« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

カワウ

Kawau110228これは狭山湖で撮ったものです。ちょっと距離があり、分かりづらいかもしれません。
カワウが大きな魚を捕らえ、強引に飲み込もうとしているのです。
このシーンを見つけた時に、いくら何でもこの大きさの魚は飲み込めないと思いましたね。
でも、以前、強引に飲み込むシーンを何度か見ているので、凝視していました。
結論は、2分ほど粘っていましたが、さすがにこれは飲み込めませんでした。
明らかに喉の太さより、魚の方が二回りくらい太いです。
蛇のように顎でも外さない限り無理でしょうね。
時間が短かったので、多分、魚はそのまま元気だったと思います。

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

メジロ

Mejiro110227桜はカンザクラです。
この日は全く陽が照らず困りました。
植物の撮影でのカンカン照りは多くの場合困りますが、鳥は大歓迎。
曇りだとメジロの微妙な緑と茶が混ざったような色が出ないのですよね。

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

トモエガモ

Tomoegamo110227狭山湖でトモエガモの多さに驚いた今シーズンでした。
まだまだ、かなりの数がいるのではと思って行ったら、いたのは♂2♀1の計3羽のみ。
例年ならこれでも満足といったところでしょうが。多い時を見ているので、急にこんなに少なくなるとガッカリ。
数が多かった時も距離があって撮れませんでした。
この日が一番近くに来てくれました。ここでは、これが最短の距離でこれ以下にはなりません。

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

2011/02/25 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【場 所】 狭山湖(山口貯水池) (所沢市)
【年月日】 2011年02月25日(金)
【時 刻】 10:40-14:00
【天 候】 晴れ 
【観察者】 摩周
【環 境】 湖沼
【観察種】 

  1.カイツブリ      (1)  7.マガモ   (155)  13.ヒヨドリ
  2.ハジロカイツブリ   (9)  8.コガモ   (215)  14.ツグミ
  3.カンムリカイツブリ (270)  9.トモエガモ (2,1)  15.スズメ
  4.カワウ       (53)  10.ホシハジロ (12)  16.ハシブトガラス
  5.ダイサギ       (1)  11.キジバト
  6.アオサギ       (2)  12.ハクセキレイ

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)

【備 考】

◎ちょうど1ヶ月ぶりの狭山湖であった。
まだまだ、カモ類等がたくさんいると思って行ったのだが、こんなに少なくなっているとは思っていなかった。
特に、マガモの減り具合には驚いた。
この時期になるといつもこんなに少なくなっていたのだろうか。
それとも、今シーズンが多すぎたのだろうか。
◎以前と数的に変わらないのは、カンムリカイツブリ、コガモであった。
◎トモエガモも3羽でかなり寂しかった。例年なら3羽でも幸運と言うべきであろうが。
◎今日もホオジロガモは見なかった。ここの名物なだけに、この面では今シーズンは寂しかった。
◎カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリは半分くらいが夏羽へ換羽中。
中には、完全な夏羽と思われる個体もいた。
◎以前に比べるとかなり水位が下がり、これだと“オオタカが仕留めた獲物の横取りバトル”が見られるのではと思った。
◎猛禽類は全く見なかった。というより探さなかった。
◎湖面だけを観察し、回りの林は見なかった。
※今日は春一番とのことで、風は強かったが、生暖かい風で観察にも楽だった。いつもこうだと良いのだが。

| | コメント (4)

2011年2月23日 (水)

シロハラ

Sirohara110223今年は例年以上にシロハラが多いように私には思えます。
このシロハラも全然人を怖がりません。5メーターありません。
また、明るい所にも平気で出てきます。
間に木があるためこちらからはこれ以上近づけません。
それで、安心していたのでしょうか。
よくよく見ると黄色のアイリングはずいぶんはっきりしているのですね。
まるで、コチドリみたい。

| | コメント (2)

2011年2月18日 (金)

ジョウビタキ、そして植物図鑑の紹介

Joubitaki110218このジョウビタキ君は今回で3回目の登場です。(1回目 2回目
最初は、なかなか慣れてくれず撮影に苦労したのですが、だんだん慣れ、今では、ここを通ればまずほとんど見られる状態になりました。
近いと3メーターくらいでも平気です。

実は、このジョウビタキに出てもらったのは植物図鑑の紹介のためです。
このジョウビタキが留まっている枝はアジサイなのです。
なぜ、植物素人の私が、花も葉もないこの木がアジサイと分かったのかは、下記の図鑑で調べたからです。
先日、時間があった時、いろいろネットサーフィンをしていたら、ある植物図鑑にヒットしました。
その著者の名前を見て、「あれ~、もしかしたらこの方は・・・。」と思い、調べたら予想通りだったのです。
著者の広沢毅さんは、昔のパソコン通信時代のフォーラムFBIRD(野鳥フォーラム)でスタッフをして活躍していたハンドルネームでTa(タ)さんと呼ばれていた方なのです。
Taさんが幹事役の植物オフに私も何度か参加していました。
この図鑑は、落葉樹200種を冬芽で見分ける図鑑です。
私のような素人にも使えます。
誰にでもお薦めできるハンディな図鑑です。
こちらをご覧ください。
この画面下の「カスタマーレビュー」もご覧ください。

ついでですが、私は、落葉樹に葉が付いている時は、この図鑑でスキャン写真を担当している林将之氏の下記図鑑を以前より使用しています。
これも初心者には非常に良い図鑑だと思います。
こちらをどうぞ。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

2011/02/17 昭和記念公園

【県 名】 東京都
【場 所】 国営昭和記念公園 (立川市・昭島市)
【年月日】 2010年02月17日(水)
【時 刻】 10:50-15:00
【天 候】 曇り
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園
【観察種】 

  1.カイツブリ   (3)  10.ハクセキレイ   (4)  19.カシラダカ  (2)
  2.コサギ     (1)  11.セグロセキレイ  (2)  20.アオジ    (1)
  3.カルガモ   (50)  12.ヒヨドリ    (15)  21.カワラヒワ  (2)
  4.ヒドリガモ   (2)  13.ルリビタキ   (1,0)  22.イカル    (10)
  5.ハシビロガモ  (1)  14.ジョウビタキ  (1,2)  23.シメ     (40)
  6.オオタカ    (2)  15.シロハラ     (8)  24.スズメ    (15)
  7.バン      (1)  16.ツグミ     (25)  25.ハシボソガラス
  8.キジバト   (10)  17.エナガ      (1)  26.ハシブトガラス
  9.コゲラ     (1)  18.シジュウカラ  (15)

※ 種類名のあとの数字は個体数、(♂数,♀数)(概数)

【備 考】

◎シメとイカルが半々で計20羽ほどの群れとシメだけで30羽近い群れを見た。
昨日も別の公園を通ったら、シメだけで20羽程の群れを見た。
今まで、シメがそれほど多いとは思っていなかったが、急に集まったのだろうか。帰る準備での集合?
◎オオタカは幼鳥1と成鳥1。
ベンチに座っていいたら、オオタカの成鳥が目の前の木々の間を速いスピードで低く潜り抜けていったのには驚いた。
◎広い芝生地の「みんなの原っぱ」にツグミが10羽近く降りていた。
◎ルリビタキの青い♂を撮りたかったが、おそらく♂であろうと思われる若であった。残念。

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

ハシビロガモ

Hasibirogamo110216カモを近くで見るなら、最寄りの公園が一番。
葛西臨海公園に行けば種類はたくさん見られますが、近くで見ることは不可能。
♂は色がどぎつい感じですが、♀は落ち着いていて綺麗です。
いつもカモを近くで見た時思うのですが、スコープで見ているより実際はずっと小さいですね。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

ノスリ

Nosuri110210もう少し近くに来てくれると良かったのですが。
私のカメラでは、この程度で精一杯。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

ジョウビタキ

Joubitaki110209カワヅザクラを撮ろうと近付いたら、枝にジョウビタキ♂が留まっていました。
しかし、この日は植物メインで行ったので、レンズは100ミリマクロ。
当然、レンズを取り替える余裕はなく飛ばれてしまった。
この時、鳥用レンズが付いていたら、良い写真が間違いなく撮れたでしょう。(後になって言うのは簡単(^^))
結局、このサクラ、そして近くのフキを撮り、再度、ここに戻りました。
そこで、鳥用のレンズに切り替え10分以上待ちましたが来てくれませんでした。
先程撮ったフキにちょっと不満があったので、もう1ヶ所のフキがある所に行くことにしました。
そこは、近付いて撮れない所なので、鳥用レンズを付けたままで。
そこに着いたら、今度はジョウビタキ♀が出てきましたのでパチリ。
木はシロミノコムラサキで、実を食べていました。(前と同じ株だったと思います。)
実を嘴でくわえているシーンは取り損ねました。

しかし、カワヅザクラに留まるジョウビタキ♂を撮りたかったなぁ〜。

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

2011/02/05 葛西臨海公園

【県 名】 東京都
【場 所】 葛西臨海公園 (江戸川区)
【年月日】 2011年02月05日(土)
【時 刻】 10:20-14:50
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 都市公園・海岸
【観察種】 

  1.カイツブリ        17.スズガモ      33.モズ
  2.ハジロカイツブリ     18.ウミアイサ     34.トラツグミ
  3.カンムリカイツブリ    19.ミサゴ       35.シロハラ
  4.カワウ          20.トビ        36.ツグミ
  5.ダイサギ         21.ノスリ       37.ウグイス
  6.コサギ          22.チュウヒ      38.シジュウカラ
  7.アオサギ         23.バン        39.メジロ
  8.マガモ          24.オオバン      40.ホオジロ
  9.カルガモ         25.ハマシギ      41.アオジ
 10.コガモ          26.イソシギ      42.オオジュリン
 11.オカヨシガモ       27.ユリカモメ     43.シメ
 12.ヒドリガモ        28.セグロカモメ    44.スズメ
 13.オナガガモ        29.カモメ       45.ムクドリ
 14.ハシビロガモ       30.キジバト      46.ハシボソガラス
 15.ホシハジロ        31.ハクセキレイ    47.ハシブトガラス
 16.キンクロハジロ      32.ヒヨドリ

【備 考】

◎28日にギンムクドリが出たとの情報をもらい、期待して行ったが、レンジャーに聞いたらこの2~3日出ていないとのことであった。
◎淡水池にホシハジロが目見当で1000羽位いた。これだけ多いのを見たのは何年ぶりだろうか。(この何年間か葛西にはあまり行っていないが)5~6年前の淡水池はいつもホシハジロで溢れていた。
◎西渚で直ぐ前の沖を見ていたら、ホシハジロ2000羽程と思われる一団が飛んできた。淡水池のが混じっていたのかもしれないが、沖合にこれ程の群れを見た記憶は私にはない。
◎シギチ類は、ハマシギ50羽程とイソシギだけで、ずっと見られていたオオハシシギやアオアシシギは見られなかった。
◎東渚は何度か見たが、ほとんどの時間何も見なかった。この経験もおそらく私としては初めて。
◎水鳥類が寂しいので、公園西側にも行ってみた。特に珍しい鳥はいなかったが、お陰で見られた種類数は多かった。
◎トラツグミ1羽を見た。かなり人に慣れていて、5m位でも逃げなかった。
◎ウミアイサは♀タイプ2で旧江戸川にいた。
◎ノスリ2羽が活発に動いていた。

| | コメント (4)

2011年2月 4日 (金)

ご案内(再度)

植物関係は、2011年1月1日より新規の別ブログにアップしております。

新規ブログは

    『植物、見て歩記』            

   http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog2/

            よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

カシラダカ

Kasiradaka110204ちょっと距離があったので強引にトリミング。
この時、アオジは近くでもあまり警戒していないようでしたが、カシラダカは近づけませんでした。
冠羽は興奮した時に立てると本に書いてありましたが、その割には、単に餌を食べている時でも立てていますね。

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

コゲラ

Kogera110203コゲラが木を盛んに突っついています。
当然、何かを食べているのでしょうが、いったい何を食べているのでしょう。
虫以外考えられませんが、しかし、目を凝らして木を見ても見当たりません。

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

キジバト

Kijibato110202確かに、カワセミは綺麗です。
人気があるのも理解できます。
キジバトなんて、どこに行ってもいます。
5m前で見られます。
地味な色です。
でも、よくよく見れば、本当に綺麗な鳥です。

| | コメント (2)

2011年2月 1日 (火)

メジロ

Mejiro1101シジュウカラ、エナガ、メジロの20羽くらいの混群でした。
動きが速く、逆立ちしたりで、ピントを合わせるのが大変。
最初はやたらと暗い所のためブレが多く、明るい所に出てくるのを待って撮りました。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »