« シロハラ | トップページ | トモエガモ »

2011年2月25日 (金)

2011/02/25 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2011年02月25日(金)
【時 刻】 10:40-14:00
【天 候】 晴れ 
【観察者】 摩周
【環 境】 湖沼
【観察種】 

  1.カイツブリ      (1)  7.マガモ   (155)  13.ヒヨドリ
  2.ハジロカイツブリ   (9)  8.コガモ   (215)  14.ツグミ
  3.カンムリカイツブリ (270)  9.トモエガモ (2,1)  15.スズメ
  4.カワウ       (53)  10.ホシハジロ (12)  16.ハシブトガラス
  5.ダイサギ       (1)  11.キジバト
  6.アオサギ       (2)  12.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎ちょうど1ヶ月ぶりの狭山湖であった。
まだまだ、カモ類等がたくさんいると思って行ったのだが、こんなに少なくなっているとは思っていなかった。
特に、マガモの減り具合には驚いた。
この時期になるといつもこんなに少なくなっていたのだろうか。
それとも、今シーズンが多すぎたのだろうか。
◎以前と数的に変わらないのは、カンムリカイツブリ、コガモであった。
◎トモエガモも3羽でかなり寂しかった。例年なら3羽でも幸運と言うべきであろうが。
◎今日もホオジロガモは見なかった。ここの名物なだけに、この面では今シーズンは寂しかった。
◎カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリは半分くらいが夏羽へ換羽中。
中には、完全な夏羽と思われる個体もいた。
◎以前に比べるとかなり水位が下がり、これだと“オオタカが仕留めた獲物の横取りバトル”が見られるのではと思った。
◎猛禽類は全く見なかった。というより探さなかった。
◎湖面だけを観察し、回りの林は見なかった。
※今日は春一番とのことで、風は強かったが、生暖かい風で観察にも楽だった。いつもこうだと良いのだが。

|

« シロハラ | トップページ | トモエガモ »

コメント

摩周さん、こんにちわ!久々のコメントになってしまいました。
狭山湖のマガモは、本当に随分と減ってしまいましたね。どうしたんでしょうね…。トモエガモも合計3羽ですか。カンムリカイツブリも来週中には多くが飛び立つと、私は見ています。そうなると、シーズンは終わりですね。中には、春の狭山湖のシギ・チドリ類に期待している方々がいらっしゃるようですが、数は少ないでしょうから。
シギチはやはり谷津干潟ですよ。

投稿: キトー | 2011年2月26日 (土) 10:43

キトーさん
マガモは北に帰ってしまったのでしょうかねぇ?
ちょっと早すぎる感じも。
ところで、狭山湖でのシギチですか? どの辺りに出るのでしょうか?
イソシギ、コチドリ、イカルチドリ等なら分かりますが、他は何を期待するのでしょうか。
でも、見られたら嬉しいですね~。

投稿: 摩周 | 2011年2月26日 (土) 22:24

地元の方に一度だけデジカメ写真を見せてもらいましたが、ダイシャクシギのような大型のシギ類でした。他にも、レンカクの写真を見せてもらいましたが、どちらも北側にある陸地にいるところを撮ったように見えました。楽しみにしている所をみると、他にも色んなシギチがでるのでしょう。

投稿: キトー | 2011年2月27日 (日) 18:13

キトーさん
ご丁寧にご返答ありがとうございますm(__)m。
ダイシャクシギのようなタイプですか。なるほど。
昔、多摩川などでよくハマシギを見ましたが、この何年間も見てませんからね。
淡水生のシギチなら来る可能性はありますね。
イソシギ、コチドリ以外なら何でも良いですから来てくれると嬉しいですね。

投稿: 摩周 | 2011年2月28日 (月) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロハラ | トップページ | トモエガモ »