2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ハタケニラ

Hatakenira130531

ネギ科ハタケニラ属
“畑韮”
北アメリカ原産。
小さな公園の花壇に1本だけ咲いていました。
ネギ科の仲間は皆なかなか繁殖力があるようで、いろいろな兄弟をよく見かけます。どれも質素な感じの花で、私は好きです。

2013年5月30日 (木)

ヒベリクム・ヒドコート

Hiberikumuhidokoto130530

オトギリソウ科オトギリソウ属
同属のキンシバイの園芸種。キンシバイは花がずっと小さく、半開き。また、同属のビヨウヤナギによく似ています。しかし、ビヨウヤナギは格段に雄しべが長いので、間違えることはないでしょう。また、ヒベリクム・ヒドコートは葉が十字対生に付くことが多いようです。
ヒベリクムはオトギリソウ属の学名。
最近の庭などには、ビヨウヤナギよりこちらの方がずっと多いようです。


2013年5月29日 (水)

クマシデ

Kumaside130529

カバノキ科クマシデ属
“熊四手”
アカシデ、イヌシデ、このクマシデで3兄弟。
葉の感じが似ていますが、樹皮の違いも含めれば、識別は難しくないでしょう。
いかにも落葉樹という感じで、私には、この3兄弟は好きな樹木です。
画像は果穗です。

2013年5月28日 (火)

ドクダミ

Dokudami130528

ドクダミ科ドクダミ属
“毒溜”
白い花びらに見えるのは、実は総苞片で、中央にあるのが花穂。
日陰が好きなようですが、いたる所で見かけます。これからしばらくは、ドクダミの天下ですね。

2013年5月27日 (月)

ヘビイチゴ

Hebiitigo130527


バラ科キジムシロ属
“蛇苺”
ちょっと前まで花が全盛でしたが、今は果実が。
これとヤブヘビイチゴの識別に、私は意外と苦労しています。この果実を見れば簡単ですが、花だけだといつも頭を捻ってしまいます。

2013年5月24日 (金)

ムシトリナデシコ

Musitorinadesiko130524

ナデシコ科マンテマ属
“虫取り撫子”
ヨーロッパ原産。
茎の上部の葉の下に粘液を分泌する部分があり、ここに虫が付着して、捕らえられてしまうことからの名前。ただし、食虫植物ではないので、おそらく登ってくるが受粉の役に立たない蟻の妨害をするのが目的らしい。
近くの畑や空き地の片隅に、逃げ出したと思われるのを2~3株見ることがよくあります。

2013年5月22日 (水)

ヒレハリソウ

Hireharisou130522

ムラサキ科ヒレハリソウ属
“鰭玻璃草”
通称のコンフリーの方が名前が通っているのかも。
花はこれ以上は開きません。
ヨーロッパ・西アジア原産。
明治時代に、薬用として入ってきたようですが、かなり逃げ出したものがあるそうで、時々見かけます。
一時期は、健康食品ブームで、葉を天ぷらで食べた時期もあったそうです。

2013年5月21日 (火)

ウスベニアオイ

Usubeniaoi130521

アオイ科ゼニアオイ属
“薄紅葵”
南ヨーロッパ原産。
住宅地の中にある結構広い空き地に咲いていました。
この仲間は園芸種がかなりあるようで、一般にマロウと呼んでおり、このウスベニアオイがコモン・マロウにあたるようです。
まだ、比較的少ないですが、これから公園などでは、この花が盛りになります。
近い所で、タチアオイ(タチアオイ属)がもうすぐ咲き始めます。
この科のフヨウ、ムクゲ、ハイビスカスなどは、どれも立派な花をつけ人気がありますね。
手前の白い花はハルジオン、ピンクはアカバナユウゲショウ、黄色はセイヨウタンポポ。

2013年5月17日 (金)

レッドロビン

Reddorobin130516

バラ科カナメモチ属
カナメモチとオオカナメモチの雑種。
生け垣として、どこにでも見かけますが、こんな綺麗な花が咲くとは知りませんでした。初めて見ました。
これらは若い生け垣で、花を咲かしているのは、全体の四分の一くらい。また、近くに造園業屋さんがあるのですが、全く切られておらず高さ4メーターほどのは、一面に花が咲いています。生け垣で常に切られていると花が咲かないのでしょうか。
そういえば、わが家にあるカナメモチも花を見たことがありません。見落としているのかなぁ?

2013年5月16日 (木)

ナルコユリ

Narukoyuri1305136

キジカクシ科ナルコユリ属
“鳴子百合”
わが家から近い小さな公園に群生していました。当然、植えられたもので、こんなにも広い範囲に植えなくてもと思ってしまいました。
決して派手な花ではありませんが、しっくりと落ち着いた花ですね。地味ですが、魅力があります。
似たものがいくつかありますが、図鑑をよく見れば、間違えることはないでしょう(^^)。
ナルコユリとアマドコロはキジカクシ科ナルコユリ属、ホウチャクソウやチゴユリはイヌサフラン科チゴユリ属。(昔は、すべてユリ科としていました。)

2013年5月14日 (火)

シラン

Siran130514

ラン科シラン属
“紫蘭”
今の時期、見栄えが良いからでしょうが、いろいろな所で見かけます。紫色は、あまり濃すぎるとしつこくなってしまいますが、ちょうど手頃な色具合できれいです。この時期の、人気ものですね。

2013年5月13日 (月)

ハナイバナ

Hanaibana130513

ムラサキ科ハナイバナ属
“葉内花”
キュウリグサ(同科キュウリグサ属)はいろいろな所で咲いていますが、このハナイバナはなかなか見ません。もちろん、花径が2ミリ程度で、見落としてしまうことがあるのかもしれませんが、よくよく見ても、キュウリグサばかり。
花は小さくて似ていますが、キュウリグサは花の中心に黄色い輪があるが、このハナイバナは白系。キュウリグサは、花序が先端で丸まっているが、ハナイバナは異なる。また、ハナイバナは葉と葉の間に花をつけるが、キュウリグサは異なる、などから識別は容易。

2013年5月10日 (金)

タニウツギ

Taniutugi130510

スイカズラ科タニウツギ属
“谷空木”
枝の中が中空(空木)で、山地の谷沿いあたりによくあることからの名前のようです。
小さな花が密集し、垂れるように咲くので見応えがあります。近くの公園での撮影ですが、目立つので通る人から注目されています。公園などに植栽されていることが多いのは納得できますね。

2013年5月 9日 (木)

アメリカフウロ

Amerikahuuro130509

フウロソウ科フウロソウ属
“亜米利加風露”
ゲンノショウコと兄弟。花期が違いますので、間違えることはないでしょう。
わが家の周りに、このアメリカフウロをよく見かけますが、ゲンノショウコは見たことがありません。山野に住む傾向なんでしょうね。

2013年5月 8日 (水)

アカバナユウゲショウ

Akabanayuugesyou130508

アカバナ科マツヨイグサ属
“夕化粧”
夕化粧ですが、昼に咲いています。同属で夕方以降に咲くマツヨイグサ類に影響されてしまった名前なのでしょうか。
可憐な花で、私は大好きです。植えられたというより雑草で、結構見かけます。中には、かなり群生している所もありますね。白花もあり、この方が私は好きです。

2013年5月 7日 (火)

リュウキュウツツジ

Ryuukyuututuji130507

ツツジ科ツツジ属
“琉球躑躅”
今一番多くの所で咲いているのが、このツツジ類でしょう。でも、このツツジは品種、園芸種とも大変多く、なかなか特定できません。名前の札が付いていても、時々、本当かな?、と思うことがあります。ですから、今まで、この類はあまり載せていませんでした。このリュウキュウツツジは、つい最近出来た小さな公園に咲いていました。名札が付いていましたので、これは間違いないだろうとアップすることにしました。
ある図鑑に、モチツツジとキシツツジの雑種と書いてありました。

2013年5月 6日 (月)

オッタチカタバミ

Ottatikatabami130506

カタバミ科カタバミ属
“おっ立ち片喰”
カタバミは何種もあり、その分花期範囲が広く、年間楽しませてくれます。花はもちろん、葉も魅力的で私が好きな花です。
わが家の近くでは、例年よりこのオッタチカタバミが多いようです。
カタバミに比べて、オッタチカタバミは、全体に白い毛が多く、托葉がごく小さいことで識別できるようです。ただ、名前の通りで、背が高く、花も一回り大きいので、それほど識別には迷わないと思います(?)(^^)。

2013年5月 5日 (日)

セリバヒエンソウ

Seribahiensou130505

キンポウゲ科オオヒエンソウ属
“芹葉飛燕草”
公園などではずいぶん群生しています。しかし、明治時代に渡来したようですが、最近になって急速に分布域を広げているようです。そのせいか、よく見かけるわりに図鑑に載っていないのです。私も結構図鑑は持っていますが、今までこれが載っている唯一の図鑑は、「日本帰化植物写真図鑑」第2巻(全国農村教育協会)だけでした。多くの人が使っているであろう「野に咲く花」(山と渓谷社)にも載っておらず、しばらく名前が分からなくて困った時がありました。今回、この「野に咲く花」の増補改訂新版が出ましたので、中身を確認したら、新規にこのセリバヒエンソウが載っていました。
この花は、よく公園などで見ますが、逆に、私の散歩コースでは見たことがありませんでした。これは、あるお宅の小さな庭の片隅でひっそり咲いていました。ほとんど土がないような所なので、根性があるなぁ~、という感じでした。

2013年5月 2日 (木)

ラムズイヤー

Lambsear130502

シソ科イヌゴマ属
西アジア原産。
最初に、これを見た時、ずいぶん珍しい草と思いました。誰でも、これを見ると、必ず触りたくなります。触った感じは、ウサギの耳の感触でした。しかし、その時は、名前が分かりませんでしたが、しばらくたってから、ラムズイヤー(子羊の耳)と判明し、なるほどですね。
お正月に黒豆の飾りで出てくるチョロギと同属。余談ですが、このチョロギは私の大好物。

2013年5月 1日 (水)

シャクナゲ

Syakunage130501

ツツジ科ツツジ属
“石楠花”
日本でも何種かあり、また、園芸種もありで、ここでは、単なるシャクナゲとしておきます。
色はいろいろあるようですが、特に、赤は派手に目立ち、花が固まって咲くので、遠くから見ても、この時期なら識別できます。
名前の由来は、そのままの中国語読みが転訛したようですが、実は、そもそもの“石楠花”とは、異なる品種だそうです。要するに、日本の勘違いですね。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »