« セイタカシギB | トップページ | カワセミ »

2006年5月30日 (火)

カルガモ

Karugamo0530谷津干潟でのカルガモ一家です。ヒナは画像では5羽しか見えませんが、全部で8羽いました。
実はこの後、大変面白いシーンがありました。残念ながら見とれてしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました(^^ゞ。私はまだまだ見るのが主で、カメラマン意識が不足しているようです(T.T)。

それはこの一家が進んで行った方向の陸地に、別のカルガモ一家がいたのです。鉢合わせになったのか、それとも意識的に近付いていったのか分かりませんが、この親は別の一家がいる陸地に乗り込み、相手の雛を嘴でくわえ、投げ飛ばしていました。同じことを2回しました。相手の一家は這々の体で逃げていきました。
センターの方にお聞きしたら、二家族が出会うと、このようなことがよくあるそうで、中には相手の雛を何度も水の中に押さえ込み、溺れさせるとしか思えないシーンが見られるそうです。種の保存というより、自分の遺伝子を残すのが目的と聞きますが、本当なんですね。

ところで、この台の上に土?が変に固まっています。これが27日の記事に書きましたが、ここで3つがい目のセイタカシギが巣作りを始めたその巣です。

        5月26日撮影

|

« セイタカシギB | トップページ | カワセミ »

コメント

きのう、ホビーズワールドで仕事の合間に買い物。店員によると、22日の月曜は、たくさんの人が集まったので、センターを午後から開けたようだが、見られなかったとか。同日午前中に植木屋が入り、樹木の剪定をしたとか・・・・
ウワサかもしれませんけど、参考まで。

投稿: 鵯パンダ | 2006年5月30日 (火) 14:56

鴨パンダさん
実は22日昼前から谷津にいました。
確かに剪定の人が入っていました。
私は当日殆ど屋根の下にいましたので、正確には知りませんが、センターを午後から開いたことはなかったと思います。
近所の人によると、月曜休みを知らなかった方々が、開館前に20人程いて、時間になっても開かないので、怪訝な顔をしていたそうです。

投稿: 摩周 | 2006年5月30日 (火) 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/10307178

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモ:

» カルガモの親子その後 [南大沢季節便り]
今週は土日とも雨の予報だった。 昨日は、ほぼ1日中雨だった。 長池公園公園生き物 [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 22:45

« セイタカシギB | トップページ | カワセミ »