« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ミサゴ

misago03011カメラのファインダで見たら、派手に風切りが抜けており、がっかり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

JR五能線 リゾートしらかみ 「くまげら」編成

今日、アオシギを見に行った電車の中で「JR東日本 五能線」の中吊り広告がありました。
列車のデザインがクマゲラををイメージしているようです。頭部?が赤くなっています。
詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオシギ

aosigi0227話題になっているアオシギを見てきました。
珍鳥ではないですが、こんな所に良く来たなぁという印象。
このアオシギの全身を入れて撮影するのは至難の業(T.T)。
10センチ動くと、もう体の一部が隠れてしまいます。
私が居た時間の多くは嘴を突っ込んで休憩していました。
動き出すと皆(特にカメラマン)が何とか障害物のない位置を取ろうとウロウロ。
そんな時にこの場に到着した人達は大変。
体の色が回りと同化してしまい、とても自力では探せません。(30~40m先)
カメラマン達(私を含む)に「どこですか?」と聞いても、撮影に必死で返事をしてくれません。(説明のしようがない。)
挙げ句はデジスコ中の私の液晶を見て、「あっ、居る居る!!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

アオサギ

aosagi0226着地!
さすが大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

Canon EOS 30D

現在の画像はデジスコとデジ一眼で撮っています。
(この頃はデジ一眼が多いです。シギチの季節になったら、デジスコがメインか?)

昨年末、デジ一眼を検討した時、まず、買うか否か、メーカーは、ボディーは、レンズはとざんざん悩みました。
昔から特別理由がないのにNikon派でしたが、鳥にはCanon派が多いようなので、Canonで決定。

次にはボディーですが、結論はEOS 20Dにしました。決定した時期は丁度NikonのD200の発売直前でした。ただ、20Dに決めるのにちょっと不安がありました。
それは、これが発売されたのが2004年9月で、そろそろこれの後継機が出てくるのではと思ったのです。
買って間もなく、同じような値段でスペックが大幅に向上した物が出るのでは困るなぁと思ったのです。簡単に買い換えなんて、とても出来ませんし。

今週に入り、やはり後継機の話が出てきました。30Dだそうです。
でも、スペックを見ると、大してアップしてません。
正直、これなら許せる範囲なので、ホッとしました。
貧乏人としては「良かった~(^^)」でした。

EOS 30Dに関して

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月22日 (水)

オガワコマドリのギャラリー

20日オガワコマドリを見に行きました。
私が着いた途端、ポツポツと雨が降り始めました。
1時間弱居ましたが、雨にも係わらず、その間に見に来たギャラリーは延べ100人はいました。
今日見に行った知人の情報だと、雨の心配のなかった昨日今日とギャラリーは200人程いたそうです。
やはり人気のある鳥なんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セグロカモメ

segurokamome1多摩川(多摩市)での画像です。
決して河口ではないのですが、セグロカモメは良く見ます。
しかし、いつも1羽で、2羽以上見た記憶が殆どありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

ムクドリ

mukudori0221
こういう光の状況での撮影は難しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

オガワコマドリ

ogawakomadori2某所でオガワコマドリ♂若1が出ているとのことなので行ってきました。
小雨模様の中、1時間弱居ましたが、延べで100人位の方がおられました。
背景が綺麗でない画像が多く、この程度でご勘弁を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

06/02/19 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2006年02月19日(日)
【時 刻】 10:20-15:40
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カイツブリ   (4)  12.ハイタカ    (1)  23.コゲラ     (1)
  2.カワウ     (5)  13.バン      (2)  24.ハクセキレイ  (3)
  3.ダイサギ    (2)  14.ハジロコチドリ (1)  25.ヒヨドリ    (50)
  4.コサギ     (2)  15.シロチドリ   (28)  26.モズ      (1)
  5.アオサギ    (3)  16.ダイゼン    (1)  27.アカハラ    (1)
  6.カルガモ    (2)  17.ハマシギ    (19)  28.ツグミ     (8)
  7.コガモ    (400)  18.イソシギ    (2)  29.ウグイス    (1)
  8.オカヨシガモ  (2)  19.セイタカシギ  (8)  30.スズメ     (20)
  9.ヒドリガモ  (400)  20.ユリカモメ   (60)  31.ムクドリ    (20)
 10.オナガガモ (2500)  21.ズグロカモメ  (5)  32.ハシボソガラス (2)
 11.ハシビロガモ (60)  22.キジバト    (3)  33.ハシブトガラス (1)

※ 種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備 考】

◎カモの数はハシビロガモ以外は私の師匠がカウントしたので、概数とは言え、正確です(^^ゞ。これだけカモの数が多いのは初めて見た。オナガガモなどは例年は多くても500羽程度とのこと(観察センターでの情報)。
◎ズグロカモメは幼鳥と成長の冬羽からかなり夏羽になったのまでいろいろ居て面白い。
◎今年はハイタカがここでも多い。私は谷津では始めて見た。
◎シギチは潮具合が悪かったせいか少なかった。ハマシギも帰る直前に入ってきた。

【雑 記】

◎今シーズンは小鳥類の冬鳥が少ないと散々言われているが、カモは谷津で見る限りでは例年以上に多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

06/02/18 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・浅川 (日野市・多摩市)
【年月日】 2006年02月18日(土)
【時 刻】 10:40-15:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      13.コジュケイ      25.ヒヨドリ
  2.カワウ        14.オオバン       26.モズ
  3.ダイサギ       15.イカルチドリ     27.ツグミ
  4.コサギ        16.イソシギ       28.ウグイス
  5.アオサギ       17.セグロカモメ     29.シジュウカラ
  6.マガモ        18.キジバト       30.ホオジロ
  7.カルガモ       19.ヒメアマツバメ    31.カワラヒワ
  8.コガモ        20.カワセミ       32.スズメ
  9.キンクロハジロ    21.キセキレイ      33.ムクドリ
 10.ミコアイサ      22.ハクセキレイ     34.ハシボソガラス
 11.トビ         23.セグロセキレイ    35.ハシブトガラス
 12.ノスリ        24.タヒバリ

★コース:浅川右岸高幡橋(日野市)から多摩川右岸経由多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎カモ類が少ないのに驚いた。スタートしてから京王線鉄橋過ぎまでカモは全く見なかった。コガモなど多いときには200羽近くいるのだが、今日は10羽程度。
◎猛禽類も少なく、ノスリとトビが見られただけ。トビが3羽で鳴き交わしていた。これはここでは珍しい。
◎ツグミとタヒバリが多くなってきた。どちらも芝の上に群れで降りるようになってきた。

【雑 記】

◎このところ三寒四温で、今日は午後になり、冷たい風が吹き始めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

コゲラ

kogera0217
小さな虫を探しているのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

私が見た鳥のリスト

私が見た鳥のリストをまとめてみました。
鳥見を始めた最初の2~3年頃は珍鳥追っかけをやりましたが、この頃すっかり軟弱、腰が重くなりました。
これからは殆ど増えないのではと思ってます。
多少、間違い・漏れがあるかも。

  1.アビ           99.ケリ          197.セグロセキレイ
  2.カイツブリ        100.タゲリ         198.ビンズイ
  3.ハジロカイツブリ     101.キョウジョシギ     199.ムネアカタヒバリ
  4.ミミカイツブリ      102.ヨーロッパトウネン   200.タヒバリ
  5.アカエリカイツブリ    103.トウネン        201.サンショウクイ
  6.カンムリカイツブリ    104.ヒバリシギ       202.ヒヨドリ
  7.オオミズナギドリ     105.オジロトウネン     203.チゴモズ
  8.ミナミオナガミズナギドリ 106.ヒメウズラシギ     204.モズ
  9.アカアシミズナギドリ   107.ウズラシギ       205.アカモズ
 10.ハイイロミズナギドリ   108.ハマシギ        206.タカサゴモズ
 11.ハシボソミズナギドリ   109.サルハマシギ      207.オオモズ
 12.カワウ          110.コオバシギ       208.キレンジャク
 13.ウミウ          111.オバシギ        209.ヒレンジャク
 14.ヒメウ          112.ミユビシギ       210.カワガラス
 15.オオグンカンドリ     113.ヘラシギ        211.ミソサザイ
 16.コグンカンドリ      114.エリマキシギ      212.カヤクグリ
 17.ヨシゴイ         115.キリアイ        213.コマドリ
 18.ゴイサギ         116.オオハシシギ      214.アカヒゲ
 19.ササゴイ         117.シベリアオオハシシギ  215.ノゴマ
 20.アカガシラサギ      118.ツルシギ        216.コルリ
 21.アマサギ         119.アカアシシギ      217.ルリビタキ
 22.ダイサギ         120.コアオアシシギ     218.ジョウビタキ
 23.チュウサギ        121.アオアシシギ      219.ノビタキ
 24.コサギ          122.カラフトアオアシシギ  220.サバクヒタキ
 25.カラシラサギ       123.クサシギ        221.イソヒヨドリ
 26.クロサギ         124.タカブシギ       222.マミジロ
 27.アオサギ         125.メリケンキアシシギ   223.トラツグミ
 28.クロツラヘラサギ     126.キアシシギ       224.クロツグミ
 29.マガン          127.イソシギ        225.クロウタドリ
 30.ヒシクイ         128.ソリハシシギ      226.アカハラ
 31.コブハクチョウ      129.オグロシギ       227.アカコッコ
 32.オオハクチョウ      130.オオソリハシシギ    228.シロハラ
 33.コハクチョウ       131.ダイシャクシギ     229.マミチャジナイ
 34.アカツクシガモ      132.ホウロクシギ      230.ツグミ
 35.ツクシガモ        133.チュウシャクシギ    231.ヤブサメ
 36.オシドリ         134.コシャクシギ      232.ウグイス
 37.マガモ          135.ヤマシギ        233.エゾセンニュウ
 38.カルガモ         136.タシギ         234.シマセンニュウ
 39.コガモ          137.オオジシギ       235.マキノセンニュウ
 40.トモエガモ        138.セイタカシギ      236.コヨシキリ
 41.ヨシガモ         139.アカエリヒレアシシギ  237.オオヨシキリ
 42.オカヨシガモ       140.トウゾクカモメ     238.カラフトムシクイ
 43.ヒドリガモ        141.ユリカモメ       239.メボソムシクイ
 44.アメリカヒドリ      142.セグロカモメ      240.エゾムシクイ
 45.オナガガモ        143.オオセグロカモメ    241.センダイムシクイ
 46.シマアジ         144.ワシカモメ       242.イイジマムシクイ
 47.ハシビロガモ       145.シロカモメ       243.キクイタダキ
 48.ホシハジロ        146.カモメ         244.セッカ
 49.オオホシハジロ      147.ウミネコ        245.キビタキ
 50.クビワキンクロ      148.ズグロカモメ      246.ムギマキ
 51.アカハジロ        149.ミツユビカモメ     247.オジロビタキ
 52.キンクロハジロ      150.ヒメクビワカモメ    248.オオルリ
 53.スズガモ         151.ワライカモメ      249.サメビタキ
 54.コスズガモ        152.クロハラアジサシ    250.エゾビタキ
 55.クロガモ         153.オオアジサシ      251.コサメビタキ
 56.ビロードキンクロ     154.アジサシ        252.サンコウチョウ
 57.シノリガモ        155.エリグロアジサシ    253.エナガ
 58.コオリガモ        156.コアジサシ       254.ツリスガラ
 59.ホオジロガモ       157.ケイマフリ       255.ハシブトガラ
 60.ミコアイサ        158.ウミスズメ       256.コガラ
 61.ウミアイサ        159.エトロフウミスズメ   257.ヒガラ
 62.カワアイサ        160.ウトウ         258.ヤマガラ
 63.ミサゴ          161.リュウキュウカラスバト 259.シジュウカラ
 64.ハチクマ         162.シラコバト       260.ゴジュウカラ
 65.トビ           163.キジバト        261.キバシリ
 66.オジロワシ        164.アオバト        262.メジロ
 67.オオワシ         165.ズアカアオバト     263.ホオジロ
 68.オオタカ         166.カッコウ        264.コジュリン
 69.ツミ           167.ツツドリ        265.ホオアカ
 70.ハイタカ         168.ホトトギス       266.カシラダカ
 71.ノスリ          169.トラフズク       267.ミヤマホオジロ
 72.サシバ          170.コミミズク       268.シマアオジ
 73.チュウヒ         171.コノハズク       269.ノジコ
 74.ハヤブサ         172.オオコノハズク     270.アオジ
 75.チョウゲンボウ      173.フクロウ        271.クロジ
 76.コジュケイ        174.ヨタカ         272.オオジュリン
 77.キジ           175.ハリオアマツバメ    273.アトリ
 78.クロヅル         176.ヒメアマツバメ     274.カワラヒワ
 79.タンチョウ        177.アマツバメ       275.マヒワ
 80.ナベヅル         178.ヤマセミ        276.ハギマシコ
 81.カナダヅル        179.アカショウビン     277.イスカ
 82.マナヅル         180.カワセミ        278.ベニマシコ
 83.アネハヅル        181.ブッポウソウ      279.ウソ
 84.クイナ          182.ヤツガシラ       280.コイカル
 85.ヤンバルクイナ      183.アリスイ        281.イカル
 86.シロハラクイナ      184.アオゲラ        282.シメ
 87.バン           185.クマゲラ        283.ニュウナイスズメ
 88.オオバン         186.アカゲラ        284.スズメ
 89.タマシギ         187.コゲラ         285.コムクドリ
 90.ミヤコドリ        188.ヒバリ         286.カラムクドリ
 91.ハジロコチドリ      189.ショウドウツバメ    287.ムクドリ
 92.コチドリ         190.ツバメ         288.カケス
 93.イカルチドリ       191.リュウキュウツバメ   289.オナガ
 94.シロチドリ        192.コシアカツバメ     290.カササギ
 95.メダイチドリ       193.イワツバメ       291.ホシガラス
 96.オオメダイチドリ     194.ツメナガセキレイ    292.ミヤマガラス
 97.ムナグロ         195.キセキレイ       293.ハシボソガラス
 98.ダイゼン         196.ハクセキレイ      294.ハシブトガラス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アオゲラ

aogera02162北海道にはいない日本固有種。
日本では北海道だけにいるヤマゲラは大陸に広く分布。
♀だろうか?
それにしても枝が邪魔(T.T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

ツグミ

tugumi0215
葦原を刈り、焼いた跡です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モズ

mozu0215上の画像と同じ場所です。
木があるところの葦原は焼かれています。
そのため、木が焦げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

オナガガモ

onagagamo
投げ込まれた餌に押し合いへし合い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

ホオジロ

hoojiro
盛んに囀っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ヨシガモ・オオバン

yosigamoヨシガモとオオバンが陸で仲良く草を食べていました。
オオバンが多く、おそらく80羽位はいるのでは、ヨシガモも10羽以上でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ジョウビタキ

joubitaki0211「綺麗に撮ってね。」と言っているかのように、ポーズを取ってくれました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アリスイ

arisui2昨日、短時間鳥見をしてきました。
アオジを撮ろうとしていたら、違う鳥が飛び出してきました。
とっさにカメラのファインダで見ると、何とアリスイでした。
アリスイも私が居たのに驚いたようで、5秒程で飛んでしまいました。
シャッターを切ったのはたったの2枚でした。
背景が汚いし、じっくり見たいしで、今日、敵討ちと勇んで再度行って、計1時間半ほど粘りましたがダメでした。
そんなことで昨日の証拠写真を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

コゲラ

kogera1この画像は平均的な姿勢のコゲラですが、中には体や首を捻って、無理に木の溝に嘴を突っ込んでいる画像もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

キジバト

kijibato0209 目が合っちゃいました。
地味だけど綺麗な模様ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

なぜ冬鳥は少ないのか?

今シーズンは少なくとも私が行くフィールドでは冬鳥が少ないのです。
その原因が分かりませんでしたが、今日、その疑問が氷解しました。
いつもお世話になっており、このブログにもコメントを付けてくださっている鴨パンダさんが教えてくれました。

原因は冬鳥が皆イタリアに行っちゃったからだそうです。
トリノオリンピック」!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

06/02/08 石神井公園

【県 名】 東京都
【場 所】 都立石神井公園 (練馬区)
【年月日】 2006年02月08日(水)
【時 刻】 09:20-11:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ     12.ホシハジロ      23.ウグイス
  2.カワウ       13.キンクロハジロ    24.シジュウカラ
  3.ゴイサギ      14.ハイタカ       25.メジロ
  4.ダイサギ      15.バン         26.カワラヒワ
  5.オシドリ      16.タシギ        27.シメ
  6.マガモ       17.キジバト       28.スズメ
  7.カルガモ      18.カワセミ       29.カラムクドリ
  8.コガモ       19.コゲラ        30.ムクドリ
  9.ヒドリガモ     20.ハクセキレイ     31.オナガ
 10.オナガガモ     21.ヒヨドリ       32.ハシブトガラス
 11.ハシビロガモ    22.ツグミ

【備 考】

◎カラムクドリはしばらく見ていなかったので、移動したかと思ったが、確認できた。
◎ハイタカは短時間飛んでいるのを確認できた。
◎オジロビタキは確認できなかった。もっとも短時間しか見ていないが。
◎タシギは相変わらずいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

シジュウカラ

sijuukara0206背中もネクタイも目も写っているが・・・。
まだまだダメ。
修行が足りん(;.;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セグロセキレイ

segurosekirei1見慣れた鳥なので意識しませんが、世界的にみたら、ほぼ日本特産種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

06/02/04 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (稲城市・多摩市)
【年月日】 2006年02月04日(土)
【時 刻】 10:00-15:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      15.カワアイサ      29.セグロセキレイ
  2.カワウ        16.トビ         30.タヒバリ
  3.ダイサギ       17.オオタカ       31.ヒヨドリ
  4.コサギ        18.ハイタカ       32.モズ
  5.アオサギ       19.ノスリ        33.ジョウビタキ
  6.マガモ        20.ハヤブサ       34.ツグミ
  7.カルガモ       21.オオバン       35.ウグイス
  8.コガモ        22.イカルチドリ     36.シジュウカラ
  9.オカヨシガモ     23.ユリカモメ      37.アオジ
 10.ヒドリガモ      24.キジバト       38.カワラヒワ
 11.オナガガモ      25.ヒメアマツバメ    39.スズメ
 12.ハシビロガモ     26.カワセミ       40.ムクドリ
 13.キンクロハジロ    27.キセキレイ      41.ハシボソガラス
 14.ミコアイサ      28.ハクセキレイ     42.ハシブトガラス

★コース:多摩川右岸を是政橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎今日の注目はカワアイサ♂1。私はここで♂を初めて見た。kawaaisa1証拠写真です。↓
◎他に特筆すべきはツグミの10羽以上の群れを見た。ここではあまり見ていなかったので感激(^^)した。

【雑 記】

◎強風で寒く、早めに切り上げた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

メジロ

mejiro02032動きが早く大変。

ちょっと外側に出てくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

ハシブトガラス

hasibuto0202 カモ用のパンの耳を貰ってきたようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コガモ

 kogamo0202

 昼寝中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

neko0201池の凍っていない僅かな部分で野良猫が盛んにじゃれて?いました。
濡れることの嫌いな猫が水の中に手を突っ込んでいたので、中に何かがあったのでしょうか。魚?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »