« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

チュウヒ

Tyuuhi08013029日のチュウヒの画像ですが、最初はノスリかと思ってました。このブログをご覧になった方より、「ノスリではなくチュウヒ幼鳥では」との指摘をいただき、慌てて、鳥名を書き直しました。よくよく見ると、確かにノスリとは違いますね。間違いやすいですね(私だけ?)。
でも、チュウヒって、いろいろあって困ります。
ほぼ同じ時間帯に写したもので、今度は、チュウヒで宜しいかと。

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

チュウヒ

Nosuri0801292葛西の淡水池で撮りました。「下手な鉄砲も数撃てば当る」なのですが、背景が大きなビルだったり、中には明太子の特大看板があったりで・・・(T.T)。

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

2008/01/28 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川 (日野市)
【年月日】 2008年01月28日(月)
【時 刻】 13:40-16:10
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カワウ       11.コゲラ        21.ウグイス
  2.ゴイサギ      12.キセキレイ      22.エナガ
  3.ダイサギ      13.ハクセキレイ     23.シジュウカラ
  4.コサギ       14.セグロセキレイ    24.ホオジロ
  5.アオサギ      15.タヒバリ       25.アオジ
  6.トビ        16.ヒヨドリ       26.シメ
  7.ノスリ       17.モズ         27.スズメ
  8.イカルチドリ    18.ジョウビタキ     28.ムクドリ
  9.キジバト      19.アカハラ       29.オナガ
 10.カワセミ      20.ツグミ        30.ハシボソガラス

★コース:日野市石田大橋より多摩川右岸を下り、浅川との合流点付近先端までの往復

【備 考】

◎晴れを期待していたので、ベニマシコ♂撮影目的であったが、早々から曇りで、全く陽は出なかった。ベニマシコも大外れ。
◎川の流れを見たのは短時間であったが、3種のセキレイ、タヒバリ、イカルチドリと一気に見られた。
◎猛禽もノスリを3度程見たが、それだけで終り。私の観察時間帯が良くないのかもしれないが、かなりガッカリ。
◎寒い毎日であるが、おそらく今シーズン始めてと思われる囀りを聴いた。ただ、残念なことにガビチョウで、これまたガッカリ。

| | コメント (4)

2008年1月27日 (日)

ジョウビタキ

Joubitaki0801273これ以外にないわけではありません(^^)。
たまには、完全な後ろ姿も良いのでは。
場所から判断して、同じ個体だと思います。

| | コメント (2)

2008年1月26日 (土)

ジョウビタキ

Joubitaki0801262昨年もそうでしたが、今年もジョウビタキに会うのは♀が多いのです。撮影機会なると特に♀でした。何とか♂が撮れました。

| | コメント (2)

2008年1月25日 (金)

2008/01/25 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2008年01月25日(金)
【時 刻】 13:40-16:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園・海岸
【観察種】 

  1.カイツブリ       14.ハシビロガモ    27.キジバト
  2.ハジロカイツブリ    15.ホシハジロ     28.ハクセキレイ
  3.カンムリカイツブリ   16.キンクロハジロ   29.ヒヨドリ
  4.カワウ         17.スズガモ      30.ジョウビタキ
  5.ダイサギ        18.ウミアイサ     31.ツグミ
  6.コサギ         19.ミサゴ       32.シジュウカラ
  7.アオサギ        20.トビ        33.メジロ
  8.マガモ         21.ノスリ       34.アオジ
  9.カルガモ        22.チュウヒ      35.カワラヒワ
 10.コガモ         23.バン        36.スズメ
 11.オカヨシガモ      24.オオバン      37.ムクドリ
 12.ヒドリガモ       25.ユリカモメ     38.オナガ
 13.オナガガモ       26.セグロカモメ    39.ハシボソガラス

★潮具合 干潮12:45 満潮18:21 中潮

【備 考】

◎風が強かったせいか(?)、全くシギチは見なかった。東渚は干潮に近い状態であったが、私が短時間しか見なかったせいか、シギチもサギ類もカモメ類もほとんどいなかった。汽水池、旧江戸川ディズニーランドより葦原でも全く確認できなかった。こんな経験は珍しい。
◎強風の中をチュウヒが苦労しながら飛んでいた。

| | コメント (2)

2008年1月21日 (月)

2008/01/21 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2008年01月21日(月)
【時 刻】 13:20-16:20
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 貯水池
【観察種】 

  1.カイツブリ        10.ホオジロガモ    19.ジョウビタキ
  2.ハジロカイツブリ     11.オオタカ      20.ツグミ
  3.カンムリカイツブリ    12.ノスリ       21.キクイタダキ
  4.カワウ          13.キジバト      22.シジュウカラ
  5.アオサギ         14.コゲラ       23.メジロ
  6.マガモ          15.ハクセキレイ    24.アオジ
  7.カルガモ         16.タヒバリ      25.スズメ
  8.コガモ          17.ヒヨドリ      26.ハシブトガラス
  9.スズガモ         18.ルリビタキ

【備 考】

◎ホオジロガモは♂2♀1。
◎スズガモ1がいたのには驚いた。
◎キクイタダキはヒマラヤスギの大木に3羽?程いた。カメラで撮ろうとしたがかなり上で、結局撮れなかった。

【雑 記】

◎今日、面白かったのはオオタカの獲物の奪い合い。最初に、気付いたときオオタカ幼鳥がハシブトガラスを食べていた。地元の方で、最初から一部始終を見ていた方の話では、ここでは成鳥♂♀(夫婦)とその去年生れの幼鳥2羽の一家計4羽がこの辺にいるそうで、仕留めたのは別の幼鳥だったそうです。その内、ノスリが出てきて横取り。最後は、ハシブトガラスが団体で、食べ残しを突っついていました。
しばらく経ったら、今度は成鳥(♀?)がハシブトガラスを仕留めました。貯水池の水際近くの水の中で2分程でしょうか押さえ込みました。これは溺死ですね。足で引っ張りながら陸地に持ってきて、しばらく食べていたら、先程のノスリが横取り、いつの間にかオオタカが奪い返し、その後、再度ノスリが食べていました。距離が500m位ありましたが、遠くから見ていても笑えました。

| | コメント (2)

2008年1月20日 (日)

アオサギ

Aosagi080120_3このところ、ここを4回程通りましたが、いつもほとんど同じ所に、このアオサギがいます。近付くと、すぐ後のこの木の上に逃げます。といっても、30m位です。此奴は悪さをしないと思ったのでしょうか、寝始めました。

| | コメント (2)

2008年1月19日 (土)

モズ

Mozu080119この子は、ちょっと変っていて、藪の中に入ってしまい、なかなか出てくれませんでした。ようやく出てくれた一瞬をパチリでした。よくよく見ると、それらしく、気が弱そう(?)。

| | コメント (2)

2008年1月18日 (金)

2008/01/18 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川 (日野市)
【年月日】 2008年01月18日(金)
【時 刻】 13:10-16:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カワウ        9.セグロセキレイ    17.メジロ
  2.ダイサギ      10.ヒヨドリ       18.ホオジロ
  3.アオサギ      11.モズ         19.アオジ
  4.トビ        12.ジョウビタキ     20.シメ
  5.キジ        13.ツグミ        21.スズメ
  6.キジバト      14.ウグイス       22.ムクドリ
  7.コゲラ       15.エナガ        23.ハシボソガラス
  8.ハクセキレイ    16.シジュウカラ     24.ハシブトガラス

★コース:日野市石田大橋より多摩川右岸を下り、浅川との合流点付近先端までの往復。

【備 考】

◎普段の私の鳥見スタイルは、そこにいる鳥を全部見るのが目標だが、今日はいつもと違い、ベニマシコ♂の撮影。途中から、今までと違い、陽も出てくれたが、こういう時に限って、全く出てくれなかった。
◎猛禽類は全く低調。2度川原に突っ込んでいくのが見られたが、種類は特定できなかった。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

ホオジロ

Hoojiro0801172このところ、多摩川に行くことが多いのですが、なかなか写真が撮れません。
不便な河原の中州であまり人はいません。そのせいか、人を警戒しているのかも知れません。
また、葦というより、葛?が多いからか、中に入ってしまうと、なかなか探せません。

| | コメント (2)

2008年1月16日 (水)

ガビチョウ

Gabityou0801152私にとって、ちょっと前まで、ガビチョウは「声はすれども、姿は見えず」だったのですが、2回連続見てしまいました。増えているんですね。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

ベニマシコ

Benimasiko0801154Benimasiko0801162♂2♀2の群でした。
残念ながら、♂は撮れませんでした。

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

2008/01/14 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川 (日野市)
【年月日】 2008年01月14日(月)
【時 刻】 13:10-16:10
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カワウ       9.ヒヨドリ       17.カワラヒワ
  2.ダイサギ     10.モズ         18.ベニマシコ
  3.コサギ      11.ツグミ        19.シメ
  4.アオサギ     12.ウグイス       20.スズメ
  5.トビ       13.シジュウカラ     21.ムクドリ
  6.キジ       14.メジロ        22.ハシボソガラス
  7.キジバト     15.ホオジロ       23.ハシブトガラス
  8.カワセミ     16.アオジ

★コース:日野市石田大橋より多摩川右岸を下り、浅川との合流点付近先端までの往復。

【備 考】

◎ベニマシコは、最初に見たのが♀1、そこから300m位離れたところで、又、♀2を見たので、ちょっとガッカリしたが、すぐ後に♂2が出てきたので大喜びであった。ただ、♂は短時間で、撮影は出来なかったので再挑戦の予定。
◎猛禽類は、トビ以外はまったく見られなかった。
◎11日にも同じ経験をしたが、大きめな赤っぽい鳥が出てきたので、アカハラかと思ったら、ガビチョウであった。

| | コメント (2)

2008年1月11日 (金)

2008/01/11 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川 (日野市)
【年月日】 2008年01月11日(金)
【時 刻】 12:40-15:40
【天 候】 晴れ 
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カイツブリ     10.カワセミ       19.アオジ
  2.カワウ       11.ヒヨドリ       20.ベニマシコ
  3.ダイサギ      12.モズ         21.シメ
  4.アオサギ      13.ジョウビタキ     22.スズメ
  5.トビ        14.ツグミ        23.ムクドリ
  6.ノスリ       15.ウグイス       24.ハシボソガラス
  7.キジ        16.シジュウカラ     25.ハシブトガラス
  8.ユリカモメ     17.メジロ
  9.キジバト      18.ホオジロ

★コース:日野市石田大橋より多摩川右岸を下り、浅川との合流点付近先端までの往復。

【備 考】

◎知人から情報を貰っていたベニマシコ♂♀は、ちょっと離れた所で見られた。ホオジロ、シジュウカラ、アオジとの群の感じであった。短時間で、距離もあったので、撮影は出来なかった。2度目の正直で見られてホッ(^^)。
◎猛禽類は、最後に飛んでいるノスリが見られただけで、かなりガッカリ。

【雑 記】

◎多摩川の流れの岸辺には行かなかったので、川の鳥はほとんど見られなかった。

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

2008/01/07 多摩川

【県 名】 東京都
【場 所】 多摩川 (日野市)
【年月日】 2008年01月07日(月)
【時 刻】 13:10-15:30
【天 候】 曇り後小雨
【観察者】 摩周
【環 境】 河川中流
【観察種】 

  1.カワウ        10.ユリカモメ      19.ホオジロ
  2.ダイサギ       11.キジバト       20.アオジ
  3.コサギ        12.ハクセキレイ     21.シメ
  4.アオサギ       13.セグロセキレイ    22.スズメ
  5.トビ         14.タヒバリ       23.ムクドリ
  6.オオタカ       15.ヒヨドリ       24.ハシボソガラス
  7.ノスリ        16.ツグミ        25.ハシブトガラス
  8.チョウゲンボウ    17.ウグイス
  9.キジ         18.シジュウカラ

★コース:多摩都市モノレール万願寺駅下車で新井橋から浅川左岸を下り、中州先端近くで折り返し、多摩川右岸を上り、駅に戻った。

【備 考】

◎知人達よりベニマシコの情報が入っていたので、それ目的で行ったが、確認できなかった。
◎替わりに、アオジ、ホオジロ、シメが多かった。
◎ノスリとオオタカは比較的近い所に留まっていた。ハイタカらしきも見られたが、明確には識別できなかった。

【雑 記】

◎カメラも持っていったが、ほとんど撮る機会はなかった。アオジ、ホオジロは撮りやすい所には出てくれなかった。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

夕景の富士山

Nitibotu080104昨日は、狭山湖に行ってきました。最初は堤防の南端で観察していましたが、3時過ぎから北端に移動。4時頃になってきたら、カメラマンが徐々に増えてきました。皆、三脚を用意しているのですが、どう見ても、鳥のカメラマンではありません。地元の方に聞いてみたら、今の時期は、ここから見る富士山の夕景が抜群に綺麗だそうで、それを撮るために三々五々集まってきた景色派のカメラマンとのことでした。最終的には、20人程になりました。
太陽は画像の左から右に移動し、画像のほんのちょっと右側に沈みました。沈んだ直後の画像です。これから、日が長くなっていくと、もっと右に移動して行きます。昨日では、4時半頃が良いとのことでそれに合わせて来ているのです。ただ、昨日は天気が良かったのですが、富士山に雲が中途半端に掛ってしまい、中には全く撮影しない人もいました。私は、どういう配置が良いのかも分かりませんし、露出をどうしたらよいのかも分かりませんので、単純にオートで撮りました。富士山の右側稜線が見えています。頂上は、ほんのちょっと雲が掛っています。

| | コメント (4)

2008年1月 4日 (金)

2008/01/04 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2008年01月04日(金)
【時 刻】 13:10-16:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 湖沼
【観察種】 

  1.カイツブリ         9.トモエガモ (2,1)  17.ヒヨドリ
  2.ハジロカイツブリ  (41)  10.オナガガモ     18.ツグミ
  3.カンムリカイツブリ(310)  11.ホシハジロ     19.エナガ
  4.カワウ          12.キンクロハジロ   20.シジュウカラ
  5.アオサギ         13.ホオジロガモ(1,0)  21.スズメ
  6.マガモ          14.ミコアイサ (1,0)  22.ハシブトガラス
  7.カルガモ         15.オオタカ
  8.コガモ          16.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎オオハムとシロエリオオハムはなかなか確認できなかったので、かなり奥の方にいるのかと思ったが、地元の方にお聞きしたら、このところ全く確認されていないとのこと。越冬を期待したが残念。私としては12月17日の確認が最後。
◎カンムリカイツブリとハジロカイツブリは、私が何度か行っている範囲では、今日は非常に多かったのでカウントした。
◎トモエガモ(♂2♀1)が確認できた。まだ、他の所でも今シーズン見ていなかったので収穫であった。
◎ミコアイサとホオジロガモは♂1羽のみ。
◎オナガガモは最初2羽程度しか確認できなかったが、4時過ぎに一気に50羽程が入ってきた。
◎オオタカ1が確認できたが、距離もあり、完璧に背中しか見られず欲求不満気味。この個体か否かはっきりしないが、先日、オオタカがホオジロガモの♀を仕留めたとの話をお聞きした。オオタカよ!、他のカモにしろ。

【雑 記】

◎家を出る時、風がなかったので、狭山湖に行ったが、観察を始め20分もしない内に、いきなり強風になった。涙がポロポロ。帰るしかないかと思ったが、その後、やや風が弱くなったので助かった。
★★遅れ馳せながら、新年おめでとうございます。細く長く無理をせず、このブログを続けたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたしますm(__)m。

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »