« メハジキ | トップページ | 2010/08/21 谷津干潟 »

2010年8月20日 (金)

小石川植物園

Koisikawa100820ショクダイオオコンニャクの時は混雑で入れませんでしたので、今日のんびり行ってきました。
入園の門で、「ショクダイオオコンニャクは見られるのですが?」と聞いたら、「一般の方にはお断りしております。」と笑顔で丁重に断られました。

先日、テレビで、有名になった園長さんが出て言ってました。
建て替えが必要な温室で何かが落ちてきたりするか分からないので、ヘルメットなしで中に入るのは禁止している由。
新しく立て直すのに、10億円必要だが、現状は2000万円しか集まっていない由。(この金額で聞き間違いはないと思います。)
この金額では建て替えはいつになることやら。

今は雑草が生い茂る季節ではありますが、薬草園なんか、あちこちでキツネノマゴに覆い尽くされていました。
素人の私には、どこに薬草があるのか分からない状態(ちょっとオーバー?)。
とは言え、ハッキリ記憶してませんが、6月初旬頃に、5~6人が入って、ここの手入れをしていました。
あっという間に、ここでは望んでいない草が生えてきてしまうのですね。
薬草園ほどではありませんが、分類標本園ももう少し手入れが出来ればと思いました。
名札の前で花が咲いていても、それが全然関係ない花であったりしてます。維持管理にはお金が掛かりますね。
ちょっと不思議なのは、ここではボランティアはいないようですね(?)。

ショクダイオオコンニャクの時は、1日で11,000人入ったようですが、今日のお昼の時点では絶対に30人以下でしたね(保証書付き)。
帰りに門をよくよく見ると、B4位の大きさで画像の紙が貼ってありました。

|

« メハジキ | トップページ | 2010/08/21 谷津干潟 »

コメント

摩周さん ご無沙汰しています。
 私は、有る情報を基にして、ひょっとすると考えて19日に出かけ蕾を観察してきました。21,22日は、用があって出かけられなかったので、花を見ることが出来ませんでした。
 なお、この植物園にも受付をはじめ案内などのボランティアさんがいらっしゃると思います。

投稿: kita | 2010年8月20日 (金) 20:05

キタさん
ご無沙汰しています。
私は、ニュースでは聞いていましたので、早めに行けば良かったのですが、まさかあれほど混むとは思ってませんでした。
見るよりも匂いを嗅ぎたかったのです。残念。
ここには、フリーパスのような物がありませんので頻繁には行けません。
そのためでしょうか、ボランティアさんを殆ど見たことがありません。
名札の花より、周りの雑草が目立っているような場合もあります。
あまり言うと、それならあんたが行って、草取りをしろなんて言われそうですけど(^^)。
最後に、私は雑草大好き派です。

投稿: 摩周 | 2010年8月21日 (土) 19:57

>それならあんたが行って、草取りをしろなんて言われそうですけど・・
そうですね。そうすれば無料では入れるのですが。
私も勿論お金を払って入っています。往復の交通費も入れると結構な金額になります。
なお、先生・研究員や技術関係の正規の職員の方も思ったより少なそうです。

投稿: kita | 2010年8月22日 (日) 07:35

kitaさん
そちらから、小石川植物園まではずいぶんお金が掛かりますね。
ちょっとしたハイキングですね。
フリーパスのような物もないし、確かに、大学側の人もあまり見かけませんね。
その分、普通の時は本当に静かな所です。
植物学なんて地味な学問ですから、不景気の世の中にはなかなか予算が貰えないでしょうね。
スーパーコンピュータの開発が、世界で2番手ではいけないのですか?、という政権では、予算は期待できないでしょう。

投稿: 摩周 | 2010年8月23日 (月) 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メハジキ | トップページ | 2010/08/21 谷津干潟 »