« キツネノカミソリ | トップページ | 2010/08/07 谷津干潟 »

2010年8月 6日 (金)

ウバユリ

Ubayuri100803ユリ科。
花期に茎の一番下側につく葉(歯)が枯れていることから、歯が少ない“姥”に例えての名。
ところで、大きなユリ類を見ていると、この写真にもあるように花の下辺りの茎に白いものが付いていることがよくあります。
これなんでしょうか?
アブラムシの卵とか聞いたことがあります。
本当なんでしょうか?
ご存じの方、お教えください。

8月10日追記
花の下の白いのは何? との質問を書きましたが、これを見た知人のKさんより返答メールを貰いました。
それはアオバハゴロモという虫だそうです。
幼虫は白い分泌物を出し、それに覆われることで身を守るそうです。
これで疑問は解決しました。
ありがとうございました。
Kさん! メールでなくて、コメントで書き込んでくださいよ(^^)。

|

« キツネノカミソリ | トップページ | 2010/08/07 谷津干潟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キツネノカミソリ | トップページ | 2010/08/07 谷津干潟 »