« 2007/12/07 葛西臨海公園 | トップページ | モズ »

2007年12月 8日 (土)

ズグロカモメ

Zugurokamome0712082到着後、渚橋から最初に見たのがズグロカモメ。この時は距離が遠くて撮影はできず。
帰り、いつもなら淡水池から真っ直ぐに帰るのだが、ズグロを期待して、水上バスの桟橋付近に行ってみた。
150羽以上のユリカモメの中にズグロカモメ1羽がいた。
夕日の逆光で撮りづらかったが、なんとか1枚。

|

« 2007/12/07 葛西臨海公園 | トップページ | モズ »

コメント

摩周さん、こんにちは。
150羽もいるユリカモメの中から1羽のズグロカモメを見つけるのは大変でしたでしょう。
冬羽はユリカモメに似てますよね?
頭が黒い時は目立ちますが・・・収穫でしたね。
夕日の背景もきれいです。

投稿: 梅吉ママ | 2007年12月 8日 (土) 13:49

梅吉ママさん
この時は近かったので、見つけるのは簡単。
ユリカモメとの違い
・嘴が黒い。
・初列風切が白黒の点々模様。
・足の色が濃い赤。
この3つが全部見えない姿勢はないはずなので、丁寧に見れば必ず分かります。
夕日の中で、鳥の向き、私の位置、光り具合の兼ね合いですから、結構大変でした。あまり動くと、飛んじゃうし。

投稿: 摩周 | 2007年12月 8日 (土) 14:54

夕日を背にしたズグロカモメ、素敵ですね。
毛先があかね色に染まっています。
バックもすばらしいです。
私は谷津干潟で撮っているのですが、このズグロ君とは別の個体なんでしょうか。
ズグロは数が少ないといわれていますから、違うならば嬉しいことです。

投稿: asitano_kaze | 2007年12月 8日 (土) 18:50

asitano_kazeさん
見つけるのは特別難しいことではないのですが、時間が4時頃で、もう完全に夕日でした。どの位置から撮るか迷いましたが、まずが証拠写真。それから少しづつ近づいて、最終的には20mくらい。そこで動いたら飛ばれました。
撮影枚数は相当ありますが、必死で撮ったわりには肝心の嘴の黒が後の黒い岩に重なっている写真が多くて困りました。正直、ファインダを見ているときは、そこまで意識しませんでした。これが私の実力です(^^)。

投稿: 摩周 | 2007年12月 8日 (土) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007/12/07 葛西臨海公園 | トップページ | モズ »