2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

木の画像12年

2012年12月31日 (月)

サザンカ

Sazanka121231

ツバキ科ツバキ属
“山茶花”
中国語でツバキ科の木を「山茶」、その花を「山茶花」と称した。葉がお茶のように飲料となることから「山に生える茶」らしい。その音がサザンカに転訛したようだ。
よく言われるように、同属のヤブツバキは花が半開きで、花ごと落ちるが、サザンカは開平し、花びらは1枚ずつ散る。
これは八重品。

2012年12月30日 (日)

シラカンバ

Sirakanba121230

カバノキ科カバノキ属
“白樺”
名前の由来は樹皮の色から。
アオギリ、ヒメシャラと共に、三大美幹木というそうです。
イメージからすると、シラカンバはかなり北でないと育たないのかと思っていました。そういう先入観からか、私がよく行く植物園風の所や公園では見たことがありませんでした。
先日、いつもの散歩コースを歩いていたら、なんとシラカンバがあるではありませんか。一瞬目を疑いましたが、特徴のある樹皮、葉を確認して間違いありません。そのあった場所が、大変失礼ですが、個人の庭のとても狭いスペースに3本あるのです。そのせいかかなり枝を切られています。太い幹でも20センチ程度。他に、季節のせいかもしれませんが、これ以外で植物らしい物はありません。なぜ、ここに3本もあるのだろうと不思議でした。おそらくこの家の方に思い入れがあったのではないでしょうか(勝手な解釈ですが)。
もう少しよい角度で撮りたかったのですが、その家がもろに写ってしまいますので、この画像でご勘弁を。

余談ですが、どこかで読んだ記憶があるのですが、検索してもそれらしきものにヒットしません。それは、ある植物専門家がいうには、この木の名はシラカンバであって、シラカバではないと強く主張しているそうです。そんなことで、ここではシラカンバと呼んでおきます(^^)。

2012年12月29日 (土)

ユリノキ

Yurinoki121229

モクレン科ユリノキ属
“百合の木”
遠くから見ると、ずいぶん地味な花が咲いているなぁ、と思ってしまいます。葉が落ちて、こんなにたくさん残っているのは翼果が上向きに集まった集合果。

ユリノキ全般に関しては。

2012年12月28日 (金)

ナンキンハゼ

Nankinhaze121228

トウダイグサ科ナンキンハゼ属
“南京櫨”
緑色であった果実が熟して割れると、白い蝋状物質に包まれた種子が3つ入っています。
白色ですので、遠くからは目立ちませんが、近くで見るとお星様を見ている感じでなかなかきれいです。
昔は、この種子から蝋を採ったそうです。

2012年12月27日 (木)

センダン

Sendan121227_2

センダン科センダン属
“栴檀”
名前の由来はいくつかあり、はっきりしないようです。
2~3回の奇数羽状複葉の葉なので、識別しやすい木です。落葉しても、薄い黄茶色の実で、すぐ分かります。
私が見ている範囲では、結構遅くまで実は残っています。鳥はあまり好きではないのでしょうか。

2012年12月25日 (火)

ビワ

Biwa121225_2

バラ科ビワ属
“枇杷”
食べる枇杷と楽器の琵琶はどちらが先かは、楽器の琵琶が先で、果実の形が似ているからの名前だそうです。
今の時期、ましてや樹木の花などほとんどありませんので、このビワの花は貴重です。図鑑を見ると、花期11月~2月と書いてあります。しかし、正直、きれいな花ではないですね。
このビワ、実ができるまで何年かかるか? 以前も、紹介しましたが、こちらは笑えます。

2012年12月24日 (月)

クチナシ

Kutinasi121224

アカネ科クチナシ属
“梔子”
果実が列開しないことから、“口無”という名前になった等、名の由来は諸説あるようです。
果実は生薬、染料に広く利用され、実には毒がないので、食用の染料に重宝されているそうです。正月の栗きんとんの着色に広く用いられているようです。着色料などと聞くと、今のご時世では、ちょっと歓迎されませんが、無毒の植物なら安心して食べられますね。

2012年12月23日 (日)

ナギイカダ

Nagiikada121223

キジカクシ科ナギイカダ属
“梛筏”
地中海地方原産。雌雄異株。
葉がナギ(マキ科ナギ属)に似ていて、花が葉に乗っていて筏に見えることからの名前。でも、葉と書きましたが、実は葉は退化しており、葉に見えるのは枝(葉状枝)。
花が咲いていると聞いたのですが、数が少なく、見つけるまでにかなり時間が掛かりました。

2012年12月22日 (土)

ハナユ

Hanayu121222

ミカン科ミカン属
“花柚” 別名 ハナユズ
ユズの近縁種で、ユズと比べ背丈が低く、鉢植えにも用いられます。
他には、ユズより葉は大きく、翼は小さく、果実もより凸凹して小さいのが識別点。

2012年12月21日 (金)

ウンシュウミカン

Unsyuumikan121221

ミカン科ミカン属
“温州蜜柑”
温州は中国の地名ですが、実際の原産地が鹿児島県であることは間違いないようです。
今、私たちが食べているミカンといえばこのウンシュウミカン。
農産物といえば輸入とばかり思いますが、現在このウンシュウミカンは結構輸出しているそうです。

散歩をしていると古い家によくこのウンシュウミカンと思われるのがありますが、とても断定する自信はありません。実は、わが家にもあります。
12月6日からミカン類をいくつかアップしていますが、信頼できる所で名札がついているか、あるいは持ち主の方から種名を確認できた物だけをアップしています。

より以前の記事一覧