« セイタカシギの卵 | トップページ | ハシブトガラス »

2011年5月16日 (月)

キョウジョシギ

Kyoujosigi110516

京女鷸または狂女鷸と漢字で書くそうです。
地味な模様の鳥が多いシギチ類で、このキョウジョシギは派手な模様で、それを京都の女性の着物に例えたとか、化粧がくどいことから狂女になったとの説もあるようです。
英語ではRuddy Turnstoneで、Ruddyは赤っぽいで、Turnstoneはよく石などを太い嘴でひっくり返していることからの名前です。
この画像は谷津で撮ったのですが、貝殻が多いこの場所には、他のシギチ類はあまり来ません。キョウジョシギはこういう場所が大好きで、この時も、狭い所なのですが、100羽位はいました。
名前の通り、Turnstoneで餌を探していました。
キョウジョシギの模様が同化してしまい、ちょっと離れると双眼鏡程度では見づらくなります。

|

« セイタカシギの卵 | トップページ | ハシブトガラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイタカシギの卵 | トップページ | ハシブトガラス »