« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

2007/06/29 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川・浅川合流点 (日野市・多摩市)
【年月日】 2007年06月29日(金)
【時 刻】 13:50-15:40
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カワウ       10.キジバト       19.ウグイス
  2.ダイサギ      11.ヒメアマツバメ    20.セッカ
  3.コサギ       12.カワセミ       21.ホオジロ
  4.アオサギ      13.ツバメ        22.カワラヒワ
  5.カルガモ      14.コシアカツバメ    23.スズメ
  6.トビ        15.キセキレイ      24.ムクドリ
  7.オオタカ      16.ハクセキレイ     25.ハシボソガラス
  8.イカルチドリ    17.セグロセキレイ    26.ハシブトガラス
  9.コアジサシ     18.ヒヨドリ

★コース:浅川右岸を高幡橋(日野市)からスタートし、多摩川に合流し、多摩川右岸を関戸橋(多摩市)まで。

【備 考】

◎あまりこの時期の多摩川には行っていないが、総数は少ないが、種類は結構見られた。
◎小鳥類の巣立ち間もない雛がいろいろ見られた。スズメ、ムクドリ、カワラヒワ、ハクセキレイ等。
◎オオタカは京王線鉄橋付近を飛んでいた。

【雑 記】

◎高幡不動のアジサイが盛りの時期なので、サッと見てから、鳥見となった。
◎関戸橋で雨が降ってきたので、交通公園までは行かなかった。

| | コメント (2)

2007年6月27日 (水)

チゴモズ

Tigomozu0706254昨日と同じチゴモズです。
鳥は木に留っているのが、一番見栄えがしますが、こういう「木」はあまり歓迎できません。

| | コメント (8)

2007年6月26日 (火)

チゴモズ

Tigomozu070625昨日は、神奈川県にチゴモズを見に行ってきました。
この辺一帯は、10年位?前から、チゴモズ、アオバズク、ブッポウソウが毎年見られ、誰もがここに行ったものでした。ただ、最近はチゴモズだけになってしまいました。
チゴモズは、結構珍しい鳥で、ここだけで毎年見られているのですが、当然、代替わりしている筈です。繁殖地として特別に良い訳ではないと思いますが、代々この場所が引き継がれてきたのでしょう。
日曜の24日朝、群馬県の知人が行ったところ、8時頃で20人程いたそうです。昨日、昼過ぎ、私が現地に着いた時は、ご夫妻がいただけでした。そこに地元の方が来てくださり、計4名で探したのですが、なかなか出てきません。待つこと1時間半程で、ようやく出てくれました。実際、見られた時間は2分もなく、暗い所での撮影で苦労しました。地面で捕った虫を食べているところです。

| | コメント (4)

2007年6月19日 (火)

コアジサシ

Koajisasi070619中央にコアジサシの卵があります。(多分3個)
こちらがちょっと動くと、もう見失ってしまいます。

この場所は河原で、誰でも自由に歩ける所です。難しい問題ですが、バーダーやカメラマンがいた方が、コアジサシのためにはなるかもしれません。私が短時間いた範囲では、カラスはまったく来ませんでした。おそらく来たら、コアジサシは団体で威嚇するのだと思いますが。

| | コメント (2)

2007年6月18日 (月)

コアジサシ

Koajisasi070618今日は多摩川で繁殖しているコアジサシを見てきました。
10組以上が繁殖しており、中には雛が孵っている巣もありました。親の右側手前に雛が2羽重なっています。
25m位の距離で、これ以上は近づきませんでしたので、ご安心ください。

| | コメント (4)

2007年6月15日 (金)

カッコウ

Kakkou9706152鳥見仲間で東京都T市に住んでおられるYさんより、今年も家の近くにカッコウが来ているとの情報をいただきました。ここには、毎年来ているようで、昨年も見に行ったのですが、さっぱりでした。
今年こそはと、今日行ってきました。最寄りのM駅に着き、そちらの方向に歩きだしたら、なんと鳴き声(囀り)がいきなり聞こえてきました。声を頼りに、その方向に行ったり来たりしている内に、ついにYさんが見つけました。テレビアンテナの上で盛んに鳴いていました。5分以上その場で鳴いていましたが、ただ、残念なのは後ろ姿が多く、また、広い家のテレビアンテナのため、人の家に入るわけにもいきません。結局、近付いても50m以上はありました。
そんなことで、この程度の画像です。証拠写真として認めてください(^^)。良く見るとお腹の縞模様がちょっと見えます。

私が行くフィールドでは、よくよく考えると、ツツドリやホトトギスよりカッコウの方が見る機会が少ないですね。そんなことで、今日は大満足な一日でした。カッコウの声は良いですね~。
Yさん! お世話になりましたm(__)m。

| | コメント (4)

2007年6月12日 (火)

キアシシギ

Kiasisigi070612地味な鳥なので、あまり載せたことがありませんでした。

※これまで葛西や谷津に行っておりましたが、これからはちょっと寂しくなります。
7月中旬以降になれば、また、シギチが来始めますので良いのですが。
さぁ~、それまでどこに行こうかなぁー?
といっても、月曜と金曜の半日くらいしか自由が利かないし。
しばらくヤマセミを見ていないので、どこかに探しに行こうかとも・・・。

| | コメント (4)

2007年6月10日 (日)

カイツブリ

Kaituburi0706102谷津干潟の淡水池で抱卵中のカイツブリ(8日撮影)

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

セイタカシギ

Seitaka070609昨日、谷津で撮影しました。
この番いは一度抱卵したそうですが、孵る前に失敗してしまい、今度が2回目だそうです。
卵2個が確認できました。

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

2007/06/08 谷津干潟

【県 名】 千葉県
【場 所】 谷津干潟 (習志野市)
【年月日】 2007年06月08日(金)
【時 刻】 13:00-15:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 干潟
【観察種】 

  1.カイツブリ     8.コチドリ       15.シジュウカラ
  2.カワウ       9.セイタカシギ     16.カワラヒワ
  3.ダイサギ      10.コアジサシ      17.スズメ
  4.コサギ       11.キジバト       18.ムクドリ
  5.アオサギ      12.ツバメ        19.ハシボソガラス
  6.カルガモ      13.ヒヨドリ
  7.バン        14.オオヨシキリ

【備 考】

◎セイタカシギは3~4組が繁殖し、計9羽ほど雛が孵ったが、現在でも育っているのは4羽とのこと。完全に失敗した番いが、再度抱卵に入っていた。卵は2個確認できた。観察センターから見られます。
◎他にも、カイツブリが抱卵していた。こちらも観察センターから見られます。
◎カルガモの親子が2組見られた。
◎シギチ類を含め特に期待はしていなかったが、それにしても干潟で、まともにいるのはサギ類とカワウだけで、なんとも寂しい。アオサが全面に繁殖しており、ちょっと見ると「水浸しのゴルフ場」の感じ。

| | コメント (4)

2007年6月 6日 (水)

セイタカシギ

Seitakasigi0706064日現在、葛西臨海公園ではセイタカシギ2番いが抱卵していました。こちらは後から抱卵を開始した方で、汽水池の南西側の観察窓から見られます。

| | コメント (2)

2007年6月 5日 (火)

政府専用機

Seihu0706052昨日、葛西臨海公園ウォッチングセンターから撮りました。
風向きに寄りますが、遙か沖を羽田空港に着陸する飛行機が連続して飛んでいきます。
政府専用機」だったので、慌てて撮りました。今日、安倍総理がドイツサミットに行くので、待機していた航空自衛隊千歳基地から飛んできたのでしょう。不鮮明ですが、機首に「JAPAN 日本国」と書いてあります。

| | コメント (2)

2007年6月 4日 (月)

2007/06/04 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2007年06月04日(月)
【時 刻】 12:40-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園・海岸
【観察種】 

  1.カイツブリ     9.オオバン        17.カワセミ
  2.カワウ      10.コチドリ     (3)  18.コゲラ
  3.ダイサギ     11.キアシシギ    (9)  19.ツバメ
  4.コサギ      12.ソリハシシギ   (1)  20.ヒヨドリ
  5.アオサギ     13.セイタカシギ   (4)  21.オオヨシキリ
  6.カルガモ     14.アジサシ        22.スズメ
  7.ホシハジロ    15.コアジサシ       23.ムクドリ
  8.スズガモ     16.キジバト        24.ハシボソガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数

【備 考】

◎私が1日に見たアカアシシギは、この日が最後のようであった。29日が初認らしい。
◎抱卵中のセイタカシギが増えて、2番いになっていた。いずれも汽水池で、一組はウォッチングセンターから、もう一組は南西よりの観察窓から見られる。
◎ミヤコドリはいなかった。
◎先週は見られなかったオオバンが1羽いた。
◎渚は大きく干潮状態で、シギチはほんの10羽程度がいたが遠くて確認できなかった。
◎カモメ類では、ユリカモメは確認できなかったが、渚橋上からの観察のせいもあるが、大型カモメが100羽以上いた。ただ、足の色も確認できず、特定できなかった。勿論、私が成鳥以外のカモメの識別が苦手のせいもあるが。
◎アジサシ類はせいぜい20羽程度しかいなかった。

| | コメント (0)

2007年6月 3日 (日)

アオサギ

Aosagi070603普段あまり注目する鳥ではありませんが、この時はハッとするくらい綺麗な印象でした。

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

アカアシシギ

Akaasisigi0706022昨日の葛西でのアカアシシギです。
足の色などは弄っていません(念のため)(^^)!!

| | コメント (2)

2007年6月 1日 (金)

2007/06/01 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2007年06月01日(金)
【時 刻】 12:40-15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園・海岸
【観察種】 

  1.カイツブリ      10.スズガモ       19.キジバト
  2.カワウ        11.ミヤコドリ   (2)  20.ツバメ
  3.ダイサギ       12.コチドリ    (1)  21.ハクセキレイ
  4.コサギ        13.アカアシシギ  (1)  22.ヒヨドリ
  5.アオサギ       14.キアシシギ   (9)  23.オオヨシキリ
  6.カルガモ       15.セイタカシギ  (3)  24.カワラヒワ
  7.オナガガモ      16.ユリカモメ      25.スズメ
  8.ホシハジロ      17.アジサシ       26.ムクドリ
  9.キンクロハジロ    18.コアジサシ      27.ハシボソガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数

【備 考】

アカアシシギ1(成鳥夏羽)は汽水池。この夏羽だけでも今日は価値があった。
◎セイタカシギはまだ抱卵中。
◎東渚ではシギチ類は見られなかった。
◎カモメ類は東渚にかなりいたが、ちょっと自信がないので今日は書かない(T.T)。さっぱり近くを飛んでくれなかった。

【雑 記】

◎今日はアカアシシギだけで満足だが、これからの時期はちょっと見所が少なくなるだろう。

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »