« 2010/4/18 谷津干潟 | トップページ | シロバナタンポポ »

2010年4月19日 (月)

ソリハシセイタカシギ

昨日、谷津に行った際、葛西臨海公園で当日、ソリハシセイタカシギ2羽が出ているとの情報を聞きました。
93年冬に谷津にソリハシセイタカシギ1羽が来て、翌年3月まで越冬したことがありました。私の鳥見の始めは94年の4月からで、その後、何度か関東近辺に来たとの話もありましたが、なんやかや行けず仕舞いで終わっていました。結果として、ソリハシセイタカシギを今まで見たことがありませんでした。
今回情報を聞いて今度こそはと勇んで行ってきました。到着した途端、今出ているとのことで、スコープに入っているのを見せて貰いましたが、これが400メーター以上あり、陽炎が強くて、はっきり言って、確信を持って「見た」と断言できる状況ではありませんでした。今日、このまま終わってしまったら、ちょっと見た内に入れるのは躊躇せざるを得ないかなと思ってました。その後も何度か、誰かが見つけてくれるのですが、何千羽もいるカモメ類と一緒にいるのですから、場所の説明をしてもらい、その中から探すだけで大苦戦。その内、飛ばれてしまうのです。
13時近くに、陽炎がほぼ収まり、カモメ類と混じらない位置で2羽が出てくれました。距離は、前よりあり500メーター位はあったと思いますが、白黒模様、嘴の形、飛翔時の模様、採餌行動等を見ることが出来ました。これなら自信も持って、「見た」と断言できましたよ(^^)。
何度も飛び、嘴を振りながら、移動を繰り返していましたが、常に2羽が離れることなく行動していました。
今日は、カメラを持って行きませんでしたのでお許しください。でも、これだけ距離があると、デジスコでも証拠写真になるか否かといったところでしょうね。
※早朝には西渚にもいたようですが、私がいた時間はすべて東渚にいました。西渚の先端から東渚を見ることになります。潮が満ちてくると、もっと近くで見られるようになるかもしれません。

|

« 2010/4/18 谷津干潟 | トップページ | シロバナタンポポ »

コメント

摩周さん
初めてだったとは。しばらくいてくれると良いのですが、週末はまた凄い人でしょうな。

投稿: ラフェット多摩 | 2010年4月19日 (月) 21:25

摩周さん
きょうはお世話になりました。
お陰さまで何とか判別でき初めて出会えた鳥と言えます。
谷津干潟でも夏羽のサルハマシギに出会え、これも初見
で遠くても行って良かったと満足です。

投稿: totori | 2010年4月19日 (月) 21:44

摩周さん、こんばんは。
見られて、良かったですね。

谷津に来たのは93年ですか。
その時、鳥を撮影し始めたころで、重いレンズを担いで行ったのを思い出しました。

投稿: | 2010年4月19日 (月) 21:55

ラフェット多摩さん
いる場所が東渚ですから、余程近くに来ないと写真は難しいですね。
デジスコでも無理があります。
この面では、意外に人は少ないかも。
淡水池か汽水池に入ってくれれば最高ですけど。
当日で、多い時で20名弱でした。

投稿: 摩周 | 2010年4月20日 (火) 16:13

totoriさん
夏羽のサルハマシギは意外と見られないですし、ましてやソリハシセイタカシギ2羽は珍鳥度合いかなり上位ですね。
ソリハシセイタカシギは距離の遠いのが難点ですが、贅沢は言わない方が良いでしょう。
ゴソッといるカモメ類の中から見られただけで満足ですよ。

投稿: 摩周 | 2010年4月20日 (火) 16:17

秀さん
あるサイトに「1993年11月23日から1994年4月10日まで・・・」と書いてありました。
この時は、直ぐにでもいなくなってしまうかもと、大勢の人が押し寄せたようですね。
ところが、結局、越冬したのですよね。
今回は2羽に価値がありますね。

投稿: 摩周 | 2010年4月20日 (火) 16:23

ソリハシセイタカシギですか。初めて聞く名前です。
自分の目で確認できてよかったですね。
距離があるようなので、写真はとうてい無理でしょうが、スコープで姿を見られれば嬉しいですよね。
そこまで遠かったら、大砲レンズがごった返す騒動も起きないでしょう。

投稿: asitano_kaze | 2010年4月20日 (火) 17:14

asitano_kazeさん
500メーター離れていても、空気が澄んでいれば、大きい鳥で特徴がありますので、識別に問題はありません。
ただ、カモメ類の中にスッポリ入っていると、見つけるのは容易ではありません。
これだけ距離があると、大砲レンズではどうにもなりませんね。
もし、汽水池あたりに来ると、擬岩の観察場所では喧嘩?(^^)m(__)m。

投稿: 摩周 | 2010年4月20日 (火) 20:27

摩周さん、ソリハシセイタカシギが見られてよかったですね。
 93年に来たときはすぐにいなくなってしまうのではと気が気でなく、週末になるやいなや出かけて見てきたのを覚えています。長年の憧れの鳥だったので、見たときは感激しました。結局翌春まで越冬したので、首都圏のほとんどのバーダーは見たと思います。5年位前にも沖縄で思いがけずお目にかかれましたが、他に見ている人はいませんでした。この頃は鳥の写真は全く撮っていなかったので、すぐ近くだったのにも関わらず写真は残っていません(^^;)。

投稿: ペン | 2010年4月23日 (金) 21:56

ペンさん
93年の谷津以降何度か関東に来ていたようですが、余程の珍鳥派でないと遠方には行きませんから、それ以降に鳥見を始めた人は見に行く人は多いでしょうね。でも、距離があるので躊躇する人もかなりいるでしょう。
ところで、キヅタアメリカムシクイを見に行かれたようですね。凄い根性ですね。私も早い段階に情報は貰ってましたが、母の介護もあり、結局行きませんでした。ちょっと残念ですが、致し方ありません。

投稿: 摩周 | 2010年4月24日 (土) 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010/4/18 谷津干潟 | トップページ | シロバナタンポポ »