« アオサギ | トップページ | JR五能線 リゾートしらかみ 「くまげら」編成 »

2006年2月27日 (月)

アオシギ

aosigi0227話題になっているアオシギを見てきました。
珍鳥ではないですが、こんな所に良く来たなぁという印象。
このアオシギの全身を入れて撮影するのは至難の業(T.T)。
10センチ動くと、もう体の一部が隠れてしまいます。
私が居た時間の多くは嘴を突っ込んで休憩していました。
動き出すと皆(特にカメラマン)が何とか障害物のない位置を取ろうとウロウロ。
そんな時にこの場に到着した人達は大変。
体の色が回りと同化してしまい、とても自力では探せません。(30~40m先)
カメラマン達(私を含む)に「どこですか?」と聞いても、撮影に必死で返事をしてくれません。(説明のしようがない。)
挙げ句はデジスコ中の私の液晶を見て、「あっ、居る居る!!」

|

« アオサギ | トップページ | JR五能線 リゾートしらかみ 「くまげら」編成 »

コメント

こんばんは。
この写真はデジスコですか?
アオシギの羽の模様も、複雑でキレイですね!

私も先日、通勤途中に 用水路で、タシギに遭遇して、ビックリしました★
”こんな所に?!” という場所で、思わぬ鳥に出会えると、嬉しさもひとしおですね♪

投稿: パンダフグ | 2006年2月28日 (火) 01:58

パンダフグさん
全身を入れるのに苦労しました。
正直、尾羽を開いた時もあったのですが、その時は全く撮影出来ませんでした。

タシギは近くの公園で今シーズン何度も見ています。
ここによく来てくれたねと言いたくなります。
それが3m位の近さなんです。
こんなに小さかったの? と思いました。
嘴の長いスズメの大きさでした。
双眼鏡やスコープばかりで見ていると、実際の大きさが分からないですね。

投稿: 摩周 | 2006年2月28日 (火) 15:53

摩周さん こんばんは
28日真冬の寒さの中、アオシギに会いに行ったのですが、私が着いた11時前に動いたそうで、
その後は奥の藪でズ~ッと休憩中でした。やっと、上下に体を動かしたと喜んだら
もっと奥へ消えました(T_T)全身が見えなくて「観ました!」と言えない悲しさ。
その代わり、タシギが手前で充分楽しませてくれ、アオゲラ♂が長いこと倒木の上下で
餌を取りモデルを務めていました。
ハイタカ・カワセミ・ジョウビタキ・アオジ・モズとモデルも多彩でした。

投稿: totori | 2006年3月 1日 (水) 00:17

totoriさん
> 全身が見えなくて「観ました!」と言えない悲しさ。
私と大差ないですよ。
あの状況ですから、全身を見るのは絶望的。
ましてや、足を見た人なんていないのでは。
あの独特のアオシギダンスが見られたなら、充分ではないでしょうか。

投稿: 摩周 | 2006年3月 1日 (水) 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/8862329

この記事へのトラックバック一覧です: アオシギ:

« アオサギ | トップページ | JR五能線 リゾートしらかみ 「くまげら」編成 »