« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月15日 (水)

ハシブトガラス

Hasibutogarasu110614

ご無沙汰で申し訳ありません。
このところ、植物観察がメインになっており、遠出はほとんどしておりません。近いうちに葛西臨海公園にでも行くつもりです。

我が家から近い公園で昨日撮りました。
この公園はよく行くのですが、4~5日前通った時、私の頭の上でやたらとカラスがうるさく鳴くので、近くで繁殖しているのかもと思いました。
そして、昨日通ったら、ヒナが落ちていました。
事情は簡単で、完全に飛べる状態になっていないのに、巣から自分で降りてしまったのか、落ちてしまったのか分かりませんが、この石の上でバタバタとしていました。
ところが、少し足が離れる程度で、全く飛べないのです。近くには、もう一羽のヒナがいて、こちらは何とか飛べるようで、枝移りをしていました。
直ぐ近くで親鳥2羽が盛んに鳴いて、私を威嚇します。ヒナと私との距離は15m位ですが、これ以上近づくと、おそらく私の頭に蹴りが入ると思われますので、近付くのは止めました。
2時間後くらいに再度ここを通りましたが、同じ所にヒナはいました。
このような場合、親がどのように対処するのか分かりませんが、この辺のカラスの強敵といえば、野良猫だけでしょうから、ヒナを守れるのではないかと思います。
猫といえどもカラスの蹴りには逃げるでしょう。人間も逃げるでしょう。また、餌もおそらく運んでやるのではないでしょうか。
昔、自動車が通る道で飛べないヒヨドリのヒナが道に落ちてしまい、車に轢かれてしまうだろうと、植え込みの中に入れてやったことがありました。
この時、2羽の親が私の頭の上をすれすれに飛んで威嚇するのですが、ヒヨドリといえどもちょっと怖かった経験をしたことがありました。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »