« 私の観察用具 | トップページ | オオハクチョウのその後(2) »

2005年1月24日 (月)

オオハクチョウのその後

ohakutyou昨年、苫小牧市ウトナイ湖に行った際、オオハクチョウの一家を見ました。(このブログにその時のフィールドノートが載せてあります。)5月28日に5羽の雛が確認され、私が行った6月27日には3羽の雛が元気でした。
この一家の♀親が羽を痛めて飛べないため、その前年も繁殖したのですが、一家は北へは帰らなかったそうです。
その後、このオオハクチョウ一家のことが気になっています。
NETで調べてもどうもハッキリしない。もう少し調べて見よう。
昨年6月27日に撮った画像です。

|

« 私の観察用具 | トップページ | オオハクチョウのその後(2) »

コメント

ファミリーだ~~ ステキですね。
いいな~こういう場面に出会ってみたい。
その後の一家の様子がわかったら
またアップしてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: てぃあどろっぷ | 2005年1月25日 (火) 21:16

てぃあどろっぷさん、こんにちは。
今、調べていますので、もう少しお待ちください。
下の私のハンドルネームをクリックしてください。他の方のサイトに飛びます。このサイトとても楽しいですよ。Handmade欄なんかにんまりしてしまいます。トップから[FieldNote]-[ウトナイ湖]-[2004.9.12]にこの一家の画像が2枚載っています。6月27日と違って大きさは親と同じになっています。私の証拠写真(^^ゞと違って、綺麗に撮れています。
             摩周@東京

投稿: 摩周 | 2005年1月26日 (水) 09:17

摩周さん、おはようございます。
御紹介ありがとうございました!
彼らの「その後」はどうだったのかな~。

8月14日のF.N.にも画像がありま~す。

投稿: くみ | 2005年1月27日 (木) 07:45

くみさん、どうもです。
メールの代りで失礼。
他のお二人も身分?が分かりました。最後は推理小説なみでした。

投稿: 摩周 | 2005年1月27日 (木) 16:54

えっ、二人の身分???

投稿: くみ | 2005年1月27日 (木) 20:01

くみさん
この頃多摩川でも鳥の数が減ってきました。
環境から考えて、ヒバリと○○○シコは見られる筈ですが。

投稿: 摩周 | 2005年1月27日 (木) 21:28

あ~、惜しいです~。
その組み合わせは、ちょっとちがいますね~。

投稿: くみ | 2005年1月27日 (木) 22:41

くみさん
エッ、本当? 違いますか?
時間があれば再度挑戦します(^^)。
これは推理小説だぁ~。

投稿: 摩周 | 2005年1月28日 (金) 06:10

摩周さん、教えてくださったサイトに
遊びに行って見ました♪
ありがとうございました(*^^*)
も~~ handmadeかわいすぎー*o_ _)oバタッ
ノックアウトです♪
私も作ってみたくなりました・・・^^

投稿: てぃあどろっぷ | 2005年1月28日 (金) 08:14

てぃあどろっぷさん
鳥をデフォルメして作るって、生まれ持った才能でしょうね。
私は鳥専門ですが、てぃあさんは植物も撮られるようで、そちらも頑張ってください。

投稿: 摩周 | 2005年1月28日 (金) 16:37

摩周さん、
推理はそこまでで終わりなんです。
二人のうちの一人は、サイトを開設してないので、
検索不能なのでーす。

てぃあどろっぷさん、
ご訪問ありがとうございました。
てぃあどろっぷさんの鳥さんの写真、
優しい感じがして、素敵です♪

投稿: くみ | 2005年1月29日 (土) 06:17

くみさん、おはようございます(^^)。
私は典型的な早寝早起きなんです。ほとんどの場合6時前にはメール関係のチェックをしています。
普段はほとんどしないのですが、昨夜、時間がありましたので、ネットサーフィンをしました。結論はSさんはナシまで到達しました。さらにその先まで進められました(多分)。こんな推理初めての経験でした。でも、意外と楽しいですね。他の件でやってみようと思ってます。
今日は多摩川に行ってきます。空!(^^)を見上げれば○○○シコ飛んでいることと思います。

投稿: 摩周 | 2005年1月29日 (土) 07:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/2681138

この記事へのトラックバック一覧です: オオハクチョウのその後:

« 私の観察用具 | トップページ | オオハクチョウのその後(2) »