« 2010/12/06 狭山湖 | トップページ | ハジロカイツブリ »

2010年12月 6日 (月)

オオホシハジロ

Oohosihajiro1012今日、狭山湖で見たオオホシハジロと思われる個体です。
私は、♂エクリプスと判断しました。
4~5人で見ましたが、オオホシハジロで間違いないだろうの意見でした。
私の非力なカメラでも、もう少し良く撮れていると期待したのですが・・・(T_T)。
かなり無理はトリミングをしています。
証拠写真になりますでしょうか(^^)。
スコープで見た感じでは、頭部分や目の色はもっと明るい感じです。
間違いがありましたらお許しくださいm(__)m。
100メーター弱の距離で光が斜めからで、頭部の茶色が濃く見えたので私は♂と判断してしまいました。
近いうちにもう一度行くつもりです。
一緒に見た方がデジスコで綺麗に撮っておられました。
こういう時のデジスコは威力がありますね。
私の670ミリでは悲しくなります。

12月7日追記
鳥に詳しい知人にこの画像を見ていただいたところ、オオホシハジロで間違いないと思うが、♀ではないかとのことでした。
12月17日追記 
その後、この個体に関して多くの方の議論があり、最終的に、オオホシハジロではなく、ただのホシハジロであろうとの意見がおおかったそうです。
訂正いたします。申し訳ありませんでした。

|

« 2010/12/06 狭山湖 | トップページ | ハジロカイツブリ »

コメント

同じ種類の鳥でも、個体差がありますから、この鳥はただのホシハジロなのかも知れませんが、嘴の長さを見ると、やはり違う種類の鳥にみえますね。
私の場合は、こういう時、行動パターンや飛翔パターンも識別の参考にします。例えば、先日、葛西臨海公園でミミカイツブリを見た時は、ハジロカイツブリではないという確信が持てなかったのですが、本の中に「ミミカイツブリは単独行動をする」との記述があり、実際にそうだったので、確信できました。
オオホシハジロの行動パターンは知りませんが、ホシハジロの群れから離れていたのなら、可能性が大きくなりますね。
まあ、それも個体差だと言われてしまえば、それまでですが。

投稿: キトー | 2010年12月11日 (土) 20:03

キトーさん
本当に識別には迷う場合がありますね。
今回のオオホシハジロでも、本当の結論はどうやって出すかという問題もあります。
まさか、鳥に聞いても答えてくれませんから(^^)。
行動パターンは大いに参考になりますね。
しかし、これだけで結論は出せないのが辛いです。
オオハシハジロも何故か奥のホシハジロとは全くの別行動に見えます。
どちらにしても、多くの人を当分の間悩ませてくれるでしょう。
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリの識別は容易ですよね。
ミミカイツブリとハジロカイツブリはおでこの凹具合で分かります。
あまりいませんが、アカエリカイツブリとミミカイツブリの識別は遠いと辛いでしょうね。
状況によりますが、逆にカンムリとミミの識別が紛らわしいかも。

投稿: 摩周 | 2010年12月12日 (日) 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010/12/06 狭山湖 | トップページ | ハジロカイツブリ »