« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月28日 (土)

05/05/28 谷津干潟

【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年05月28日(土)
【時 刻】 09:20-16:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ         9.キョウジョシギ  (1)  17.ヒヨドリ
  2.ダイサギ       10.オバシギ     (1)  18.オオヨシキリ
  3.コサギ        11.キアシシギ    (13)  19.カワラヒワ
  4.アオサギ       12.オオソリハシシギ (4)  20.スズメ
  5.カルガモ       13.コアジサシ       21.ムクドリ
  6.オカヨシガモ (1,1)  14.キジバト        22.オナガ
  7.シロチドリ   (7)  15.ツバメ         23.ハシボソガラス
  8.ダイゼン    (8)  16.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎春のシギチは完全に終わったことを実感した。
◎25日、かなりのシギチが高く上昇し、一気に北に向かったとの話を聞いた。これがまとまった数の北帰行としては最後であったようだ。
◎なお、詳しい方の話ではこの日の天気図から北に行くには良い日であることが読み取れるとのことでした。当然と言うべきかと思いますが、本能的に天気が読めるのでしょうね。
◎オカヨシガモの番がいた。3年程前?であったろうか、ここで繁殖した実績があるので、期待しよう。少数が道東で繁殖しているが、谷津での繁殖は極めて例外的と思われる。
◎産れたばかりのカルガモの雛が4羽見られた。
◎コアジサシも少なくなってきた。ちょっと前まで干潟内で求愛給餌が見られたが、小魚をくわえて、干潟を出ていくのが確認できた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

「三省堂世界鳥名事典」

1988年に発行された「コンサイス鳥名事典」を今回、改訂・改題した物です。
旧版を持っていませんでしたので、これを機に購入しました。

細かい内容は帯を見ていただいた方が良いかと思いますので、大きめの画像でアップします。

「三省堂世界鳥名事典」   吉井正監修 三省堂編修所編
    三省堂発行  ISBN4-385-15378-7 \6500
jiten

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

鳥図鑑 洋書購入

しばらくぶりに鳥関係の洋書を購入。
シギ・チドリ関係が目的だったのですが、amazonで2冊購入するとかなり安くなるとの話で思い切って2冊購入しました。
・Shorebirds Of North America:The Photographic Guide(Dennis Paulson) \2800
・Gulls Of North America,Europe,And Asia(Klaus Malling Olsen,Hans Larsson) \6654
シギ・チドリの方は北米となっていますが、日本で見られる種の多くが載っており、写真数が多く大変役に立ちます。私がよく使っている「シギ・チドリ類ハンドブック」(氏原巨雄・道昭著)に載っている日本でまだ確認されていない種はすべて載っています。シギ・チドリファン必携。
カモメの方はまだよく見ていません。大きく、重いのでこれを持って銚子に行くのはちょっと大変かも(^^)。
どちらもフィールドに持って行かなくても、家で眺めているだけで楽しめます。

「シギ・チドリ類ハンドブック」に載っていて(未記録種を含む)この本に載っていないのはちょっと調べてみたら下記です。
レンカク、タマシギ、ケリ、オオチドリ、イカルチドリ、シベリアオオハシシギ、カラフトアオアシシギ、アマミヤマシギ、アオシギ、オオジシギ、チュウジシギ、ソリハシセイタカシギのようです。

※余計な話。私は英語は全くダメです。でも、鳥の体の部位の名前を覚えれば、多少辞書を引きながら、何とか?意味は理解できます(^^)。本当かよ???? 読めなくても楽しめるし、役に立ちます。
books


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アオサ取り

谷津干潟です。
生活圏に近い干潟はどこも同じ問題を抱えているようです。
アオサの異常繁殖。
取っても取っても増えていきます。
潮が引き、干潟が出ると緑の部分が多いのに驚きます。
ゴルフ場かと思ってしまうほどです。
ボランティアの方々が鳥の邪魔にならないようにアオサ取りに精を出しています。
足場がしっかりしていないので、普通の2倍は疲れるようです。
ところで、アオサってなんだか知ってます?
焼きソバの上に乗っている青海苔です。
aosa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

05/05/22 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年05月22日(日)
【時 刻】 11:30-16:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ        11.トウネン       21.ツバメ
  2.ダイサギ       12.ハマシギ       22.イワツバメ
  3.コサギ        13.オバシギ       23.ハクセキレイ
  4.アオサギ       14.キアシシギ      24.ヒヨドリ
  5.カルガモ       15.イソシギ       25.オオヨシキリ
  6.シロチドリ      16.オオソリハシシギ   26.カワラヒワ
  7.メダイチドリ     17.チュウシャクシギ   27.スズメ
  8.オオメダイチドリ   18.セイタカシギ     28.ムクドリ
  9.ダイゼン       19.コアジサシ      29.ハシボソガラス
 10.キョウジョシギ    20.キジバト       30.ハシブトガラス

【備 考】

◎目玉は3時過ぎに確認されたオオメダイチドリ若1。今シーズン何度か確認されていたが、これは今までの個体とは明らかに違い、若と思われる。胸の模様が切れており、若干オレンジ色みを帯びていた。
◎昨日はコガモが4羽いたが、今日は見られなかった。
◎キアシシギは160羽程度いた。他の数も土曜と同じような感じ。


【雑 記】

◎後一週間もしないうちにシギチはほとんどいなくなると思い、綺麗な夏羽も見納めと連日行ってきた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

05/05/21 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年05月21日(土)
【時 刻】 10:20-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ        12.トウネン     (70)  23.キジバト
  2.ダイサギ       13.ハマシギ     (75)  24.ツバメ
  3.コサギ        14.オバシギ     (8)  25.ハクセキレイ
  4.アオサギ       15.アオアシシギ   (1)  26.コヨシキリ
  5.カルガモ       16.キアシシギ    (88)  27.オオヨシキリ
  6.コガモ     (4)  17.オオソリハシシギ (27)  28.スズメ
  7.コチドリ    (1)  18.チュウシャクシギ (9)  29.ムクドリ
  8.シロチドリ   (2)  19.セイタカシギ   (2)  30.ハシボソガラス
  9.メダイチドリ  (5)  20.ユリカモメ       31.ハシブトガラス
 10.ダイゼン   (135)  21.ウミネコ     (1)
 11.キョウジョシギ (31)  22.コアジサシ

※ 種類名のあとの数字は個体数

【備 考】

◎シギチはピークは過ぎたが、そこそこいたので楽しめた。ほとんどが夏羽でシギチのもっとも美しい時期といえるだろう。
◎姿は確認できなかったが、コヨシキリの声を確認できた。
◎さすがカモ類はいなくなり、カルガモを除くとコガモ4のみ。
◎ウミネコ1とユリカモメ30程を確認したが、直ぐにいなくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

スコープライセンス

昨日の東京バードフェスティバルで知人の強引な薦めで(^^)資格を取りました。
ちゃんと「野鳥観察用望遠鏡の取り扱いをマスターした事を証します」と書いてあります。
ちょっと「Jr(ジュニア)」と書いてあるのが気になるけど。
発行者、協力、認定者・・・なかなか権威がありそうな名前が。
水戸の黄門さまではないけど、「このライセンスが目に入らぬか!!」とどこかでやってみよう。card

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京バードフェスティバル

バードフェスティバルなんて参加したの初めてかも。
結構、楽しめました。
演奏、物真似いろいろあり、多少若返った感じがします(^^ゞ。
鳥関係のグッズがいろいろあり、結構、買い物しました。
光学機器の品定めには最適でした。
tbf

| | コメント (4) | トラックバック (1)

05/05/14・15 東京港野鳥公園

【県 名】 東京都
【場 所】 東京港野鳥公園 (大田区)
【年月日】 2005年05月14日(土)09:20-16:00
【時 間】         15日(日)10:50-15:50
【天 候】 晴れ、曇り、雨
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ     13.コチドリ      (1)  25.コゲラ
  2.カワウ       14.メダイチドリ    (2)  26.ツバメ
  3.ササゴイ      15.キョウジョシギ   (4)  27.イワツバメ
  4.ダイサギ      16.ハマシギ      (1)  28.ハクセキレイ
  5.コサギ       17.キアシシギ     (5)  29.ヒヨドリ
  6.アオサギ      18.イソシギ      (4)  30.オオヨシキリ
  7.カルガモ      19.ソリハシシギ    (1)  31.シジュウカラ
  8.コガモ       20.チュウシャクシギ  (4)  32.スズメ
  9.ハシビロガモ    21.ユリカモメ        33.コムクドリ
 10.ホシハジロ     22.コアジサシ        34.ハシブトガラス
 11.キンクロハジロ   23.キジバト
 12.スズガモ      24.ヒメアマツバメ

※ 種類名のあとの数字は個体数(シギチ・チドリの数は14日分)

【雑 記】

◎「東京バードフェスティバル2005」が二日間にわたって開かれたので行ってきた。
◎鳥見を始めたころは東京港野鳥公園には何度も行っていたが、このところは行っておらず、3年ぶり位。
◎シギ・チドリに期待したが、種類・総数とも少なく正直ガッカリ。シギチを見るにはやはり谷津が一番という印象を強くした。普段全く公開していない所にも申し込んで入ったが、成果はなかった。
◎光学機器メーカーはほとんど出店していた。私のお目当ての製品も充分見せて貰ったが、購入決断までにはいたらなかった。
◎自然保護団体、鳥関係出版社、鳥グッズ、野鳥ツァー会社等いろいろ出ていて、充分楽しめた。
◎普段入れないコースの引率・説明をここのボランティアの方がしてくれたが、その中にFSHIZENの方が2人居られたのには驚いた。
◎この催しの事務局責任者?(東京都職員)もFBIRDの方で、以前、谷津干潟で何度かお会いしており、オフにも参加してくださった方だったので驚いた。一昨日はここに寝袋で泊まったそうだ。
◎鳥に所縁のあるロックグループ♪鳥くんの音楽会があったので、熱心なファンが遠方からも来ていた。その中に私のNET知人が何人か居られたのでお会いできた。お陰でかなり若返りました\(^o^)/。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年5月 5日 (木)

05/05/05 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2005年05月05日(木)
【時 刻】 11:00-15:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 FSHIZEN春の谷津干潟オフ参加者計12名
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ        13.キョウジョシギ     25.キジバト
  2.ダイサギ       14.ヨーロッパトウネン   26.ツバメ
  3.チュウサギ      15.トウネン        27.イワツバメ
  4.コサギ        16.ハマシギ        28.ヒヨドリ
  5.アオサギ       17.オバシギ        29.モズ
  6.カルガモ       18.アオアシシギ      30.オオヨシキリ
  7.コガモ        19.キアシシギ       31.セッカ
  8.ハヤブサ       20.オオソリハシシギ    32.スズメ
  9.シロチドリ      21.チュウシャクシギ    33.ムクドリ
 10.メダイチドリ     22.セイタカシギ      34.オナガ
 11.オオメダイチドリ   23.ズグロカモメ      35.ハシボソガラス
 12.ダイゼン       24.コアジサシ       36.ハシブトガラス

時間外:コオバシギ、オグロシギ、ウズラシギ

【備 考】

◎我々の観察時間内での注目はズグロカモメ若1、オオメダイチドリ夏羽1、ヨーロッパトウネン2(換羽中)であった。
◎時間外ではコオバシギ夏羽1、オグロシギ夏羽1(谷津として初認)、ウズラシギ1がいた。

【雑 記】

◎11時にオフを開始したときはそこそこいたが、12時頃ハヤブサが2回出てきて、特に2回目にはほとんどのシギチが出ていってしまった。折角のオフの時になんとも運が悪いと思ったが、暫くするとオオメダイチドリとヨーロッパトウネンが入ってくれ、近くで確認できたので良かった。
◎特にオオメダイはじっくり確認できたので、識別には充分役に立ったと思う。
◎ヨーロッパトウネンは近くでは確認できたが、ほとんど座って寝ていた感じなので、イマイチ識別の役に立たなかったかもしれない。
◎時間外で確認できた3種を参加者に見ていただけたら最高であったのだが、残念。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

ハマシギの群れ

谷津干潟でのハマシギの群れ。
カウントするのは大変。
多いときは2000羽を超えます。hamasigi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »