2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

オオイヌノフグリ

Ooinunihuguri130221

オオバコ科クワガタソウ属
“大犬の陰嚢”
この頃、簡単な習い事(^^)をしていまして、そちらに時間を取られ、植物を見る機会があまりありません。あと1ヶ月ちょっと続きます。
オオイヌノフグリがそろそろ咲く頃かと、期待していたのですが、ようやく見つけました。
誠に気の毒な名前ですが、美しさは抜きん出ていますね。
まだ、兄弟のフラサバソウを見ていないので、今年の課題。

2013年2月12日 (火)

マンサク

Mansaku130212

マンサク科マンサク属
“満作”
シナマンサクの方が早く咲き始めるようで、ようやくマンサクも咲いてきました。
葉や花がシナマンサクの方が大きく、また、開花時にシナマンサクの方が枯れ葉が残ります。このマンサクも咲き始めなのですが、枯れ葉は全くありませんでした。

2013年2月11日 (月)

ホトケノザ

Hotokenoza130211

シソ科オドリコソウ属
“仏の座”
わが家の近くで地下鉄の延伸工事を見越してなのか(?)、大規模な区画整理が行われています。ちょっと前まで農地だった所に、個人住宅ではないビルが建ったりしています。
写真を撮った所は、少なくとも今年は農地なんでしょう。今は、緑肥としてマメ科(多くがおそらくナヨクサフジ)が植えられ、その中に、今はホトケノザが咲き始めました。もうすぐ一面にホトケノザが咲きます。また、数では、ホトケノザほどではありませんが、ナズナも開花し始めました。

※連続アップをしていましたが、ここで何日間か途切れたので、心配のメールをいただいてしまいました。別に、体調が悪いわけではなく、野暮用で昼間に出られないことがよくあるのです。いつもは散歩がてらに、カメラを持って行ったのですが、現在の散歩は夕方以降になってしまい、当然カメラなしです。おかげで、観察をしないので、散歩が早足になり、体重が予想通りに減ってきました。以降も、まだ、1ヶ月以上この状態が続きます。

2013年2月 3日 (日)

ムラサキハシドイ

Murasakihasidoi130203

モクセイ科ハシドイ属
“紫端集”(別名 ライラック、リラ)
ヨーロッパ原産で明治時代に渡来。
これは紫色の花を付けますが、日本に自生しているハシドイは白花。
大きめの冬芽が目立ちます。

2013年2月 2日 (土)

ミツマタ

Mitumata130202

ジンチョウゲ科ミツマタ属
“三椏”
一般に、冬芽は地味で、一目見ただけで簡単に分かるという物は、特に初心者の私にはあまりありません。
でも、このミツマタは一目で分かる代表。
開花までは、もう少し掛かります。


2013年2月 1日 (金)

アオキ

Aoki130201

ガリア科アオキ属
“青木”
葉も枝も青い(緑)からの名前でしょう。それも、日陰が好きなようで、目立ちます。
花のない時期に、こんな奇麗な実を付けてくれるなんて大歓迎ですね。
雌雄異株。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »