« プロ野球アジアシリーズ2006 | トップページ | 本の紹介 »

2006年11月14日 (火)

平瀬作五郎のイチョウ

Ityou1109311月2日の記事で、イチョウ(銀杏)に関する本の紹介をしました。
先日、その研究対象になったイチョウを東大付属小石川植物園で見てきました。
行ったのが丁度良い時で、ギンナンが落ちていましたので、いくつか拾ってきました。Ginnan
平瀬作五郎がこの木で精子を発見したという由緒のあるギンナンです。
樹齢300年弱で、樹高26m、幹廻り4.9mだそうで、さすが迫力がありました。
もっとも、青森県には樹齢1000年と伝承されるイチョウもあるそうです。

|

« プロ野球アジアシリーズ2006 | トップページ | 本の紹介 »

コメント

摩周さん今日は

σ(^_^)の兄が岩手大学に通っていたころ大学構内にかなりの数の銀杏の木があり季節になると近所の農家がリヤカーで毎日拾いに来ていたそうです。他人の敷地で金儲け。

投稿: アライグマ | 2006年11月14日 (火) 21:11

アライグマさん
ここでは始めましてm(__)m。
リヤカーでギンナン拾いですか。イチョウが何本あったのかしりませんが、いくらなんでもリヤカーが必要なほど取れたのでしょうか。おそらくシャベルで取るのでしょうね。
ギンナンは食べ過ぎると毒があるそうですね。

この時、私はギンナンを取るのが目的ではなかったので、何の準備もしていませんでした。落ちているのを靴底でギンナンを出し、持っていたペットボトルを慌てて飲み干し、その中に素手で入れました。先に来ていた女性は手袋をして割り箸で実を取り出し、ポリ袋に入れてました。
靴底は3日くらい臭かったです。

投稿: 摩周 | 2006年11月15日 (水) 08:23

摩周さん
青森県のイチョウすごいですね。これはもうお化けと言いたくなります。長老を通り越して仙人の領域でしょう。見てみたいいです。
えるびら

投稿: えるびらf | 2006年11月15日 (水) 21:14

そういえば鎌倉にも観光客が少ないところで銀杏拾いをしている業者らしい人がいましたね。
その人は自転車で現れ20×30×10cm位の箱に一杯の収穫も持ち帰っていました。
谷あいの流れで銀杏を洗って綺麗にしてから持ち帰っていましたね((((((((^^;
銀杏で小遣い稼ぎヽ(´ー`)ノ頑張るな~

投稿: アライグマ | 2006年11月15日 (水) 22:41

えるびらさん
ずっと以前より植物には興味があったのですが、足の骨折を切っ掛けに少し植物の勉強をしています。勿論、鳥が主ですが。
私の場合は草本より木本に興味があり、特に大きな樹木が好きです。正直、今のところですが、草本の園芸種にはあまり興味が・・・(T.T)。
ご覧いただいたイチョウはスゴイですね。
東京にも元麻布・善福寺に750年のイチョウがあるので、近い内に見に行くつもりです。http://www.kyoboku.com/47/tokyo/zenpuku.html
このサイトにたくさんの巨木が載っていますが、ちょっと見ているだけでも心が和みます。
http://www.kyoboku.com/menu.html

投稿: 摩周 | 2006年11月16日 (木) 14:40

あらいぐまさん
ギンナンは私も好きですが、家で食べるには茶碗蒸しくらいです。
おかずの替わりにはならないですものね。
あとは、一杯飲み屋で焼いたのを精々10粒位食べるだけです。
私が普通なのか分かりませんが、そのオジサンが自分で食べるだけではないですよね。
ギンナンを大量に食べると中毒を起こすので注意と書いてありますが、どのくらいの個数なんでしょうね。まさか、そのオジサン中毒を起こしていたりして。

投稿: 摩周 | 2006年11月16日 (木) 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/12681529

この記事へのトラックバック一覧です: 平瀬作五郎のイチョウ:

« プロ野球アジアシリーズ2006 | トップページ | 本の紹介 »