« 07/02/19 葛西臨海公園 | トップページ | ジョウビタキ »

2007年2月20日 (火)

タマシギ

Tamasigi070219撮影状況に関しては昨日の記事をご覧ください。
刈った葦原の中で、まるで見えない時も、頭の天辺だけの時も、実際のこの時間が多かったです。
私がいた時間帯では、この時だけが唯一のチャンスでした。
ここぞと思えば、前の人が立ち上がってしまったり・・・(T.T)。

|

« 07/02/19 葛西臨海公園 | トップページ | ジョウビタキ »

コメント

おつかれさまでした。
相変わらずっすね。。(>_<)マナーの悪さ。。。何はともあれ、タマシギゲッツおめでとうございます!!

投稿: hibarichic | 2007年2月20日 (火) 13:11

hibarichicさん
ろくな写真は撮れていないと思ったのですが、なんとか証拠写真にはなりましたので、一安心。
良い位置は三脚カメラマンに占領されてしまいますので、見るだけの人達は可哀想です。

投稿: 摩周 | 2007年2月20日 (火) 19:12

 摩周さん、こんばんは。今度は タマシギくんですか。しかも、メスくん! ツボを 心得て ますねぇ、葛西臨海公園って。かなりの エンタティナーかも です。

投稿: 横浜ニート | 2007年2月20日 (火) 19:57

いやあ、これだけ撮れれば証拠写真を遙かに超えていますよ。
お目々の大きさ、嘴の長さ、ちょっとスローモーな感じの体つき。
ちゃんとその特徴が見て取れます。
三脚の人たち、その場所をずっと独占しているんですよね。
他の人たちも撮れるのならいいんですが、
狭いところだから少しは考えてもらいたいですね。
そもそも公共の場なんですから。

投稿: asitano_kaze | 2007年2月20日 (火) 20:27

横浜ニートさん
タマシギは決して珍鳥ではないですが、一般には交通の便が悪い所が多く、多少見るには苦労する鳥ですね。
葛西は鳥の数は相当見られますので、お薦めできる探鳥地です。
年間で見れば、海鳥・山鳥、夏鳥・冬鳥・旅鳥、渡りの中継地と楽しめます。

投稿: 摩周 | 2007年2月21日 (水) 08:09

asitano_kazeさん
> いやあ、これだけ撮れれば証拠写真を遙かに超えていますよ。
正直、使えるのはこれ1枚の感じでした。ラッキーでした。頭と嘴だけ写っているのが多かったです(^^)。
葦原の狭い範囲をゆっくり動いているのです。酷いときは姿はまったく見えません。葦の動きで分かるだけ。
私はちゃんと観察してましたが、三脚で場所だけ取って、後にいる人が多いのです。
動きがあり、チャンスと思っても、私の前に人が来てしまうので、本当にチャンスは少なかったです。
画像をよくよく見ていただくと、左が明るく、特に右上が若干暗いのが分かると思います。実は、右上側は観察窓の端でケラレているのです。陰ではありません(^^)。
私などは2回に分けて、計1時間半位しかいませんでしたが、半日以上粘っているカメラマンが多いのです。
平日でこれですから、土日は大変では。

投稿: 摩周 | 2007年2月21日 (水) 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7343/13981365

この記事へのトラックバック一覧です: タマシギ:

« 07/02/19 葛西臨海公園 | トップページ | ジョウビタキ »