« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月26日 (土)

05/03/26 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年03月26日(土)
【時 刻】 09:50-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ       15.キジ         29.ヒヨドリ
  2.カワウ         16.バン         30.モズ
  3.ダイサギ        17.オオバン       31.ツグミ
  4.コサギ         18.コチドリ       32.ウグイス
  5.アオサギ        19.イソシギ       33.シジュウカラ
  6.カルガモ    (25)  20.セグロカモメ     34.メジロ
  7.コガモ     (78)  21.キジバト       35.ホオジロ
  8.オカヨシガモ  (10)  22.ヒメアマツバメ    36.アオジ
  9.ヒドリガモ   (20)  23.カワセミ       37.スズメ
 10.ミサゴ         24.ツバメ        38.ムクドリ
 11.トビ          25.イワツバメ      39.ハシボソガラス
 12.ハヤブサ        26.ハクセキレイ     40.ハシブトガラス
 13.チョウゲンボウ     27.セグロセキレイ
 14.コジュケイ       28.タヒバリ

※種類名のあとの数字は個体数
※コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎コチドリ2を確認。私は初認。コチドリが来はじめるとイカルチドリがあまり見られなくなる。今日も見られなかった。
◎ウグイスを筆頭にキジ、コジュケイ、ガビチョウが盛んに鳴いていた。
◎確認できたアオジは1羽のみ。ツグミも少なくなった。
◎ツバメとイワツバメは初認で、ヒメアマツバメと一緒に盛んに飛んでいた。
◎オオタカは見なかった。猛禽類はそろそろ繁殖期に入るので、このころになると成鳥は見られなくなることが多い。ハヤブサもいつもの幼鳥。
◎ミコアイサは大栗川のかなり上流まで行ってみたがいなかった。私としては19日が終認。
◎モズとカワセミが2羽で飛び回っていた。

【雑 記】

◎だんだん春になってきたとの感じをこのところ持っていたが、今日はすべてが完全に春であった。                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

05/03/20 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2005年03月20日(日)
【時 刻】 09:50-15:10
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園・海岸
【観察種】 

  1.カイツブリ       17.ウミアイサ      33.キジバト
  2.ハジロカイツブリ    18.ミサゴ        34.ハクセキレイ
  3.カンムリカイツブリ   19.トビ         35.ヒヨドリ
  4.カワウ         20.オオタカ       36.モズ
  5.ダイサギ        21.チュウヒ       37.ジョウビタキ
  6.コサギ         22.バン         38.アカハラ
  7.アオサギ        23.オオバン       39.ツグミ
  8.マガモ         24.コチドリ       40.ウグイス
  9.カルガモ        25.シロチドリ      41.シジュウカラ
 10.コガモ         26.ハマシギ       42.アオジ
 11.ヒドリガモ       27.タシギ        43.オオジュリン
 12.オナガガモ       28.セイタカシギ     44.スズメ
 13.ハシビロガモ      29.ユリカモメ      45.ムクドリ
 14.ホシハジロ       30.セグロカモメ     46.オナガ
 15.キンクロハジロ     31.オオセグロカモメ   47.ハシブトガラス
 16.スズガモ        32.カモメ

【備 考】

◎ハジロカイツブリは完全に夏羽になっているのが結構いた。カンムリカイツブリはそれ程ではなかった。カンムリカイツブリの数は多い時に比べると半分以下になっていた。
◎ホシハジロは先月27日にここに来ているが、その時と比較すると3~4割減っていた。
今日も盛んに淡水池から纏まって海に出て行った。帰りの練習をしているのであろうか。
◎ズグロカモメは確認できなかった。カモメが数羽いた。オオセグロ1、セグロ10、ユリカモメ300程度か。
◎淡水池にコチドリ3羽がいた。ハマシギは500、シロチドリは50程度(概数、14時過ぎ西渚から)。タシギは淡水池で6羽以上いた。
◎猛禽はオオタカ幼鳥が松に止まっており、チュウヒはちょっと飛んでいたのが見られただけ。ミサゴは風切羽根が抜けており、ちょっとみすぼらしかった。

【雑 記】

◎もう少し暖かくなるかと思っていたが、陽が出ず、寒かった。勿論、真冬とは違うので渚に出ても震えることはなかったが。
     

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

05/03/19 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年03月19日(土)
【時 刻】 09:20-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      14.コジュケイ      27.ジョウビタキ
  2.カワウ        15.キジ         28.シロハラ
  3.ダイサギ       16.オオバン       29.ツグミ
  4.コサギ        17.イカルチドリ     30.ウグイス
  5.アオサギ       18.イソシギ       31.シジュウカラ
  6.カルガモ    (8)  19.セグロカモメ     32.メジロ
  7.コガモ     (50)  20.キジバト       33.ホオジロ
  8.オカヨシガモ  (7)  21.カワセミ       34.アオジ
  9.ヒドリガモ   (25)  22.ハクセキレイ     35.シメ
 10.ミコアイサ  (1,1)  23.セグロセキレイ    36.スズメ
 11.ミサゴ        24.タヒバリ       37.ムクドリ
 12.トビ         25.ヒヨドリ       38.ハシボソガラス
 13.ノスリ        26.モズ         39.ハシブトガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎河原を歩いている時は特に強風で、小鳥はあまり見られなかった。
◎その分、猛禽の出現を期待したが、叶ったのは暫くぶりのミサゴのみで、距離も近く、順光で綺麗に見られた。
◎いつも見られていたハヤブサ幼鳥は何故か全く見られなかった。
◎オオタカも全く見られなかった。ハヤブサ・オオタカ両方見られなかったのは暫くぶり。
◎ミコアイサは大栗橋上流に番?でいた。
◎ノスリ2も見られたが、欲求不満になるくらいの上空。

【雑 記】

◎ミサゴが見られたのが唯一の救いで、後は収穫なし。もし、ミサゴが見られなかったら悲惨であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

迷惑メール その2

私が入っているプロバイダniftyにはniftyIDが必ずあり、それに@nifty.comのドメインが付いたのものが最初のアドレスとなる。しかし、これは3桁の英字と5桁の数字で面白みがないので、多くの人が別途に自分の好みで別アドレスを設定して、それを正式アドレスとして使っている。
自分で好みのアドレスを変更しても、どちらのアドレスでも届くことになる。

niftyIDのアドレスは容易に想像出来るので、偶然にでも、それが分かるとやたらと迷惑メールが来ることになる。
迷惑メールは差出人アドレスがバラバラで、私の場合はどのアドレスに送られてきているのかが分からない。
niftyの友人などから聞くと殆どの場合、迷惑メールはID宛のメールで、そのID宛メールの受信を一括拒否すると迷惑メールは殆ど来なくなると聞いた。

自分で設定したアドレスがメインであったが、古くからの友人でID宛で私にメールをくれていた人もおられたので、先ずは、その方々に近いうちにID宛メールを受信拒否する旨を連絡した。そして3~4日前に受信拒否設定をした。

結果、その後、全く迷惑メールが来なくなった。抜群の効果であった。

前回も書いたが迷惑メールに対してはメーラーやプロバイダでいろいろ対策法があるようだが、実際は完璧に機械的に区別出来るわけではない。
必要なメールがメーラーで迷惑メールと判断され、別フォルダに入れられたり、最悪削除されてしまう場合があるので、全面的に信用するわけにはいかない。

結局私の場合はID宛メール拒否で現在は解決している。根本的にこのようなメールを出させないようには出来ないのであろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年3月12日 (土)

05/03/12 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2005年03月12日(土)
【時 刻】 09:40-15:20
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ       14.チョウゲンボウ    27.モズ
  2.カワウ         15.コジュケイ      28.ジョウビタキ
  3.ダイサギ        16.キジ         29.ツグミ
  4.コサギ         17.オオバン       30.ウグイス
  5.アオサギ        18.セグロカモメ     31.シジュウカラ
  6.カルガモ    (15)  19.キジバト       32.ホオジロ
  7.コガモ     (70)  20.ヒメアマツバメ    33.アオジ
  8.オカヨシガモ  (20)  21.カワセミ       34.カワラヒワ
  9.ヒドリガモ   (30)  22.キセキレイ      35.スズメ
 10.ミコアイサ   (1,1)  23.ハクセキレイ     36.ムクドリ
 11.トビ          24.セグロセキレイ    37.ハシボソガラス
 12.オオタカ        25.タヒバリ       38.ハシブトガラス
 13.ハヤブサ        26.ヒヨドリ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
※ コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎カモは種類は少なかったが、総数では今シーズンで一番多かった。
◎ハヤブサ幼鳥1は河原にも降り、何度も近くを飛んでくれたが、それ以外は飛んでいるのを見たのみ。
◎小鳥類は全般に少なかった。
◎ミコアイサはもう居ないかと思ったが、大栗川病院前にいた。
◎ウグイス、キジ、コジュケイが盛んに囀っており、春を感じた。

【雑 記】

◎午前中は穏やかで大変暖かかったが、午後から急に冷たい風が強くなった。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年3月 6日 (日)

「Firefox」の解説本購入3/16追記

ちょっと前までブラウザはOperaを使用していたが、このところFirefoxを使うことが多くなった。
なぜ私がブラウザにIEでなくマイナーな物を使うかといったら、大した理由はないのだが、一社が何事も独占するのは良くないと思うことと、セキュリティーの問題。それに何より大きいのは私が臍曲がりということ。
メーラーもOutlookは使っていない。

Firefoxも急激に利用者が増えており、焦ったMicrosoftが今までの方針を転換し、今度単独のブラウザを出す事にした?という記事を読んだことがある。

Firefoxを使っていて困るのは解説本がない点。ヘルプは読みづらく、その気にもなれない。
何か解説本がないかとこの頃大きな本屋さんがあると探していたが、ついに今日、発見。
中をろくに見ずに直ぐ購入。これで当分の間楽しめる。
「Mozilla Firefox 完全攻略ガイド」 発行 インプレス
           ISBN4-8443-2077-7 (127ページ)
           定価1500円(外税)ちょっと高い
3/16追記 以下も発売になりました。
「Firefox乗り換え&拡張機能ガイド」 発行 辰巳出版
           ISBN4-7778-0139-X (191ページ)
           定価1400(外税)

現在の私の環境
パソコン   WinXP SP2  2台
ブラウザ   Firefox
ブログ    Headline-Reader(これはIE)
nifty関係  CMN
メーラー   Shuriken(Justsystem)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 5日 (土)

出水でソデグロヅルが見たい。

現在、日本で確認されているツルはクロヅル、カナダヅル、ナベヅル、タンチョウ、マナヅル、ソデグロヅル、アネハヅルの計7種です。 ナベヅルとマナズルは出水に行けば何千羽もいます。タンチョウも北海道に行けばまとまってみられます。 それ以外のツルは日本全国を合わせても一桁の数で、と言うより1~3羽程度が普通のようです。

今回、2月19日20日の二日間、出水でツルを見てきました。このブログに報告してあります。 今年の出水はなんとタンチョウが37年ぶりに来たので、大きな注目を集めていました。上記7種の内ソデグロヅルが今年は来ておらず、 6種類のツルが見られました。

出水のタンチョウは幼鳥で、理由は分かりませんが、2羽のマナヅル夫婦に育てられています。ネットで調べたら、 タンチョウは9ヶ月で親から独立すると書いてあります。すると、出水のタンチョウは来年は来ないのでしょうか。 それとも自分をマナヅルと思って来年も出水に来るのでしょうか。

北海道では何度かタンチョウを見ていますが、出水で見られた嬉しさは、また、別でした。
もし、今シーズン出水にソデグロヅルが来ていれば、出水に1回行っただけで、日本のツルを全種確認できたわけです。残念。

こうなると出水で日本のツル全種を見るという事を目標にしようかと思ってしまいます。
来シーズン出水にソデグロヅルが来たら、それだけを見るための出水に行くというのも面白いなぁと思い始めています。

※今日は体調がイマイチなので鳥見は行かず、家で休養。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年3月 4日 (金)

迷惑メール

一時期、ウィールスメールが良く来た時期もあったが、ノートンインターネットセキュリティー2004で防いでいた。
このところ今度は迷惑メールが多くて困っている。ひどい日は一日10通以上、まともな必要なメールが1~5通程度なのでどうにもならない。
以前から迷惑メールのタイトル前に[Norton AntiSpam]と付いてくるし、ちょっとタイトルを見て、さっさとゴミ箱に捨てていた。

先日、パソコンショップに寄ったら、ノートンの2005が出ていた。いろいろ聞くとこんどのノートンは自動的に判断して処理してくれるとのこと。更新時期が近づいていたので、思い切って購入。早速、インストールして、Spamメール対策をONにして、使ってみた。
何度か使ってみて、アレッと思った。それは結果として短いテキストメールが1通しか来ていないのに、信じられないくらい時間が掛かったことがあった。表示を見ていると間違いなく何通か来ているようであった。
そこで以前に貰ったメールを調べてみると、知人から貰った必要なメールでも[Norton AntiSpam]と書いてあるのがあった。これはマズイと判断して直ぐにOFFに。

プロバイダの方でも迷惑メール防止機能があるので、それを見てみたが、それをONにしても、「迷惑メールフォルダ」に必要なメールが入っているかもしれないので、定期的にチェックしてくださいと書いてある。
要するにこれではどちらも使えないと言うことではないか。どちらも学習機能があるとか書いてあるが、現実はそんなことなかなか出来ない。

私の正式なアドレスは1つだが、プロバイダのIDなどでも届くので、実質的には4つくらいのアドレスでも現状では届く。この迷惑メール、先方も考えたもので、発信アドレスはバラバラ、また、私のどのアドレスに出しているのかも分からない。現状、こちらでは打つ手がない。
何とも腹立たしい。
まだ、購入したノートンの説明をよく読んでいない点もあるが、ハッキリ言って、今は使えないというのが結論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »