2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« アメリカフヨウ | トップページ | ムクゲ »

2011年7月29日 (金)

ハゼラン

Hazeran110729_2

スベリヒユ科ハゼラン属
“爆蘭”
西インド諸島原産
丸い玉状の蕾がはじけるように咲くことからの名前ですが、ラン科ではありません。午後三時から花が咲くのでサンジソウ(三時草)とか多くの花が開くのでエドノハナビ(江戸の花火)とかの別名があるそうです。ハゼランが標準名のようですが、ランではないのですから、こんな名前は早々に止めて、エドノハナビに変更すべし。姿が確かに花火に似てるし、この粋な名前を大切にしたいですね。
ところで、この花の名前が分からず苦労しました。この花を2度撮影したのですが、2度目は3時になっていなかったせいで、花が全く開花していませんでした。先日、植物観察会に参加し、その時、全く開花していないこの花と根元の葉が輪生している画像がカメラに残っているのを思い出し、観察会のリーダー(女性)の方に画像を見てもらいました。私から「開花していませんが花弁は5枚です。」とだけお話し、画像を見ていただいたら、即座に「ハゼランだと思います。」とのご返答を頂きました。家で調べましたが、「野に咲く花」「山に咲く花」(山渓)にも載っていません。ネットで検索してみたらピッタリ。結局、私の図鑑では、「日本帰化植物写真図鑑」(全農協)に載っているだけです。観察会のリーダー役の人は本当に詳しいですね。私が生きているうちに、この域まで達するのは無理ですね。

« アメリカフヨウ | トップページ | ムクゲ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカフヨウ | トップページ | ムクゲ »