« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | サクラタデ »

2010年10月 8日 (金)

ミゾソバ

Mizosoba10102タデ科。
“溝蕎麦”
溝のような湿った場所に群生し、花や姿が蕎麦に似ているからの名前。
タデ科の花は似ているのが多いですが、この花はちょっと大きめで、他に比べると識別しやすいかも。
この画像には写っていませんが、葉が牛の顔に似ているので、“牛の額”という別名があるそうです。確かに似ている!。

|

« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | サクラタデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヨドリジョウゴ | トップページ | サクラタデ »