« ナンバンギセル | トップページ | ハマカンゾウ »

2010年8月30日 (月)

キツネノマゴ

Kitunenomago100830キツネノマゴ科。
最初にこの花を見たのが昭和記念公園でした。
名前は何というのだろうと思いながら、歩き回っていたら、いたる所に生えているのです。
1週間前にはこの花を見た記憶がありませんでしたので、この間に一斉にいろいろな所で咲き始めたのでしょう。
いろいろな場所で雑草類を見ていると、あの公園ではどこでも咲いているのに、別の公園では殆ど(?)咲いていないという経験をしたことがあります。
でも、このキツネノマゴは、どこでも一斉に咲き始めたようですね。
どこに行っても、覆い尽くしています。
有り難みはありませんが好きな花です。
名前は、花穂をキツネの尻尾に見立て、ずっとずっと小さいから孫だそうです。
余談ですが、イヌゴマなんていう名前を知ってて、似てましたので、キツネノゴマ(狐の胡麻)と読んでました。
どんな初歩的な図鑑でも、漢字名を書いてくれないと困りますね。
どこで区切って読めば良いのか分からないし、名前の由来の見当がつきません。
以前、この図鑑でジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)をジロボウエンゴ草としばらくの間思ってました。

|

« ナンバンギセル | トップページ | ハマカンゾウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンバンギセル | トップページ | ハマカンゾウ »