« チダケサシ | トップページ | ミソハギ »

2010年6月30日 (水)

キツネノボタン

Kitunenobotan100625「キツネノボタン」と「ケキツネノボタン」の識別は意外と難しいようですね。
でも、これに関しては名札がハッキリと付いていましたので・・・。
花弁に艶があり、小さいですが、綺麗な花でした。

|

« チダケサシ | トップページ | ミソハギ »

コメント

あれ~?
もしかして同じ所に同じような日に行きましたか?
目黒の方へ(^^ゞ
私は10年間くらい道端の草を見ていて(鳥見のついでです(^^))、先日の日曜日に初めてケのないキツネノボタンを見ました。
田んぼの畦道や湿地には茎や葉に毛が多いケキツネノボタンばかりです。
山で毛のないキツネノボタンを見つけて「初めてキツネノボタンを見つけた」と言ったら「そりゃヤマキツネノボタン」と言われてしまった。

果実にくちばしのようなカギ形がありますが、これで獣にひっつくのかも知れませんが、この形がケキツネボタンは先が余り曲がらないのに対し、キツネノボタンは先が下に大きく曲がって引っかかり易くなっています。
しかしヤマキツネノボタンも果実は同じ形で、図鑑「野に咲く花」には『キツネノボタンの茎は普通無毛だが、茎が細くて斜上する毛があるものがあり、これをヤマキツネノボタンとして分ける説もある』とあり、私が目黒で見たものの茎の下の方には(上の方はほぼ無毛)斜上する毛が沢山ありましたので、厳密にはヤマキツネノボタンになるのかも知れません。

投稿: 都鳥 | 2010年6月30日 (水) 18:05

都鳥さん
おやおや、同じような所に行ったようですね。
目黒(港区)のここは、都心で行きやすい所なので、母を介護する以前、散歩がてらに何度か行ったことがあります。
広過ぎずで、なかなか良い所です。
ところで、植物名の名札ですが、こんな権威のある所でも違っていることがあるのですね。
25日行った際、ヤマホタルブクロの前に、「ホタルブクロ」の名札が差し込まれていました。
運良く、この二つの識別ポイントを知っていましたので、帰り際、「違っていると思いますよ。」とメモを置いてきました。
家に帰って、ここのWebでの「花情報」を見たら、訂正とお詫びが載っていました。
キツネボタン類も意見を言ってみてはどうですか。

投稿: 摩周 | 2010年7月 1日 (木) 20:20

はっきりと「ヤマキツネノボタン」と言える知識がないので、ヤマキツネノボタンもキツネノボタンの内、と私はして置くことにします。
毛が多い少ないで種類を分けるのは、私はキライなんです(^^;
だって、毛の量って微妙じゃないですか。

ケキツネノボタンは葉も茎の毛深さも果実も違いますから、これは完全に別物で、キツネノボタンを知っていればすぐに分かります。

ホタルブクロは、初めに入った休憩室のポスターにはヤマホタルブクロの写真が載っていたのですが、その後に私達が見た所では「ホタルブクロ」の立て札があったので、ガク片の反り返りを確認して立て札が正しいことを確認しましたが・・・・もしかしてヤマホタルも混じっていたりして?(^^;;

投稿: 都鳥 | 2010年7月 1日 (木) 23:16

都鳥さん
正確に書くと、武蔵野コース左 32にあるのはホタルブクロで正解。
すぐ近くの武蔵野コース右43にあるのは、看板はホタルブクロでしたが、正しくは、ヤマホタルブクロでした。
昭和記念公園で群生している場所で見ると、混じっていますね。
多くが栽培されている状態ですので、ホタルブクロのつもりだったが、花が咲いてみたらヤマホタルだった可能性が強いでしょうね。

投稿: 摩周 | 2010年7月 2日 (金) 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チダケサシ | トップページ | ミソハギ »