« 2008/08/11 谷津干潟 | トップページ | 2008/08/15 谷津干潟 »

2008年8月13日 (水)

病気に予定はない。

【鳥とは関係ない話です。】

先日のパソコントラブルと同様に、今回も私のミスからのトラブル?の話。

11日、谷津に向かっている電車の中で、とんでもない勘違いに気づいて、ちょっと慌ててしまいました。
それは、私には常用している薬があり、それが、11日で無くなったので、翌12日に掛かり付けの医院に行くつもりでした。11日は月曜で、谷津の観察センターは休みなのですが、お盆絡みで、もしかしたら開いているかもなどと電車の中考えていたのです。
その時、突然、掛かり付けの医院が、この週は全面的に休みであったことを思い出したのです。
常用している薬ですから、薬の飲めない日が12日から17日まで連続してしまうことは、何としても避けなければなりません。
その日の夕方、区役所に電話をして、このような時に開いている、緊急あるいは夜間でも見てくれる医院の情報を聞いたのですが、平日はない、との返答。
翌日、再度、区役所に電話で聞いたところ、区内の医院の夏休み一覧が出来ているようで、今週でも診察してくれる我が家から近い2~3軒の医院を紹介してもらいました。
何とか、その内の1軒に行き、院外処方箋を貰い、そして、いつもとは違うかなり遠い薬局まで行き、ようやく薬を貰うことが出来ました。

今回の件は、私が掛かり付け医院のお盆休みを知っていながら、うっかり忘れてしまっていたことによるものです。

しかし、それを別として、声を大にして言いたいことがあります。それは、何故、どこの医院も土日(土曜は半ドンの場合が多い)が休みなのでしょうか。また、盆や年末年始に決まったように、長期間休むのでしょうか。誰でもそうですが、病気は突然なるもので、病気になる予定なんてありません。こんな風に、皆が一律で休むなんて、許していいのでしょうか。

以前、私は仕事で、病院、医院、歯科医院などとかなり付き合いがありました。その時、ある歯科の先生から聞いた話ですが、新規開院をしようとしたら、地元の歯科医師会から「土日は休診日にしましょう。」と圧力を掛けられたそうです。ただ、その先生は、そんなことを聞いて、その通りにしていたら商売にならないので、日曜も診察するようにして、休診日を平日にしたそうです。
休診日はバラバラの日にするべきではないでしょうか。こんな意見が出てこないのは、なんとも私には不思議に思えます。

|

« 2008/08/11 谷津干潟 | トップページ | 2008/08/15 谷津干潟 »

コメント

まったく同感です。
私はある病を抱えていてかなり遠方のクリニックへ通院していました。
そこは患者さんも多くて待ち時間も長いです。
しばらく通っていましたが、不要な検査や分かり切っている栄養指導などを押しつけらるのに我慢ができず、そこをやめました。
金もうけ主義の医者はたとえ腕がよくても診てもらう気にはなりません。
医療費の増大を招いているのは医師会という大組織を動かして政治を左右しているからではないかと私は思っています。
休診日にしてもそうです。医師は他の職業とはちがいます。
お盆や正月など長期の休みを一斉にとられると、どうしようもありません。
これはモラルの問題だと思います。

投稿: asitano_kaze | 2008年8月13日 (水) 19:17

はははーーー。
σ(^^;)のお袋が、昨日の昼過ぎになって「歯茎が腫れて痛いので明日病院に行ってくると」と言い出しました。
何を言い出したかと直ぐに病院に電話を入れると「明日から休みますので5時までに来てください」という訳で行かせました。
結果、「膿み」を持っているので本来なら切って出したいが「明日から休みなので」と言うことで痛み止めと抗生剤の処方箋を貰い既に締まりかけた薬局を無理やり開けさせて薬を出させました。
(ーー;)やれやれ

投稿: アライグマ | 2008年8月14日 (木) 16:14

asitano_kazeさん
> 医療費の増大を招いているのは医師会という大組織を動かして政治を左右しているからではないかと私は思っています。

賛成ですね。
意味合いが違いますが、私のちょっとした知人に、今散々たたかれている省でだいぶ以前局長をしていた人がいます。この方、局長を退官してから、誰でも知っている政治に対する圧力団体で、日本で一番力も金も持っている開業医組織の事務方の総責任者に天下って行った人がいました。こんな話を知ると、日本医療の矛盾点が浮かび上がってきますよ。
先日も、母の急病で、夜遅く救急車で大学病院に担ぎ込みましたが、この時なども、急患の子供達がたくさん来ていました。当然、ほとんどが単なる発熱程度で、本来なら大学病院に行くほどのことはない患者が殆どなのです。
先日、私が体に異常を感じ、その大学病院に行きましたが、医者がゆっくり寝る暇がないと、こぼしていました。通常の外来、夜勤、論文作成等とかなり疲労がたまっているそうです。
さすが、この大学病院は、お盆だからと言って長期間の休みなんていうことはありません。
愚痴ばかり言っていると情けなくなるので、これでお終い。

投稿: 摩周 | 2008年8月14日 (木) 18:41

アライグマさん
でも、何とか間に合って良かったですね。
書きましたように、区役所に、今の時期診察してくれる医院の一覧があるという事は、この件でのクレームが多いので、それに対応しているのでしょうね。
今、私と母が世話になっている医院は古い建物で、入るのに階段が3段もあり、その部分を比較的最近に改装したのですが、何故か手すりはありません。そこから中に入るにも段差が何度もあり、現在は、やむを得ず往診で対応して貰っていますが、今時点は存在意義がないですね。家でレントゲン写真や心電図が取れる訳ではないですから。
一昨日、私が臨時に行った医院は完璧にバリヤーフリーでしたよ。道路から診察室まで、全くの段差なしです。家から車いすで楽勝で診察がしてもらえます。だからと言って、いまさら掛かり付け医を替えるわけにもいかないし。
愚痴が多くなります(^^)。

投稿: 摩周 | 2008年8月14日 (木) 18:57

事情があり今頃のコメントでcoldsweats01
我が家から3分の内科・外科医院は年中無休9時から昼休みを挟んで21時まで開業しています。
4年程前の開院当時は患者が増えるまでかもと思っていましたが今も続いていて往診も可能です。
投薬も医院でやってくれ今時、貴重と思います。

投稿: totori | 2008年8月22日 (金) 23:52

totoriさん
ヒャー、そんな立派なお医者さんがいるのですか。
このお医者さんにしたら、もしかしたら単なる商売上の問題かもしれませんが、それでも良いのです。一律で休診でなければ良いのです。
ところで、その医院は先生は一人なんでしょうかねぇ。

それに、院外処方箋も良い面もありますが、不便な面もあります。
色々な所で貰う薬を一元管理出来るのは良いのですが。
狭く何人かの人がいる薬局で、症状をあれこれ聞かれるのはイヤなものです。

投稿: 摩周 | 2008年8月23日 (土) 12:33

先生は一人でやっていて自分で調剤もやっているときもあります。
院内処方箋だと安く、手間が省けて助かります。
住居も一緒なのでいざという時に安心です。
話を30分聞いてくれて診療費を取らないときもありびっくりしました。
今はたまに風邪などで診てもらうだけですが
ホームドクターをお願いできる感じです。

投稿: totori | 2008年8月23日 (土) 22:52

totoriさん
良い掛かりつけ医って、腕が良いに超したことはありませんが、何より大事なことは、患者の話を聞いてくれること、適切なアドバイスをしてくれること、専門医を紹介してくれること、この3っではないでしょうか。
ちょっと書き辛いですが、母と私の掛かり付け医は、この点が・・・。
その点、この先生は良いですね。こういう先生との関係を大事にしておいた方が良いですよ。
患者の話を聞いてくれない先生が多すぎます。母の病の件で、大学病院に行った際、それが専門の教授に診て貰ったことがありますが、まるで教授の質問に答えれば良いという感じで、こちらの質問は無視風でしたよ。運良く母の症状はそれ程心配ないとの結論になり、その後の診察は部下の若い先生に丸投げでした(^^)。

投稿: 摩周 | 2008年8月24日 (日) 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008/08/11 谷津干潟 | トップページ | 2008/08/15 谷津干潟 »