« ヒシクイ | トップページ | ハイタカ »

2006年1月 8日 (日)

06/01/07 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (多摩市)
【年月日】 2006年01月07日(土)
【時 刻】 10:00-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      16.ミコアイサ  (1,1)  31.セグロセキレイ
  2.カワウ        17.トビ         32.タヒバリ
  3.ダイサギ       18.オオタカ    (1)  33.ヒヨドリ
  4.コサギ        19.ハイタカ    (1)  34.モズ
  5.アオサギ       20.ハヤブサ    (1)  35.ツグミ
  6.ヒシクイ    (6)  21.チョウゲンボウ (1)  36.ウグイス
  7.コハクチョウ  (1)  22.オオバン       37.シジュウカラ
  8.マガモ     (8)  23.イカルチドリ     38.カワラヒワ
  9.カルガモ    (20)  24.イソシギ       39.スズメ
 10.コガモ     (60)  25.ユリカモメ      40.ムクドリ
 11.オカヨシガモ  (2)  26.キジバト       41.オナガ
 12.ヒドリガモ  (100)  27.ヒメアマツバメ    42.ハシボソガラス
 13.オナガガモ   (2)  28.カワセミ       43.ハシブトガラス
 14.ハシビロガモ  (1)  29.キセキレイ
 15.キンクロハジロ (5)  30.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
★コース:聖蹟桜ヶ丘駅より多摩川右岸に出て、多摩市立交通公園までの往復。

【備 考】

◎この日の注目は何と言ってもヒシクイ(亜種ヒシクイ)6羽。この日の午後入ってきたようだ。図鑑を見ると、亜種ヒシクイは宮城県北部、亜種オオヒシクイは滋賀県琵琶湖辺りまで南下するそうだ。日本で見られるのは8割が亜種オオヒシクイとのこと。多摩川まで南下してきたのは大雪のせいであろうか。
この画像は昨日アップしています。
◎コハクチョウ幼鳥1は大丸堰上にいた。直ぐ居なくなるかと思ったが、居心地が良いのか、まだ、頑張っている。ただ、たった1羽ではちょっと可哀想。
◎葦原の枝に止まっているハイタカ幼鳥1が近くで見られたが、全く人を恐れている感じはなかった。残念なのはいつも同じ姿勢で、背中しか見られなかった。
◎まだまだ冬の小鳥は少ない。ここでは今日ツグミを初めて見た。
◎ミコアイサは♂1と♀タイプ1で、近くでじっくり見られた。

【雑 記】

◎以前、新潟で亜種オオヒシクイは見ているが、亜種ヒシクイは初めて見た。風が強く寒い一日であったが、ヒシクイが見られて大満足

|

« ヒシクイ | トップページ | ハイタカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/8058547

この記事へのトラックバック一覧です: 06/01/07 多摩川:

« ヒシクイ | トップページ | ハイタカ »