« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

タヒバリ

Tahibari0331私の冬のフィールドではツグミ、アオジと共に冬鳥の代表選手。
少なくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

カワセミ

Kawasemi0330
なかなか綺麗な個体でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

メジロ

Mejiro0329
満開の桜の中を飛び回っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ツグミ

Tugume0328墓石の間でツグミが得意のポーズ

昨日のお墓とは全く別の所です。
お墓巡りの趣味はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

桜 ソメイヨシノ

somei【鳥の話ではありません】
いきなりお墓の画像で失礼。
先日、墓参りに行ってきました。setumei
桜といえばソメイヨシノが有名。
我が家の墓もソメイヨシノに囲まれています。
ここまではどこにでもある話なのですが、この桜はそこいらのソメイヨシノとは全く異なります。
なぜって本場の染井霊園(東京豊島区)、発祥の地のソメイヨシノなんです。由緒があるのです! 格が違うのです!(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマシギ

hamasigi0327いつ見ても感動的なハマシギの飛翔。
何度見てもリーダーが号令を出しているとしか思えません。
この日は2000羽程度いました。


(2006.3.26 谷津干潟にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリマキシギ

erimaki0327
成鳥♂換羽中と思われる個体。


(2006.3.26 谷津干潟にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/03/26 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2006年03月26日(日)
【時 刻】 10:20-16:00
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カイツブリ     13.ハマシギ    (2000)  25.ヒヨドリ
  2.カワウ       14.エリマキシギ    (1)  26.モズ
  3.ダイサギ      15.イソシギ      (1)  27.ツグミ
  4.コサギ       16.オオソリハシシギ  (1)  28.ウグイス
  5.アオサギ      17.ホウロクシギ    (1)  29.メジロ
  6.カルガモ      18.セイタカシギ       30.オオジュリン
  7.コガモ       19.ユリカモメ    (400)  31.スズメ
  8.ヒドリガモ     20.セグロカモメ    (1)  32.ムクドリ
  9.オナガガモ     21.カモメ       (9)  33.オナガ
 10.ハシビロガモ    22.ズグロカモメ    (3)  34.ハシボソガラス
 11.シロチドリ  (7)  23.キジバト
 12.ダイゼン  (120)  24.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備 考】

◎いきなりエリマキシギ♂換羽中(成鳥?)が見られたのには驚いた。
◎ズグロカモメは3は若、中にはゴマ塩頭の個体もいた。真っ黒な頭の個体は帰ってしまったようだ。ユリカモメは殆どが頭は真っ白。
◎カモメは僅かの時間で飛び立った。
◎一番多いとき3000羽いたというオナガガモは非常に少なくなった。帰る間際に150羽程度が入ってきて、多くが盛んに逆立ちして採餌していた。コガモ、ヒドリガモは半数以上残っている感じであった。
◎サギ類はどれも1~3羽程度。
◎ハマシギが一斉に揃って飛び回るのはいつ見ても綺麗。

【雑 記】

◎あと2週間もすれば、シギチがいろいろ来始めるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

06/03/25 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (多摩市)
【年月日】 2006年03月25日(土)
【時 刻】 10:15-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      13.コジュケイ      25.セグロセキレイ
  2.カワウ        14.オオバン       26.タヒバリ
  3.ダイサギ       15.イカルチドリ     27.ヒヨドリ
  4.コサギ        16.セグロカモメ     28.モズ
  5.アオサギ       17.キジバト       29.ツグミ
  6.マガモ        18.ヒメアマツバメ    30.ウグイス
  7.カルガモ       19.カワセミ       31.シジュウカラ
  8.ヒドリガモ      20.アオゲラ       32.カワラヒワ
  9.キンクロハジロ    21.ヒバリ        33.スズメ
 10.トビ         22.ツバメ        34.ムクドリ
 11.オオタカ       23.イワツバメ      35.ハシボソガラス
 12.チョウゲンボウ    24.ハクセキレイ     36.ハシブトガラス

※コース:多摩川右岸を聖蹟桜ヶ丘駅京王線鉄橋より多摩市立交通公園までの往復

【備 考】

◎カモ類はますます減ってきて、コガモは見られなかった。
◎オオタカは見られたが、相当距離があった。この日は猛禽類に関してはハズレであった。
◎このところ、サギ類が繁殖準備のためか少ない。
◎私としてはツバメは初認。

【雑 記】

◎多少風があったが、寒さは感じなかった。ウグイス、コジュケイ、ヒバリ、アオゲラ、ガビチョウなどが盛んに囀り、冬の終わりを実感できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホオジロ

hoojiro03252最初は開けた芝の上で食事中でした。
私の姿をみて、こんな所に入っていきました。
でも、正面からの顔はかなり怖そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

ムクドリ

mukudori0323
何を見てるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

06/03/21 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (多摩市)
【年月日】 2006年03月21日(火)
【時 刻】 10:15-15:20
【天 候】 晴れ
【観察者】 Hさん、摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ     13.ノスリ         25.タヒバリ
  2.カワウ       14.チョウゲンボウ     26.ヒヨドリ
  3.ダイサギ      15.コジュケイ       27.モズ
  4.コサギ       16.イカルチドリ      28.ツグミ
  5.アオサギ      17.キジバト        29.ウグイス
  6.マガモ       18.ヒメアマツバメ     30.シジュウカラ
  7.カルガモ      19.カワセミ        31.カワラヒワ
  8.コガモ       20.アオゲラ        32.スズメ
  9.ミコアイサ     21.ヒバリ         33.ムクドリ
 10.トビ        22.イワツバメ       34.オナガ
 11.オオタカ      23.ハクセキレイ      35.ハシボソガラス
 12.ハイタカ      24.セグロセキレイ     36.ハシブトガラス

※コース:多摩川右岸を聖蹟桜ヶ丘駅京王線鉄橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎チョウゲンボウ番の縄張りにオオタカ♂は入ってしまい、番が盛んに追い出そうと何度も威嚇していたが、オオタカは素知らぬ顔であった。
◎ずっと見られていたオオタカ♀はこのところ全く見られない。おそらく近くで繁殖に入ったと思われる。
◎このところ見られなかったミコアイサ♂1♀2の群であったが、この日は♂1と♀タイプ1がいた。以前にいた群とは異なるのではと思うのだが・・。
◎さすがにカモ類はかなり少なくなってきた。
◎イワツバメが確認できた。
◎カワセミが繁殖の季節に入り、盛んに番で飛び回っていた。
◎暫くぶりにアオゲラ♂1が見られた。

【関係ない話】鳥を見ながら、野球WBCが気になったが、ラジオを持っていくのを忘れてしまった。運良くテレビ付き携帯電話を持っている仲間がいたので、何度も情報を確認してもらった。ラジオだとすぐには得点が分からないが、テレビはつければ瞬時に状況が分かるのでありがたかった。次回の買い換えにはテレビ付きを検討しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒレンジャク

hirenkaku03225hirenjaku03226レンジャクを見てきました。
前回は4時間粘りましたが、完敗。今回は何としてもと、気合いを入れていったところ、現場に着いた途端、ヒレンジャクが3羽来てくれました。
大慌てでカメラをセット。なんとか証拠写真を撮ってから、色々位置を変えたりして、200枚程撮影しました。結局この日は最後まで3羽のみでした。家に帰り、撮ってきた画像をじっくり見て、がっかり。まともな写真がないでのです。撮影しながら、難しいなぁと思っていましたが、もう少しましに撮れていると期待してました(T.T)。修行が足りないということでしょう。
hirenjaku03222時間があればもう一度行ってみようかとも思っています。でも、再度行っても同じかなぁぁ?
その内の3枚をアップしますm(__)m。
右の1枚はレンジャクとヤドリギと言えば、ダラーと・・・。お目汚しで失礼。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

ウグイス

uguisu0320藪の中をチョロチョロ。
ほんの2秒程でしょうか、表に出てくれました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハシブトガラス

hasibuto0320このカラス、釣りをしている子供の餌用食パンを何度か横取りして、食べていました。
釣り人が帰るとき捨てていったのでしょうか、我々が気付いたときはご覧の通り。
満腹だったようで、このパンを近くにあった背の低い雑草の下に置き、その葉を1枚ちぎり、上に被せていました。
知人が見に行ったら、上からはパンは全く見えなかったそうです。
再度、同じことをやり、今度はシート状のゴミの横にパン屑を置き、そのシートを強引に引っ張って広げ、全く見えなくしていました。
我々はすぐ近くで上から見ていて、感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハシボソガラス

hasiboso0320最初は嘴を閉じて、小さな石を引っ繰り返していましたが、大きな石はご覧の通りに嘴でくわえて、強引に引っ繰り返しました。
石の下にいる虫を食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

06/03/18 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (多摩市)
【年月日】 2006年03月18日(土)
【時 刻】 10:00-15:20
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ     12.チョウゲンボウ     23.ヒヨドリ
  2.カワウ       13.コジュケイ       24.モズ
  3.ダイサギ      14.キジ          25.ツグミ
  4.コサギ       15.イカルチドリ      26.ウグイス
  5.アオサギ      16.キジバト        27.シジュウカラ
  6.マガモ       17.ヒメアマツバメ     28.カワラヒワ
  7.カルガモ      18.カワセミ        29.スズメ
  8.コガモ       19.アオゲラ        30.ムクドリ
  9.トビ        20.ヒバリ         31.オナガ
 10.ノスリ       21.ハクセキレイ      32.ハシボソガラス
 11.ハヤブサ      22.セグロセキレイ     33.ハシブトガラス

※コース:多摩川右岸を聖蹟桜ヶ丘駅京王線鉄橋から多摩市立交通公園まで

【備 考】

◎カモ類はかなり少なくなっている。
◎ノスリとハヤブサが近くを何度か飛んでくれた。珍しくオオタカは見られなかった。
◎冬鳥が少なくなってきたようだ。
◎ミコアイサは見られなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツグミ

tugumi0318
この頃、ようやく(^^)下に降りているツグミが多くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

アオジ

aoji0317
もう帰っちゃっていないかと思いましたが・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

レンジャク、完敗。

yadorigi0316家から比較的近い公園にレンジャクが出ているとの情報でしたので、昨日行ってきました。
ノンビリ家を出て、11時から3時まで4時間そこに居ましたが、結局、見られませんでした。
最初は2時間ばかり居て、見られなくても、用事があるので帰るつもりだったのですが、4時間も粘ってしまい、結局、用事は後日にしてしまいました。
1ヶ所で4時間ジッとしているのは動いているより疲れますね。
私の4時間などはまだ良い方で、中にも朝の6時前から来て、私が帰る時も、まだ、粘っていた夫妻がおられました。
一番多い時で70人程いました。
上のヤドリギにレンジャクがたくさん止まり、その画像をアップするつもりだったのですが(;.;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

オシドリ

osidori0315
ひっそりした所が好きなようで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

ルリビタキ

ruribitaki1
動きが早く、なかなか良い位置が取れず、苦労しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ヤマガラ

yamagara1
ヤマガラはやはりあまり人を恐れないですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

なんじゃ~ その1

ootaka7カワセミを真似して、カラスが川で魚のダイビングキャッチをしているわけではありません。
良く見るとちょっと顔が見えます。
答えはその2を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その2

ootaka8
オオタカが水浴びをいていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

06/03/11 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・大栗川合流点 (多摩市)
【年月日】 2006年03月11日(土)
【時 刻】 10:00-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      13.オオタカ       25.タヒバリ
  2.カワウ        14.ハイタカ       26.ヒヨドリ
  3.ダイサギ       15.チョウゲンボウ    27.ツグミ
  4.コサギ        16.コジュケイ      28.ウグイス
  5.アオサギ       17.オオバン       29.シジュウカラ
  6.マガモ        18.イソシギ       30.ホオジロ
  7.カルガモ       19.セグロカモメ     31.カワラヒワ
  8.コガモ        20.キジバト       32.スズメ
  9.ヒドリガモ      21.カワセミ       33.ムクドリ
 10.キンクロハジロ    22.ヒバリ        34.ハシボソガラス
 11.ミコアイサ      23.ハクセキレイ     35.ハシブトガラス
 12.トビ         24.セグロセキレイ

★コース:多摩川右岸京王線鉄橋(聖蹟桜ヶ丘駅下車)より多摩市立交通公園までの往復

【備 考】

◎今日の白眉はオオタカ♂の水浴び。50m程の距離でじっくり見られた。
◎カモ類は特にコガモが少なくなっていた。もう、帰りはじめたようだ。
◎ミコアイサは♀タイプ1のみで、♂は確認できなかった。
◎ウグイス、コジュケイ、ガビチョウ(番外)が盛んに囀っていた。

【雑 記】

◎今日は大変暖かく、春を実感できた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

ムクドリ

mukudori03092
最初に見たとき何の鳥か分かりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

エナガ

enaga0307ススキの穂を運んでいました。
巣材にするのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ハシブトガラス

hasibuto0306
ピラカンサの実をさかんに食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

06/03/04 FSHIZEN多摩川オフ

【県 名】 東京都
【場 所】 桜ヶ丘公園・多摩川 (多摩市)
【年月日】 2006年03月04日(土)
【時 刻】 10:30-15:50
【天 候】 晴れ
【観察者】 @nifty 「自然とのふれあいフォーラム」(FSHIZEN)
         都立桜ヶ丘公園・多摩川オフ参加者計14名
【環 境】 里山・河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ      15.キジバト       29.ウグイス
  2.カワウ        16.カワセミ       30.エナガ
  3.ダイサギ       17.コゲラ        31.シジュウカラ
  4.コサギ        18.ヒバリ        32.メジロ
  5.アオサギ       19.キセキレイ      33.ホオジロ
  6.マガモ        20.ハクセキレイ     34.アオジ
  7.カルガモ       21.セグロセキレイ    35.カワラヒワ
  8.コガモ        22.タヒバリ       36.シメ
  9.トビ         23.ヒヨドリ       37.スズメ
 10.オオタカ       24.モズ         38.ムクドリ
 11.ハイタカ       25.ミソサザイ      39.ハシボソガラス
 12.チョウゲンボウ    26.ルリビタキ      40.ハシブトガラス
 13.コジュケイ      27.ジョウビタキ
 14.オオバン       28.ツグミ

★コース:都立桜ヶ丘公園を観察後、多摩市立交通公園へ

【備 考】

◎最大の収穫はコースの移動中ミソサザイが見られたこと。住宅地内の小公園横の小川で見られた。まさかという感じであった。
◎桜ヶ丘公園ではトラツグミを期待したが見られなかった。冬鳥が少ない今シーズンとしてはこんなものであろう。出来ればシロハラ、アカハラ、アオゲラを見たかったが。
◎短時間の交通公園であったが、飛翔中のハイタカと木に止まっているオオタカが見られた。

【雑 記】

◎春が近付いてきたことを実感できた日であった。
◎植物に詳しい方々も参加してくれたので、いろいろ楽しめた。

【その後】
オフ終了後、4時過ぎに聖蹟桜ヶ丘駅付近に着き、嗅覚鋭い方々がその時間でも開いている店を探し出し、7時半まで懇親会(大宴会(^^))を行なった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

甲羅干し

kame0302クサガメでしょうか。
甲羅干しをしないと甲羅が固くならないそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »