« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

ミソハギ

Misohagi1006252水で濡らしたミソハギを振って、滴を落とし浄める。
この花が、マメ科のハギに似ていたので、禊ぎ(みそぎ)をするハギでミソハギだそうです。

| | コメント (2)

キツネノボタン

Kitunenobotan100625「キツネノボタン」と「ケキツネノボタン」の識別は意外と難しいようですね。
でも、これに関しては名札がハッキリと付いていましたので・・・。
花弁に艶があり、小さいですが、綺麗な花でした。

| | コメント (4)

2010年6月29日 (火)

チダケサシ

Tidakesasi100625ユキノシタ科
ヨーロッパで作られた園芸種アスチルベと同じ仲間。
アスチルベは花壇でよく使われていますね。
このチダケサシは日本の自生種。
チョウは全く分かりませんが、アオスジアゲハでよいのでしょうか。。

| | コメント (2)

ヤブレガサ

Yaburegasa1006262撮影にはかなり苦労しました。
近くで撮れるの株を探し、一番の花期タイミングに合わせ、風がないこと等。
出来は不満ですが諦めます。

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

キツリフネ

Kiturihune1006242たった一輪だけが咲いていました。
連続で咲くのかと期待していたら、これで終わりでした。

| | コメント (0)

ウマノスズクサ

Umanosuzukusa100624「馬の鈴草」。
葉の形が馬の顔で、花後にできる果実が馬につける鈴に似ているからだそうです。

| | コメント (2)

2010年6月27日 (日)

オオヤエクチナシ

Ooyaekutinasi100626
園芸用でしょうけど、天然物より見栄えがしますね。

| | コメント (0)

オオバジャノヒゲ

Oobajanohige100622ユリ科。
地味な花ですね。
中途半端な距離で、近づけずで苦労しました。

| | コメント (0)

キキョウ

Kikyou100626キキョウの白花です。
綺麗で良いですね。
図鑑によると白花や二重は園芸種のようです。
ところで、難しいことは分かりませんが、キキョウの仲間は「雄しべ先熟」とかいう特徴があるそうです。
たぶんこの写真にその現象が出ているのでは(?)。

| | コメント (4)

2010年6月26日 (土)

ナツツバキ

Natutubaki1006182花弁の縁が波を打っており、また、鋸歯があるんですね。
特徴のある花ですので忘れないでしょう。

| | コメント (0)

オカトラノオ

Okatoranoo100624_2花を見るようになって、一番気に入っている花は何かといえば、このオカトラノオです。
咲いた花がだんだん増えてくるのを見ているのは楽しみです。
どうやら、今頃がピークを過ぎ始めた感じですね。

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

ノハラナデシコ

Noharanadesiko100620ナデシコ科
直径10mもない草地で周りは舗装道路。
その島のような所にネジバナ20本ほどと一緒に咲いていました。
ヨーロッパ産の帰化植物ですが、なかなか小さく綺麗な花でした。
撮影した翌々日、すべて刈り取られてしまいました。
当然、ネジバナもです。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

ムラサキシキブ

Murasakisikibu100622暗かったり。
風で被写体ブレ。
手ぶれ防止機能といえども等倍だと厳しい・・・??
意地でも三脚は使用せずで。
3日間に渡り、計80枚近く撮りましたが、満足なのが1枚もありません。
この辺で諦めて、アップします。

| | コメント (0)

キキョウ

Kikyou1006222花が開花というより破裂と言った方がよいような。
日本には古来別の日本名があったようです。
それが何時の間にか中国名の桔梗をキッコウと音読みし、それが今のキキョウとなったようです。
でも、英名は balloon flower(風船の花)で、この方がピッタリ。

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

クチナシ

Kutinasi100619


真ん中を紐で縛り、吊した感じ。

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

ハンゲショウ

Hangesyou100619ハンゲショウは半夏生または半化粧から来ているらしい。
私には半化粧の方がピッタリ。
花が地味なので、葉を白く変化して目立たせるのだという。
だから、結実すると元の緑に戻るという。なるほど。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

ヤマホタルブクロ

Yamahotarubukuro1006202ここで、最初に見たのがホタルブクロでした。
そうなると、その後似たものは全部ホタルブクロと思ってしまう。
先入観で見るのはダメですね。
よくよく見ると、ヤマホタルブクロもあるのです。

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

キンシバイ

Kinsibai100618最初、図鑑を見ただけでは分からず、ビヨウヤナギをキンシバイと思ってました。
先日、知人から丁寧に教えてもらいました。
よくよく見ると違うのですが、一寸目には似ています。
今の時期、この二つはどこに行ってもありますね。

| | コメント (0)

ヘメロカリス

Hemerokarisu100618日本や中国原産のユウスゲやカンゾウがヨーロッパなどに導入されて、品種改良されてできた園芸品種を俗にヘメロカリスと呼ぶそうです。
広い意味では元の野生種も含むそうです。
花が短命で1日しかもたないことから別名デイリリー。
へメロはギリシャ語の「1日」、カリスは「美」の意味。
この花の前には品種の名札はないのですが、公園側の資料から間違いないと思います。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

マツモトセンノウ

Matumotosennou1006182ナデシコ科。
結構手入れがされている所にポツンと1本だけありました。
何故ここにあるのか不思議な感じ。
この2日前には花は1輪だけでしたが、この日は3輪になってました。
「松本仙翁」の「松本」は何からきたのかはいろいろ説があったようです。
結論は、この花は中国や朝鮮から渡来し、それを広めたのが信濃国松本で、それから採ったそうです。

| | コメント (0)

カワラナデシコ

Kawaranadesiko100618女子サッカーの全日本チームの名称を公募した結果「なでしこジャパン」となりました。
この花からどういうイメージなんでしょうか。
漢字の撫子の子からきたのでしょうか。
私にはこの花から女子のイメージが湧きにくいのですが。
白花もあるようですが、私は見たことがありません。

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

ビヨウヤナギ

Biyouyanagi100618この1週間くらいの間で、いろいろな所で急に見るようになりました。
それにしても見事な雄しべですね。

| | コメント (0)

ネジバナ

Nejibana100618_2どこかにないか探していました。
今日、期待もしていなかったような場所で見つけました。
まさかこんな所で、という感じ。
それにしても面白い花ですね。

| | コメント (0)

オオヨシキリ

Ooyosikiri1006172昨日、葛西臨海公園のウォッチングセンターから撮りました。
声はさんざん聞こえるのですが、姿が確認できませんでした。
実は、この竹の下が葦原なのですが、先入観でその葦の先に止まっているとばかり思ってました。
いくら葦の穂先を探してもいないので、今の時期に、葦原の中に潜っているわけはないよなぁ、と首を傾げてました。
20分ほど経ってから、飛んでくれてようやく確認できました。
ちょっと距離があって、かなりトリミングしてます。

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

2010/06/17 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2010年06月17日(木)
【時 刻】 10:30-14:30
【天 候】 晴れ 
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ     8.オオバン        15.ツバメ
  2.カワウ       9.ミヤコドリ       16.ヒヨドリ
  3.ダイサギ      10.コチドリ        17.オオヨシキリ
  4.コサギ       11.セイタカシギ      18.スズメ
  5.アオサギ      12.キジバト        19.ムクドリ
  6.カルガモ      13.ヒメアマツバメ     20.ハシボソガラス
  7.ホシハジロ     14.カワセミ

【備 考】

◎ミヤコドリは1羽で西渚にいた。
◎スコープを持っていかなかったので、東渚の鳥は特定出来なかった。
 カモメ類も遠くて識別出来なかった。

【雑 記】

◎このところ植物の画像ばかりで、鳥のフィールドノートや画像が全くない。
これでは鳥見を止めてしまったのかと心配の向きもあったようだ(^^)。
私にとって、今は鳥見に決して良い時期ではない。
でも、これでは駄目だと、今日しばらくぶりに鳥見で葛西臨海公園に行ってきた。
しかし、やはり低調で、サギ類とて近くでは見られなかった。
撮影も30枚ほどで、距離が遠くてとても使えない感じ(T_T)。
7月の半ばになればシギチが来始めるが、それまで鳥見はちょっと成果なしかも。
それとも、特定の鳥に狙いをつけて撮影に行くのが良いかも。

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

ハグマノキ2

Hagumanoki1006152白と桃色の2本の木がありました。
拡大写真です。
煙や霞の正体です。

| | コメント (0)

ハグマノキ1

Hagumanoki100615ウルシ科
漢字では「白熊の木」
別名でスモークツリー、煙の木、霞の木。
別名の方がピッタリ。

| | コメント (0)

オヘビイチゴ

Ohebiitigo100610_2名前が似ていますが、ヘビイチゴとは属が違うそうです。
いろいろな所で見かけますね。
雑草の部類かもしれませんが、私の好きな花です。

| | コメント (0)

ノガンゾウ

Nokanzou100612ユリはいろいろ種類があるようですが、花びらの真ん中に黄色の筋が入っているのが特徴。
ユリの仲間は見栄えが良いですが、皆、ずいぶん派手な花ですね。

         2010.6.12 撮影

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

ミヤコグサ

Miyakogusa100612雑草の緑の所に、時々ドクダミの白が。
そこに、このミヤコグサの1センチ程の黄色が群生しているのでとても目立ちます。
よくよく見ると何とも不思議な形です。
たくさんあるので、今度、一つくらい花を分解してみようかと・・・。


       2010.6.12 撮影

| | コメント (0)

2010年6月13日 (日)

オカトラノオ

Okatoranoo1006122_2この花目当てで、期待して行ったのですが。
ちょっと早すぎたようで、数は多いのですが、皆つぼみ状態。
これだけが咲いてました。それも花3つのみ。
それだけに余計綺麗に見えました。

           2010.6.12 千代田区にて

| | コメント (2)

2010年6月12日 (土)

オニノヤガラ2

Oninoyagara1006104上部の拡大写真です。
普通の花とまるで感じが違いますね。

| | コメント (0)

オニノヤガラ1

Oninoyagara1006103_3超ジャンボなツクシ(土筆)という感じ。
高さ1メーターくらいあります。
ラン科。
オニノヤガラ、漢字で「鬼の矢柄」。
巧い表現ですね。
ナラタケの菌糸と共生する葉緑素のない腐生植物。
と図鑑に書いてあります(^^)。

             2010.6.10 千代田区にて

| | コメント (0)

カラタネオガタマ

Karataneogatama100609カラタネオガタマ、漢字で書くと「唐種招霊」。
江戸時代中国から入ってきたそうです。
モクレン科常緑小高木。
約3センチ程の花でどうっていうことはありません。
俗称がバナナツリー。
そうです。花の臭いが熟れたバナナの臭いなのです。
私も嗅いでみましたが、確かに全く同じでした。

                      2010.6.9 立川市にて

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

ホタルブクロ

Hotarubukuro100609我が家から近い2つの公園も含め、どこにもホタルブクロはありますね。
そのうちの1つの公園は、園芸種を植えている花壇に白紫両種がゴソッと群生していました。
あまりの多さに驚きました。
綺麗に手入れされて雑草などほとんど無い所に群生ですから、ちょっと有り難みがありません。
この画像の所は、雑草の間からポツンと顔を出していました。

                      2010.6.9 立川市にて

| | コメント (0)

タイサンボク

Taisanboku100609樹木の花としては今の時期の代表選手。
花びらの大きさとその厚みの存在感には圧倒されます。

       2010.6.9 立川市にて

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

クガイソウ

Kugaisou100605ゴマノハグサ科。
輪生する葉が層をなしてつくことから九蓋草と名付けられたそうです。


     2010.6.5 港区にて

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

ドクダミ

Dokudami100604今の時期、どこに行ってもあるのがドクダミ。
ハルジオンからバトンタッチされたようです。
スペースを独り占めしている感じ。
八重があるのですね。

        2010.6.4 文京区にて

| | コメント (0)

トケイソウ

Tokeisou1006072中南米が原産地のつる植物。
トケイソウとは時計草で、いろいろ種があり総称のようです。
文字盤には目盛りがあり、時分秒の針がちゃんと3本あります。
よくよく見ると、針が動いています(嘘ッ!)。


                2010.6.7 立川市にて 

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

カワラサイコ

Kawarasaiko100604キジムシロ属なので、同じ仲間のキジムシロ、ミツバツチグリとよく似ています。
不思議な幾何学模様なので目を引かれました。
真ん中が見事な星形。

       2010.6.4 文京区にて

| | コメント (0)

イイギリ

Iigiri100602イイギリって秋冬の赤い実のイメージばかりでした。
鳥が大好きなんですよね。
雌雄異株だなんて知りませんでした。
雄花です。
今日見たらほとんどの花が下に落ちていました。

              2010.6.2 立川市にて

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

アマチャ

Amatya100604子供の頃、4月8日花祭りのお寺で甘茶を飲ませてもらいました。
そして、甘茶を仏像に注ぎかけるのでした。
この甘茶がアマチャから出来るのです。
ガクアジサイの変種だそうです。

     2010.6.4 文京区にて

| | コメント (0)

ハゼノキ+イロハモミジ

Zassyu1003041本の木に名札が2つ付いています。
真っ直ぐ上に伸びているのがハゼノキ、左上に伸びているのがイロハモミジです。
この画像では分かりませんが、樹肌も全く違います。当然、葉も違います。
勝手に想像すれば、最初にハゼノキがあり、あとでイロハモミジが出てきて、ドッキング?したのでしょう。

              2010.6.4 文京区にて

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

シモツケ

Simotuke100604木本のシモツケです。
この前を何度も通りましたが、いつもハチや昆虫が飛び回っていました。
今、一番人気の花っていう感じでした。

         2010.6.14 文京区にて 

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

ジギタリス

Jigitarisu100604母がジゴキシンという名前の心臓の薬を3年近く飲んでいました。
この薬って、元々はゴマノハグサ科のジギタリスから抽出されたものなんですね。
薬の名は植物名からきているのです。
特効薬として大変有名で、かなり使われているようです。
和名はキツネノテブクロ(狐の手袋)というそうです。

          2010.6.4 文京区にて

| | コメント (2)

ホタルブクロ

Hotarubukuro100603撮影の時、私の逆側に花が向き、向こう側に花があるのです。
私が北を背にして、花は南向きなので、花の後ろ姿を見ている感じになります。
足を突っ込むことなく、体を必死に前に出し撮影しました。


        2010.6.3 練馬区にて

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

アサザ

Asaza1006022池や沼などに生える多年生の水草。
花冠の縁が和紙をハサミで切らずに手でちぎった感じ。
不思議な魅力があります。


      2010.6.2 立川市にて

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

ニワゼキショウ

Niwazekisyou100602雑草」の定義は別として、これなどは雑草に入るのでしょうね。
北アメリカからの帰化植物ですが、私は好きですね。
人が通る道の端などによく見かけます。
たくましいですね。

               2010.6.2 立川市にて

| | コメント (2)

ユリノキ

Yurinoki100602_2この木には苦労させられました。
10本くらい見たのですが、花が咲いてない木が多いのです。
ここで、見た範囲では一番大きい木にも咲いていませんでした。
もっとも、かなり上に花を咲かせる場合が多いようなので、咲いているのに見られない可能性もあります。
今日ようやく咲いている木を2本見つけました。
終わっている花もかなりあり、上の方ばかりでこの画像で精一杯でした。

                        2010.6.2 立川市にて

                

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »