« 05/07/16 谷津干潟 | トップページ | オオメダイチドリ »

2005年7月17日 (日)

オオメダイチドリとメダイチドリ

oomedai2

奥がオオメダイチドリ。手前がメダイチドリです。
ピントが合っていませんが違いはご理解いただけるでしょう。
昨日の谷津干潟でです。

|

« 05/07/16 谷津干潟 | トップページ | オオメダイチドリ »

コメント

おお!
7月に入ったのでシギチが帰ってきているのでしょうか?
久しぶりに行ってみたいのですが、最近外出の機会が無く鳥見ができません。

顔の模様のほか、胸がオレンジ色が違いますね。並んで見られるのは今後の識別の貴重なヒントになります。

投稿: 鳥撮トリプル☆Birdx3 | 2005年7月20日 (水) 07:36

Birdx3さん
> 7月に入ったのでシギチが帰ってきているのでしょうか?
繁殖のために北に行ってたのが、終了?して、今度は南下してきたのです。
シギチドリは多くが旅鳥ですので、一時的に日本に立ち寄っているのです。
谷津では北上のピークが5月ゴールデンウィーク頃、南下のピークが8月頃になります。

> 顔の模様のほか、胸がオレンジ色が違いますね。
これは夏羽・冬羽の違いで、この2種の識別点は体の大きさ、嘴の長さ、足の長さです。
よくよく見ると完全に違うのが分かると思います。
谷津は来月に入れば忙しくなります。
撮影の題材には事欠きませんよ。

投稿: 摩周 | 2005年7月20日 (水) 08:00

昨日と一昨日久しぶりに谷津干潟を訪れました。と、言ってもまた仕事の前後の朝夕のちょこっと鳥見ですが…

黄色いクチバシのシラサギが沢山いました。
口角でチュウサギと判断したのですが、亜種ダイサギ(チュウダイサギ)は目先、クチバシが黄色との話を聞きました。
目先が紫のダイサギ(オオダイサギと言わないそうですね)を谷津で見かけなかったので、亜種ダイサギが多いという事なのでしょうか。

クチバシの長さは、アップで見れる環境なら分かりそうですが、足の長さでの特定は、ピンと来ませんね(涙)
こうして並んでいれば別ですが。もっと経験を積まないと…

投稿: 鳥撮トリプル☆Birdx3 | 2005年7月31日 (日) 16:38

Birdx3さん
ダイサギに関しては詳しくは分かりませんが、図鑑で見ると今いるのはチュウダイサギのようですね。
コサギやチュウサギと時々見間違えますが、よくよく見ると分かります。
ただし、人に断定して言う場合はお互いに気を付けましょう(^^)。

投稿: 摩周@東京 | 2005年8月 1日 (月) 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/5004928

この記事へのトラックバック一覧です: オオメダイチドリとメダイチドリ:

« 05/07/16 谷津干潟 | トップページ | オオメダイチドリ »