« シロネ | トップページ | コバギボウシ »

2010年7月 6日 (火)

ネジバナ

Nejibana100702ネジバナは何本も見ていましたが、初めての白花です。
人が立ち入り禁止の手入れされた芝生にあり、高さ10センチ程でした。
3日後に行ったら、もう影も形もありませんでした。
間違いなく、取られたのです。

|

« シロネ | トップページ | コバギボウシ »

コメント

ネジバナの白花があるとは聞いていましたが、まだ出会ったことはないです。
いやなかなか美しい佇まいですね。
それにしても、すぐになくなるとは、どうしたことでしょうか。
情けない限りです。見てたのしめばよいものを。
自分のそういう姿が大げさに言えばこの日本を衰退させるということに気がつかないのでしょうか。

投稿: asitano_kaze | 2010年7月 6日 (火) 21:09

asitano_kazeさん
植物に詳しい知人からの話で、ラン科のような特殊な花は家に持ち帰っても育てられないと聞いています。
ネジバナはよくよく探すと結構あるもので、たとえば昭和記念公園だけでも、200本くらいは見ています。(大きさは別として)
昭和記念の日本庭園の綺麗に刈り込まれた立ち入り禁止の芝地にポツンと1本だけ生えていました。
それだけに、目立っていました。
昭和記念で野草がある所には「取らないでください」と書いてあるA4判くらいの看板が何枚もあります。
何とも情けない話です。
脱線しますが、私が、結構利用している初歩的な図鑑に、エビネが載っていません。
「オキナグサ」の項に、この草が人に取られてしまい、数がずいぶん減ったと書かれています。
そして、最後に、「結局、そのような理由で、この本ではあえて取り上げなかった種類がいくつもあります。」と書いてあります。
図鑑に、こんなことが書いてあるとは情けなくなります。
(しかし、図鑑と銘打つっている以上、こんな理由で、載せないのは全く本末転倒で、承服できませんが。)

投稿: 摩周 | 2010年7月 7日 (水) 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロネ | トップページ | コバギボウシ »