い距離で見られた。
◎オオジュリンが近い距離でじっくり見られた。
◎ハマシギがどのくらいいるか心配であったが満足。
◎夏羽のカイツブリがいた。

【雑 記】

◎まったく陽が出ず、寒いのでセンターにいた時間が長かったので、淡水池周辺でいろいろ見られた(^^)。
◎いつもの調子で軍手しか持って行かなかったので、冷たい風の中、手がかじかんでしまい辛かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年1月22日 (土)

その値段だと家が建つ。

hi今日、我々のすぐ近くにこんなビデオカメラがありました。
いわゆるハイビジョンカメラです。
二人の人が同じ構成で、並んで居ました。
両方とも本体SONY、レンズCanonで、又聞きで別の二人の人から聞いたら、最低で1500万円位は掛かるだろうとの話でした。
一番安くてこの程度で、上はきりがないようです。
私のデジカメなんてこれに比べれば・・・・
私の腕の悪さかと思っていましたが、機材の差でした。ハイ、間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

fujisan

東京多摩市立交通公園から見た富士山です。
今日はほとんど快晴で、また、風が強かったので綺麗に見えました。
スコープで見ると昔は頂上左に気象観測レーダドームが見られたのですが、現在は撤去され、富士吉田市にあるそうです。
             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワアイサ♀

kawaaisa

今日の多摩川での目玉。

先々週に続いて大丸堰下にいました。

それにしても腕が悪いな~(T.T)。
これではカメラとレタッチソフトの勉強をしないと。

何とか証拠写真(ウミアイサとの識別)にはなりそうなので・・・・


     摩周@東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/01/22 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年01月22日(土)
【時 刻】 09:20-15:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      14.ノスリ        27.タヒバリ
  2.カワウ        15.ハヤブサ       28.ヒヨドリ
  3.ダイサギ       16.チョウゲンボウ    29.ジョウビタキ
  4.コサギ        17.コジュケイ      30.ツグミ
  5.アオサギ       18.キジ         31.ウグイス
  6.マガモ     (18)  19.オオバン       32.シジュウカラ
  7.カルガモ    (25)  20.イカルチドリ     33.ホオジロ
  8.コガモ     (30)  21.ユリカモメ      34.アオジ
  9.オカヨシガモ  (8)  22.セグロカモメ     35.スズメ
 10.ヒドリガモ   (7)  23.キジバト       36.ムクドリ
 11.ミコアイサ  (1,1)  24.キセキレイ      37.ハシボソガラス
 12.カワアイサ  (0,1)  25.ハクセキレイ     38.ハシブトガラス
 13.トビ         26.セグロセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで


【備 考】

◎カワアイサ♀1は大丸堰下。ミコアイサ2のみ大栗川桜ヶ丘病院前。
◎カモは今シーズンでは一番多かった。午前中の大丸堰上はゼロであったが、午後マガモの一団が入ってきた。
◎珍しくオオタカとカワセミは見なかった。
◎ハヤブサは幼鳥で、尾羽が抜けており、見栄えのしない個体。

【雑 記】

◎強風で小鳥はあまり活発ではなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月20日 (木)

液晶パソコンの色の見え方

17インチ液晶コンパクトタワー型とB5ノートパソコン(両方DELL製)を使っていますが、 17インチがこのところ調子がおかしかったので、このブログはB5ノートで作っていました。今日、何とか17インチを直したので、 しばらくぶりに使ってみたら、同じメーカー製でもずいぶん色の見え具合が違うのに驚きました。

昨日まで本文の文字色はB5ノートで見て、地味な濃い紫色を使っていたのですが、17インチで見ると、 全く違った感じで明るい派手な紫色でした。よくよく調べてみると、ちょっと見る位置を変えると色の濃淡が大きく変わりますね。

派手で下品な紫色に見られると困ると判断し(私は上品ですから(;^_^A アセアセ… )背景を白にし、文字色は黒にしました。
液晶の欠点なのでしょうが、今更CRTというわけにもいかないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月19日 (水)

ブログ用エディタ

ヒョンなことからブログ用エディタを見つけました。
ちょっと使ってみましたが、これがココログのエディタより使い勝手が良い。
それは ubicast Bloggerといいます。
複数のブログに対応しています。
見栄えもずっと綺麗です(^^ゞ。(これが一番大事)

 皆さんもテストで使ってみてはいかかですか? ここからです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年1月17日 (月)

なんとか格好を付けました(^^)。

先月21日にスタートしたこのBlog、何とか外見的な格好をつけました。
まだまだ、不十分ですが、ここまで持ってきたので一段落。

この連休が天気不良で鳥見が出来ませんでしたので、ヤマセミのGIFアニメとカウンタを入れました。
万年パソコン初心者なので、カウンタには苦労しました。
カウンタのサイトがどこから入ればそのサンプルがあるのか、探しに探してそれだけで1時間近く掛かってしまいました。 もう少しリンクを分かりやすくしてくれないと困ります(`_´)。
また、当然HTMLやCSSなんてまるっきり分かりませんでしたが、解説本を見ながらイジリ回し、位置などを調整しました。

困ったのはいろいろ私がいじっている間にカウンターがどんどん進んでしまうのです(^^)。
今の数は99%私分で間違いないと思います。結局、同じ人が3時間以内でアクセスしても1回分しかカウントをしない設定にしました。 試しに更新ボタンを押してください。カウンタは進まないはずです。

あと、RSSリーダー(Headline-Reader)も何とか使えるようになりました。でも、 このRSSリーダーってなかなかの優れ物ですね。TTYとは違いますが、自動でBlogを閲覧できますし、 普通のブラウザと同じ扱いが出来るし。

これでniftyのフォーラムとパティオをCMNで巡回、 BlogはHeadline-Readerで閲覧、 普通のサイトはHeadline-Reader経由でも見られるけどInternet Explorerは嫌いなので、 今まで通りOperaを使用、メーラーにはShurikenという構成になります。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年1月15日 (土)

天気予報大外れ

どうせなら雪がチョッコと降るよりドッと降ってもらった方がと期待?(^^)いていたのだが、 昼の予報ではもう雪の可能性はないとのこと。

大外れですなぁ~(`_´)。

良く天気予報は80%くらいの確率で当たるなんて言っているけど、私の実感からいったら50%ですな。
毎日、朝5時の最新天気予報を携帯に送ってもらっているのだけど、それには「雪は明日まで降り続きます。」と書いてありました。
こんな短時間が予想できないなんて・・・。情けないですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年1月13日 (木)

電卓ビル

0501131パソコンや電気製品はほとんどビックカメラで買っています。

そのビックカメラ池袋パソコン館はビルが電卓になっています。

うまく考えたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

運良く写っていました(^^)。

050111_1石神井公園を歩いていたら、池の向こう側15メーター位先をウグイスがチョロチョロしていました。
ちょうどデジカメを持っていたので、その辺を目掛けて写してみました。
液晶のモニターでは殆ど確認できませんでしたが、端の方に運良く写っていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

05/01/08 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年01月08日(土)
【時 刻】 10:00-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      15.チョウゲンボウ    29.シロハラ
  2.カワウ        16.オオバン    (2)  30.ツグミ
  3.ダイサギ       17.イカルチドリ     31.シジュウカラ
  4.コサギ        18.ユリカモメ      32.ホオジロ
  5.アオサギ       19.セグロカモメ     33.カシラダカ
  6.カルガモ    (15)  20.キジバト       34.アオジ
  7.コガモ     (22)  21.ヒメアマツバメ    35.カワラヒワ
  8.オカヨシガモ  (2)  22.カワセミ       36.スズメ
  9.ヒドリガモ   (8)  23.コゲラ        37.ムクドリ
 10.ミコアイサ  (1,1)  24.ハクセキレイ     38.オナガ
 11.カワアイサ  (0,1)  25.セグロセキレイ    39.ハシボソガラス
 12.トビ         26.タヒバリ       40.ハシブトガラス
 13.オオタカ       27.ヒヨドリ
 14.ハヤブサ       28.モズ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎今日の注目はカワアイサ♀1。もっと下流では結構見られているようだが、今日は大丸堰下にいた。かなり珍しい。
◎ハヤブサ幼鳥が河原に降りてくれ、じっくり見られた。
◎風が強く小鳥類は活発ではなかったが、ホオジロ数羽の群れが見られた。
◎今日も大丸堰上にはカモ類はいなかった。
◎ミコアイサ♂1が大栗橋上流で見られた。私は♂は初認。

【雑 記】

◎風が強かったが、だいたい日が照っていたので、それほど寒くは感じなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

マツケンサンバ

大晦日のレコード大賞、紅白歌合戦両方でマツケンサンバの時だけテレビの視聴率が10パーセント近く上がったそうです。すごいなぁー。
時代劇俳優で見事な体つき、キリッとした顔、それできんきらの衣装を着て、サンバを踊る。歌も踊りも特別巧いわけではない。このアンバランスがなんとも面白いのです。
この頃の歌は昔の歌に比べて、歌い辛い、覚え辛いのであまり興味がないのですが、マツケンサンバは妙に人を陽気にさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

05/01/04 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2005年01月04日(火)
【時 刻】 11:50-15:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ        16.ホオジロガモ    31.キジバト
  2.ハジロカイツブリ     17.ミコアイサ     32.カワセミ
  3.カンムリカイツブリ    18.トビ        33.ハクセキレイ
  4.ダイサギ         19.チュウヒ      34.ヒヨドリ
  5.コサギ          20.クイナ       35.アカハラ
  6.アオサギ         21.オオバン      36.シロハラ
  7.マガモ          22.シロチドリ     37.ツグミ
  8.カルガモ         23.ダイゼン      38.シジュウカラ
  9.コガモ          24.ハマシギ      39.オオジュリン
 10.ヒドリガモ        25.イソシギ      40.スズメ
 11.オナガガモ        26.タシギ       41.ムクドリ
 12.ハシビロガモ       27.セイタカシギ    42.オナガ
 13.ホシハジロ        28.ユリカモメ     43.ハシブトガラス
 14.キンクロハジロ      29.セグロカモメ
 15.スズガモ         30.ズグロカモメ

【備 考】

◎アリスイを期待したが見られなかった。
◎チュウヒ1は淡水池の松の木のてっぺんに止まっていた。
◎クイナ1、ズグロカモメ2、ホオジロガモ♀1は汽水池。
◎ミコアイサ♀タイプ3は淡水池。
◎ディズニーランド側葦原でいつも見られていたオオハシシギは確認できなかった。
◎シギ・チドリ類、カモメ類、サギ類ともこんなに総数が少ないのは珍しい(15時頃の数)。ハマシギも50羽程度。

【雑 記】

◎やたらと風が強く渚には出なかった。シギチ、カモメ類は鳥類園から観察した。
◎昨日、谷津干潟のセンターの方からの又聞きの話だが、気象庁に確認したところ、この頃海流の流れに異変があり、潮位が30センチほど高くなっているとの話を聞きました。昨日の谷津も今日もなかなか干潟が現れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

05/01/03 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年01月03日(月)
【時 刻】 10:50-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ        11.ハシビロガモ     21.ズグロカモメ  (2)
  2.ダイサギ       12.トビ         22.キジバト
  3.コサギ        13.シロチドリ   (8)  23.ハクセキレイ
  4.アオサギ       14.ダイゼン    (15)  24.ヒヨドリ
  5.カルガモ       15.ハマシギ   (160)  25.アカハラ
  6.コガモ        16.ミユビシギ   (1)  26.シロハラ
  7.オカヨシガモ     17.アオアシシギ  (1)  27.スズメ
  8.ヒドリガモ      18.イソシギ    (1)  28.ムクドリ
  9.アメリカヒドリ    19.セイタカシギ  (3)  29.ハシブトガラス
 10.オナガガモ      20.ユリカモメ

※ 種類名のあとの数字は個体数

【備 考】

◎到着時、満潮であったが、その後私が帰るまであまり潮が引かず、シギ・チドリ類はあまり入ってこなかった。後1時間程粘ればかなり増えたと思われる。
◎ズグロカモメ2は成鳥。距離も近く簡単に探せた。
◎アメリカヒドリは多少頭の緑みが薄かったが、綺麗な成鳥♂。交雑個体が2羽いた。

【雑 記】

◎観察センターがボランティアの人たちのお陰で開いているのは大変ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 2日 (日)

オオタカに睨まれると・・・

ootaka昨日、多摩川鳥見仲間のタニさんから画像が添付ファイルで送られてきました。
それではとその画像を無断で拝借し、ここで投稿練習をしてみます。
タニさん、お許しください(^^)m(__)m。
多摩川でのオオタカ成鳥です。
胸の辺りがぷっくらふくれているのは食事直後だからだと思います。
オオタカに睨まれると怖いですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

結局、大晦日は12時過ぎまで起きていました。何年ぶりかです。
おかげでマツケンサンバは2回聞きました。
決して歌が巧いとは思いませんが、あれだけ人を陽気にさせる歌はそうはないのでは。
紅白歌合戦を見ていても、ダントツに盛り上がったと思うし。

元旦は家でゴロゴロしてました。
昨日の雪が解けきれず、無理をして出かけてもと考えた次第。

明日はどこかに鳥見に行こうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »