« カワセミ | トップページ | アメリカヒドリ »

2007年2月12日 (月)

07/02/12 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2007年02月12日(月)
【時 刻】 11:00-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カワウ         13.バン        25.シロハラ
  2.アオサギ        14.オオバン      26.ツグミ
  3.カルガモ        15.シロチドリ  (4)  27.ウグイス
  4.コガモ         16.ダイゼン   (60)  28.メジロ
  5.ヨシガモ    (0,1)  17.タシギ       29.ホオジロ
  6.オカヨシガモ      18.セイタカシギ    30.オオジュリン
  7.ヒドリガモ       19.ユリカモメ     31.カワラヒワ
  8.アメリカヒドリ (0,1)  20.セグロカモメ    32.スズメ
  9.オナガガモ       21.ズグロカモメ (4)  33.ムクドリ
 10.ハシビロガモ      22.キジバト      34.ハシボソガラス
 11.スズガモ        23.ハクセキレイ
 12.ミサゴ         24.ヒヨドリ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)
★潮具合:満潮10:05 干潮19:23 長潮(東京・芝浦)

【備 考】

◎ヨシガモ♀とアメリカヒドリ♀を探すのに時間が掛った。とても私だけの力では見つけられないが、知人がすぐ近くに2羽が揃って来たのを教えてくれた。幸運であった。ハイブリッドのアメリカヒドリ♂1がいた。
◎潮具合が悪かったので、ハマシギはまったく見なかった。もう少し待てば来たと思われる。ダイゼン、シロチドリは帰る間際に来てくれた。
◎ダイサギ・コサギは見なかった。
◎かなり黒くなったオオジュリンが見られた。

|

« カワセミ | トップページ | アメリカヒドリ »

コメント

いつもながらの詳細情報、頭がさがります。
ダイゼンがこんなに来ているのですか。驚きました。
ミサゴが舞っていたのですか。この猛禽が出ると
干潟の鳥たちはどうするんでしょう。
オオジュリンは干潟のそばの芦原でしょうか。
淡水池の奥の芦原でしょうか。
あ、あんまり細かいことは聞いてはいけませんよね。

投稿: asitano_kaze | 2007年2月12日 (月) 22:44

asitano_kazeさん
> あ、あんまり細かいことは聞いてはいけませんよね。
いえ、そんなことはありません。谷津は完全に囲まれた所で、干潟に入れませんので、情報の公開に配慮する必要なんてまったくありません。
ここではダイゼンとハマシギは越冬していますので、本来なら、もっと多いです。ハマシギはこのところかなり減っているようですが、今年は500程度のようです。
ミサゴは魚を食べる鳥なので、まったく心配ないのですが、やはり、カモ類も飛んでしまいますね。猛禽類が出ると警戒して飛びますが、種類の識別までは出来ないようで。オオタカは別ですが、ハヤブサは飛んでいるのを襲いますので、干潟に留まっていれば良いのに飛んでしまいます。
葦原があればオオジュリンは基本的にはいるはずで、かなり移動するようです。昨日は通称アヒル島の右側で、数羽の群でした。後日、証拠写真はアップ出来ると思います(^^)。

投稿: 摩周 | 2007年2月13日 (火) 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/13882673

この記事へのトラックバック一覧です: 07/02/12 谷津干潟:

« カワセミ | トップページ | アメリカヒドリ »