« アオジ | トップページ | 2013/05/03 谷津干潟 »

2013年1月30日 (水)

2013.1.30 狭山湖

【県 名】 埼玉県
【市町村】 所沢市
【場 所】 狭山湖(山口貯水池)
【年月日】 2013年1月30日(水)
【時 刻】 13:00~15:30
【天 候】 晴れ
【観察者】 摩周
【環 境】 貯水池
【観察種】

 1. カイツブリ      (4) 10. ホオジロガモ (1) 19. ツグミ     (4)
 2. ハジロカイツブリ  (25) 11. オオタカ   (1) 20. シジュウカラ  (1)
 3. カンムリカイツブリ (160) 12. ノスリ    (2) 21. シメ      (2)
 4. カワウ       (25) 13. キジバト   (2) 22. スズメ     (20)
 5. アオサギ       (1) 14. コゲラ    (1) 23. ムクドリ    (2)
 6. マガモ       (210) 15. ハクセキレイ (4) 24. オナガ     (2)
 7. カルガモ       (3) 16. タヒバリ   (1) 25. ハシブトガラス (60)
 8. コガモ       (160) 17. ヒヨドリ   (2)
 9. キンクロハジロ    (1) 18. ジョウビタキ (1)

【備 考】

◎去年あたりと比較すると、マガモとカンムリカイツブリは少なかった。
◎トモエガモを期待したが見られなかった。
◎地元の人の話では、ホオジロガモ♂幼鳥がいるとの話であったが、確認できたのは♀1のみであった。奥にもカモ類が何羽がいたが、確認できなかった。
◎最初、堤防の南端から見ていたが、オオタカがカラスを食べているのを発見したので、近い北端に急いで行ったら、食べていたのはノスリに替わっていた。結局、食べた順番は、オオタカ→ノスリ→別のノスリ→オオタカの順で、最後はハシブトガラスの共食いであった。NHKの「ダーウィンが来た!」でも紹介された、オオタカが仕留めた餌の横取り合戦が見られて満足。
◎今日は暖かいとの天気予報で出かけたのだが、いつも以上の強風でスコープは揺れるし、涙がポロポロで困った。カンムリカイツブリとハジロカイツブリは一番奥に一緒にいたので、カウントはかなり大まかな概数です。
◎観察は堤防の南北両端からのみ。

|

« アオジ | トップページ | 2013/05/03 谷津干潟 »

コメント

冬の狭山湖で強風に見舞われると、かなり厄介ですね。寒いだけなら我慢できても、風には勝てません。私も、何度も泣かされました。
今日はとても暖かい日和でした。こうなってくると、そろそろカンムリカイツブリもいなくなってしまいますね。そうならないうちに、私も見に行かなくては。
最近は、見に行きたくても、雪が降ったりでなかなか行けない日があり、晴れでも強風でまた見に行けなくて・・・。冬の狭山湖は近くて遠いですね。

投稿: キトー | 2013年2月 2日 (土) 17:49

キトーさん
行っての最初の印象は、今シーズンは少ないなぁでした。先日、多摩湖に「カンムリカイツブリが100羽以上・・・」とのコメントを頂きましたので、そっちに行ってしまったのかと思っていました。
トモエガモを見たかったのですが、何遍探してもいませんでした。
堤防は風が強いのは当たり前とはいえ、やはり辛いですね。最後は、ちゃんと手袋をしていても、手がかじかんでしまいます。
猛禽類の餌の横取り合戦が見られたのがせめてもの救いでした。

投稿: 摩周 | 2013年2月 3日 (日) 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオジ | トップページ | 2013/05/03 谷津干潟 »