« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

ルリビタキ

Ruribitaki11012今シーズン、ルリビタキは♂♀とも何度か見ているのですが、なかなか撮影チャンスに恵まれません。
また、私が見つけて、自分が撮りやすい位置へ移動したら、別の方が違う所から撮影していた、ということが何度かありました。
どちらが先かは分かりませんが、あまり他人には迷惑?を掛けたくないので、こういう場合は自ら引き下がります。
♂完全成鳥の1年前と思われる個体もいるのですが、まだ撮れていません。
私の非力なカメラでは、できれば10m以下で撮りたいです。
前記事のジョウビタキと同様もう一粘りしないと。

| | コメント (0)

2011年1月30日 (日)

ジョウビタキ

Joubitaki1101今シーズン、ジョウビタキは昨年に比べて少ないような気がするのですが、どうでしょうか?
♂は2~3度見ていましたが、撮影出来たのはこれが最初。
近くに来るといっても、まだ、警戒心が強いようです。
一シーズンで、ジョウビタキ♂をちゃんと?撮影したいですから、再度挑戦します。

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

ツグミ

Tugumi1101我がブログにようやくツグミが出てきました。
ようやく下に降りてくるようになったのです。
これは、単なる人間に対する慣れなのでしょうか。
それとも、他の要素となると、餌のことくらいしか考えられませんので、餌が下にあるようになったのでしょうか。

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

2011/01/28 昭和記念公園

【県 名】 東京都
【場 所】 国営昭和記念公園 (立川市・昭島市)
【年月日】 2011年01月28日(金)
【時 刻】 10:50-15:40
【天 候】 晴れ
【観察者】 Yさん 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ   (2)  11.セグロセキレイ  (2)  21.シジュウカラ  (6)
  2.ダイサギ    (1)  12.ビンズイ     (2)  22.メジロ     (2)
  3.アオサギ    (1)  13.ヒヨドリ    (10)  23.カシラダカ   (2)
  4.カルガモ   (35)  14.ルリビタキ   (1,1)  24.アオジ     (3)
  5.オオタカ    (2)  15.ジョウビタキ  (1,1)  25.カワラヒワ   (1)
  6.ハヤブサ    (1)  16.トラツグミ    (1)  26.シメ      (3)
  7.オオバン    (1)  17.アカハラ     (1)  27.スズメ    (30)
  8.キジバト    (6)  18.シロハラ     (5)  28.ハシボソガラス
  9.コゲラ     (1)  19.ツグミ     (15)  29.ハシブトガラス
 10.ハクセキレイ  (4)  20.ウグイス     (1)

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎猛禽類は飛んでいるのを確認。ここではハヤブサは珍しい。
◎ジョウビタキ、ルリビタキがよく見られた。
◎今日もトラツグミは充分見られた。余程近付かない限り逃げない。
◎このところ、ツグミがかなり下に降りてくるようになった。もう少しで、開けた芝生に出てくるだろう。

| | コメント (0)

ヒヨドリ

Hiyodori1101どこに行っても居るし、いつも大きな声で鳴いているし。
あまり綺麗な鳥ではありませんが。
でも、よくよく見ると決して醜い鳥ではありません。

| | コメント (0)

2011年1月27日 (木)

トラツグミ

Toratugumi1101トラツグミは珍鳥というわけでは全くありませんが、比較的少なく、綺麗な金と黒の模様から人気のある鳥です。
昨シーズンは、狭い範囲に3羽ほどが居たせいか、何度も見て、撮影もちゃんと出来たのですが、すべてが地表ばかり。
なんとか、木に留まっているのを、と狙ったのですが、結局撮れずじまいで終わってしまいました。
落ち葉の所で餌探しがトラツグミのイメージですから、それで良いのかも知れませんが、木に留まっている方が絵にはなります。
昨日、ピッタリ丸2年の念願が叶い、木に留まっている姿を撮影できました。
鳥の体に光の明暗が出てしまい満足な画像ではないのですが、欲を言ったらきりがありませんので・・・。
後ろ向きで私を見つめ、近付けばいつでも逃げる体勢です。

| | コメント (2)

2011年1月26日 (水)

2011/01/26 光が丘公園

【県 名】 東京都
【場 所】 都立光が丘公園 (練馬区)
【年月日】 2011年01月26日(水)
【時 刻】 12:00-15:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カルガモ   (3)  8.シロハラ    (5)  15.シメ      (1)
  2.オナガガモ  (60)  9.ツグミ     (8)  16.スズメ     (10)
  3.キジバト   (8)  10.ウグイス    (1)  17.ムクドリ    (15)
  4.コゲラ    (2)  11.エナガ    (15)  18.ハシボソガラス (1)
  5.ヒヨドリ   (10)  12.ヤマガラ    (3)  19.ハシブトガラス (4)
  6.ジョウビタキ (1)  13.シジュウカラ (20)
  7.トラツグミ  (1)  14.メジロ    (10)

※ 種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備 考】

◎トラツグミが出ていると聞いたので行ってきた。
地元のカメラマンが待ち構えていたがなかなか出てこず、諦めて帰りかけたら、ちょっと離れた逆側に出てきた。
そんなことで、私一人で独占撮影。
◎シジュウカラ、エナガ、メジロ計20羽ほどの混群を2度ほど見た。
◎トラツグミ以外で、今シーズン多いと言われているマヒワを期待したが出てこなかった。

【雑 記】

◎我が家から徒歩30分の公園で、鳥見を意識して行くことはあまりない。
殆どカメラや双眼鏡を持っていくことはない。

| | コメント (2)

ゴイサギ

Goisagi110220メーターもない、直ぐ目の前に居るのに、ここを何度も通ったのですが気がつきませんでした。
よくよく見ると周りに幼鳥が3羽いました。

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

2011/01/25 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2011年01月25日(火)
【時 刻】 11:30-15:00
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 湖沼
【観察種】 

  1.カイツブリ      (2)  9.コガモ   (240)  17.キジバト    (1)
  2.ハジロカイツブリ  (50)  10.トモエガモ (30)  18.ハクセキレイ  (1)
  3.カンムリカイツブリ (280)  11.ハシビロガモ (1)  19.タヒバリ    (1)
  4.カワウ       (20)  12.ホシハジロ (65)  20.ヒヨドリ    (3)
  5.ダイサギ       (1)  13.ミサゴ    (2)  21.シロハラ    (1)
  6.アオサギ       (3)  14.トビ     (2)  22.ツグミ     (3)
  7.マガモ       (900)  15.ノスリ    (1)  23.スズメ     (30)
  8.カルガモ      (14)  16.ハヤブサ   (1)  24.ハシブトガラス (10)

※ 種類名のあとの数字は個体数(概数)

【備 考】

◎全般に、前回観察した20日よりカモ類(ホシハジロを除く)はかなり近場に固まっていた。
特に、14時過ぎ頃にはカモの7割くらいが堤防下で休憩模様であった。
◎トモエガモは30羽程いた。前回と同様、オナガガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ホオジロガモ等はいなかった。
ハシビロガモ♀1を見つけた時は嬉しかった(^^)。数的にも前回から大きな変化はなかった。
カモの総数は多いが、やはり種類数がもう少しいないと寂しい。
◎ミサゴが魚を仕留め、それを足で掴み、それも体に対して平行に持つので、まるでミサイルに見えた。
どうせ遠くの森で食べるのかと思っていたら、取水塔への橋の天辺で食べ始めた。近いのでよく見られた。
ただ、途中からカラスがちょっかいをだすので、それを嫌がり、食べ残りの魚を持って、森の中に消えた。

【雑 記】

◎現場に着くまで、殆ど気にしなかったが、堤防上は非常に風が強く、酷い時には、涙がポロポロで、観察・カウントどころではなかった。
そのため数はかなりの概数です。
◎先日、カメラのボディーを忘れる失態(^^)があったので、出来ればトモエガモが撮りたく、こんどこそとカメラをちゃんと持っていった。
ところがカメラの調子が悪く、あまり撮影できなかった。前回より近くなったとはいえ、私のカメラではやはり遠い。

| | コメント (2)

オナガガモ

Onagagamo1012どこででも見られるオナガガモ。
遠くから見ると綺麗という印象はありませんが、近くで見るとハッとするくらい綺麗です。
羽の色は、絵の具の色なんかと近い、人間の目に見える原理が違うのでしょうね。
そのため、光具合によって、見え方が全く異なります。

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

2011/01/20 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2011年01月20日(木)
【時 刻】 11:00-15:00
【天 候】 晴れ 
【観察者】 摩周
【環 境】 湖沼
【観察種】 

  1.カイツブリ     (1)  9.トモエガモ  (32)  17.タヒバリ
  2.ハジロカイツブリ  (60)  10.ホシハジロ  (95)  18.ヒヨドリ
  3.カンムリカイツブリ(250)  11.キンクロハジロ(3)  19.シロハラ
  4.カワウ       (15)  12.トビ     (1)  20.ツグミ
  5.アオサギ      (1)  13.ノスリ    (2)  21.メジロ
  6.マガモ      (950)  14.キジバト      22.アオジ
  7.カルガモ      (12)  15.ハクセキレイ    23.スズメ
  8.コガモ      (240)  16.セグロセキレイ   24.ハシブトガラス

※ 種類名のあとの数字は個体数(概数) 最低でも、2回はカウントしています。
   

【備 考】

◎トモエガモが32羽もいたのには驚いた。
かなりのカモが頭を突っ込んで寝ていたが、それでも、♂は容易に見つけられるし、♀は体が小さいので見つけるのはそれほど苦労しなかった。
体が同じ大きさのコガモは、多くが堤防沿いで休憩しており、トモエガモは皆が中程(といっても近い距離)で浮いていたので、大きさで見当つければ♀でも識別は容易。
何度かカウントしたので、かなり正確と思う。
◎ここには何度か来ているが、カモの種類数がこんなに少ないのは初めてで、また、総数でこんなに多いのは初めての経験。
◎ホオジロガモは見られなかった。(午前中の早い段階に、いつもと違う西の奥に3羽程いたとの話を聞いた。)
オナガガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ヨシガモは見なかった。
地元の方にお聞きしたら、このところ、こんな傾向の連続とのことでした。
◎いつもよりハジロカイツブリが多かった。

| | コメント (6)

2011年1月19日 (水)

モズ

Mozu11012嘴は猛禽類と同じだし、目付きも鋭いので、ちょっと怖い感じのする鳥です。
でも、目立つ所に留まってくれ、尾を廻しながらなかなか愛嬌のある面もあります。

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

シロハラ

Sirohara1101シロハラは、今シーズン多いようです。
少しずつ警戒心が薄らいできたのか、結構近くで撮れるようになりました。
今は、ツグミより撮りやすいです。

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

あの時の映画がようやく完成。

1年前に、このブログに、昭和記念公園で著明な俳優の映画撮影があり、それに遭遇した私が不愉快な思いをしたことを書きました。
なんとその映画がようやく完成上映されるようです。
ずいぶん撮影には長い期間が掛かるのですね。
記事の左下にその時の画像を極小(^^)で載せていますのでクリックしてください。
なお、You Tubeの画像の最後のシーンが私の見たものです。
中央の木が、昭和記念公園「みんなの原っぱ」にあり、この公園のシンボルのケヤキです。

| | コメント (0)

シメ

Sime1101一般に、横から見ると優しそうな鳥の顔ですが、正面から見ると意外と怖い顔をしています。
ただし、可哀想ですが、シメの顔ってどこから見ても怖そうな顔付きです。
人ではありませんが、人相が悪い、という感じ。
この画像も横からですが、やはり・・・。

| | コメント (0)

アカハラ

Akahara11013何か大きめな実を丸呑みしていました。
左後はシロハラです。
アカハラは余程暗い所が好きなようで撮りづらかったです。
でも、15メーターほどの距離を保っていれば逃げることはありませんでした。
一帯にはアカハラは1羽なのですが、どうもシロハラが2羽位はいるようで、時々、その2~3羽が鉢合わせ。
この後、アカハラがシロハラを追っ払い、アカハラの勝ちでした。

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

エナガ

Enaga1101あまり人を恐れないので、撮る機会は意外とあります。
密生している木々の中で激しく動き回りますので、撮影は結構苦労します。
そんなことで、近くで撮っている割には歩留まりが悪いのです。

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

トラツグミ

Toratugumi1101トラツグミというと、落ち葉がある暗い所にいるイメージですが、こんな明るい所にも出てきてくれました。
でも、昨シーズンからの願いは、木に留まっているのを撮りたいのですが。

しかし、大きく撮れれば良いというわけではないですね。
中には、尾が切れている画像もありました(^^)。

| | コメント (2)

2011年1月12日 (水)

2011/01/12 昭和記念公園

【県 名】 東京都
【場 所】 国営昭和記念公園 (立川市・昭島市)
【年月日】 2011年01月12日(水)
【時 刻】 10:40-14:50
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.アオサギ    (1)  10.ジョウビタキ  (0,1)  19.アオジ     (2)
  2.カルガモ   (25)  11.トラツグミ    (1)  20.カワラヒワ  (20)
  3.オカヨシガモ  (4)  12.アカハラ     (1)  21.ベニマシコ  (1,0)
  4.キジバト    (6)  13.シロハラ     (8)  22.シメ      (2)
  5.コゲラ     (1)  14.ツグミ     (40)  23.スズメ    (10)
  6.ハクセキレイ  (4)  15.ウグイス     (1)  24.ムクドリ   (20)
  7.ヒヨドリ   (25)  16.ヤマガラ     (1)  25.ハシボソガラス
  8.モズ      (2)  17.シジュウカラ  (10)  26.ハシブトガラス
  9.ルリビタキ  (1,0)  18.メジロ      (1)

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)概数です。

【備 考】

◎トラツグミ狙いで行った。1ヶ所で動かず粘ったがなかなか出てこず、今日はダメかなと思った。
1時間近く経ったら出てくれた。来てからそれほど経っていないのに、あまり人を恐れず、おそらく去年来た個体ではないだろうか。
最短で、4メーター以下であったが逃げなかった。
◎アカハラも昨年と同じ個体の可能性が高いと思う。
◎ベニマシコ♂1、ルリビタキ♂若1は距離があって撮影はできなかった。
◎ようやく下に降りているツグミを見た。でも、まだ、警戒心が強い。

| | コメント (2)

2011年1月11日 (火)

カワセミ

Kawasemi11012昨日、野火止用水を皆で歩いていたら、10メーターもない先にある用水の柵の上にシロハラが留まりました。
大慌てでカメラを向けシャッターを押しましたが、逃げられてしまいました。
ダメだろうと思い、カメラの液晶を見たのですが、まさに無残な敗北で、全く写っていないのもありました。
しかし、そのダメ画像をよくよく見たら、画面の右上に完璧なピンボケで変な物が写っているのです。
どう見ても、それはカワセミ?。
もしやと思い、その方向を探してみたら、ちゃんとカワセミが用水路上の木に留まっていました。
そのカワセミ君は逃げることなくしばらく留まってくれましたので撮影は大成功。
皆に、この一部始終を液晶を見せながら話したら、そういうのは、棚からぼた餅カワセミだといわれました。
先日も、カワセミの画像は載せましたが、由緒ある野火止用水カワセミで、棚からぼた餅なので再度アップします(^^)。
ちょっと在庫切れ状態ですし。
↓ダメ画像もアップします。左が最初の画像で、シロハラがいなくなったため、奥にピントが少し合ったのが右の画像です。
左画像のシロハラの尾の右側にちょっと色が付いているのがカワセミでしょう。右の画像はこれでもカワセミと特定できますよね。
Sirohara110110Kawasemi11013_2

| | コメント (0)

お断り

昨年の末辺りから、このブログの目的と全く関係のないコメント(多くがアダルト系)がやたらと多くなってきました。
発見次第、直ぐ削除していました。
今まで、コメントには一切制限をつけることなく、すべて受け付けておりました。

しかし、迷惑コメントは許し難く、第一弾として2つの点を変更しました。
1 “名前とメールアドレス入力を必須とする”ことにしました。
  アドレスは“ウェブ上には掲載しません”ので、皆様にご迷惑をおかけすることはないでしょう。
 
2 “コメント内のアドレス(URL)を自動的にリンク”にしていましたが、これを解除しました。
   URLの記述を禁止しているのではなく、リンクをしないだけですので、必要な場合は遠慮なくお書きください。
  コピー&ペーストで対応すれば良いのですから。

上記2点を実施いたしますが、かなり緩やかな規制ですので、果たしてどの程度の効果があるのかは正直疑問です。
しかし、差し当たり、この対応をいたします。
“コメント公開の承認制”や“スパム防止認証画像の表示”までは、今回は、踏み込みません。
若干ご不自由をおかけするかもしれませんがお許しください。

※なお、トラックバックは、3年程前から受け付けておりませんので、このまま継続します。

| | コメント (0)

2011年1月10日 (月)

2011/01/10 平林寺(埼玉県新座市)

【県 名】 埼玉県
【場 所】 平林寺 (新座市)
【年月日】 2011年01月10日(月)
【時 刻】 10:00-14:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 「中央区バードウォッチングクラブ」の探鳥会に参加して
       計14名
【環 境】 平地
【観察種】 

  1.ハイタカ      7.シロハラ       13.メジロ
  2.キジバト      8.ツグミ        14.カワラヒワ
  3.カワセミ      9.エナガ        15.シメ
  4.コゲラ      10.ヒガラ        16.スズメ
  5.ヒヨドリ     11.ヤマガラ       17.ハシブトガラス
  6.モズ       12.シジュウカラ

【備 考】

◎コゲラ、エナガ、シジュウカラ、メジロ等が混群を作っており、数が多かった。中に1羽ヒガラがいた。
◎ハイタカは1羽でごく短時間頭上を飛んだだけ。他の猛禽を期待したが確認できなかった。
◎平林寺の敷地内を大きく回り、昼食後、外に出て、野火止用水沿いを一回りした。
◎運がよければかなり猛禽類が見られると思われる。今日も、猛禽類の食痕が2ヶ所にあった。(ドバトとカラス)

【雑 記】

◎この記録はあくまで私が見たリストで、探鳥会としての記録ではありません。
◎寒く、冷たい風の一日であった。
平林寺や野火止用水は東京近郊の平地ハイキングコースとしてよく知られている。こんなに広い所とは知らなかった。
野鳥を見る散歩コースとしては大変よいが、有料(500円)が玉に瑕。
    

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

ヤマガラ

Yamagara1101いつ見ても愛嬌のある鳥です。
勿論、見る回数はシジュウカラの方がずっと多いのですが、シジュウカラは警戒心が強いですから、ちょっと面白味がないです。
人に慣れるからと言っても、手乗りになるのは困りますけど。
子供の頃、縁日などでヤマガラのお御籤芸を見ましたけど、今は完全になくなりましたね。
You Tubeで検索するといくつか出てきます。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

アオジ

Aoji1101アオジで何度か経験していますが、意外と人間を恐れないのです。
河原の細い道を歩いていると、アオジがいて、そのまま私が歩くと、同じ距離を保ってアオジも進んでいく、こんな経験を何度かしています。
この時も、3メーターくらいで逃げませんでした。
近すぎて撮影し辛いので、私の方からさがりました。

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

アオサギ

Aosagi1101見慣れた鳥ですが、意外と綺麗でした。
多少なりとも珍しい鳥を優先するのは良くないですね。

| | コメント (2)

ジョウビタキ

Joubitaki1101前回、表に出てくれなかったジョウビタキが、少し気を許したのでしょうか、外にちょっと出てくれました。
前回と同じ場所ですので、同じ個体で間違いないでしょう。
次回は、ちゃんと枝に留まってサービスしてくれるのを期待して。

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

ツグミ

Tugumi1101数は例年以上に多いように思います。
でも、まだ、下に降りてはくれませんね。
もう少し、待ちましょう。
そんなことで、今は、こんな物でお茶を濁して。

| | コメント (2)

連凧

Rendako1101昨日、昭和記念公園に行ってきました。
ここには、大きな広場があるので、必ずと言って良いほど、普段でも凧揚げが行われています。
おそらく地元の人たちが、会を作って楽しんでいるのでしょう。
しかし、昨日は、正月のせいもあり、今まで見たことがなかった連凧が行われていました。
凧は縦が40センチほどでしょうか。
先頭の200枚は柄のない色物のビニール製、手前の100枚は揚げている方の奥様が手書した和紙製で、なんと計で300枚。
それが、1.5~2m間隔で300枚ですから、凧の糸の長さは約500mとなるそうです。
これがすべて最後まで揚げられたのですから、皆の注目を一心に集めていました。
全長が500mともなると、いくら広い場所といえども、当然はみ出してしまいますので、かなり気を遣っておられました。
私が見ていた短時間の間にも、風が弱くなったので仕舞いはじめ、また、風が出てきたので送り出すというように細かく調整していました。
完全に、仕舞い込むまで20分程度は掛かっていました。
Rendako11012


| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

2011/01/03 昭和記念公園

【県 名】 東京都
【場 所】 国営昭和記念公園 (立川市・昭島市)
【年月日】 2011年01月03日(月)
【時 刻】 10:30-15:20
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ   (1)  8.ヒヨドリ    (15)  15.メジロ    (2)
  2.ダイサギ    (1)  9.ジョウビタキ  (0,1)  16.カシラダカ  (1)
  3.カルガモ   (20)  10.シロハラ     (3)  17.カワラヒワ  (8)
  4.ヒドリガモ   (2)  11.ツグミ     (30)  18.スズメ    (12)
  5.キジバト    (7)  12.ウグイス     (1)  19.ハシボソガラス
  6.コゲラ     (1)  13.ヤマガラ     (3)  20.ハシブトガラス
  7.ハクセキレイ  (3)  14.シジュウカラ   (6)

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎私自身がここの情報を持っていないせいかもしれないが、ここで見る限りは、今年の冬鳥はツグミを除くと、昨年より少ない感じ。
知人に会ったので聞いてみたら、昨年に比べて少ないようだが、いる場所が落ち着かないとのこと。
少なくともここに関しては、今のところ低調のようだ。
◎園内には、人は結構おり、特に、凧揚げの人が多いが、鳥見の人はあまり見かけなかった。
ルリビタキやトラツグミが簡単には見られないせいかも(?)。

| | コメント (2)

2011年1月 1日 (土)

ズグロカモメ

Zugurokamome1012 25日谷津干潟でヒメカモメが出たとの情報が入りましたので、26日用事があったのですが無視をして駆け付けました。
多くの人が集まり、出現を待ったのですが、とうとう出てきませんでした。
そうなると、珍鳥というほどでもありませんが、ズグロカモメが皆の注目を一手に引き受けていました。

| | コメント (0)

ご案内

明けましておめでとうございます。
『「摩周」の野鳥日記』をいつもご覧いただきありがとうございます。
このブログは名前の通り野鳥をメインとしてきましたが、時々は植物や他のことに関しても記事を書いておりました。
しかし、昨年春頃から、植物の観察を今まで以上に見始め、その画像をかなりの数アップしました。
私が好きなシギ・チドリ類のシーズンや冬を除くと、このブログも名前に反して、植物がメインとなってしまいました。
勿論、鳥見を止めてしまった訳ではありませんし、そのつもりも全くありません。
今回、別のブログを新規に立ち上げ、これから植物関係はすべて新規ブログに書き込むことにしました。
(しかし、従来の記事を移動させることはいたしません。)
野鳥等はこのままこのブログで継続いたします。
よって、以降の私のブログは下記の通りとなりますので、これからもよろしくお願いいたします。

「植物」は
http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog2/ 『植物、見て歩記』

「野鳥とその他」は
http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog/  『「摩周」の野鳥日記』
  このブログは2004年6月から現在まで更新中。

 「野鳥」は上記ブログ以外に
   http://fagus.blog.shinobi.jp/(画像はありません。)    
    こちらは2004年5月以前の記録です。

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »