2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ソバナ

Sobana160630

キキョウ科ツリガネニンジン属
“岨菜”
愛らしいという言葉がピッタリ。
同属のツリガネニンジンとの違いはこちらを。

2013年6月29日 (土)

ネジバナ

Nejibana130629

ラン科ネジバナ属
“捩花”、
ネジバナはなかなか人気のある花です。でも、これは雑草の部類に入りますね。
この花、私も好きで、見つけると嬉しくなり、どこまで大きくなるかを楽しみにしています。ところが、雑草だからでしょうか、楽しみにして再度見に行くと、一面刈り取られてしまっている経験を何度かしています。もちろん、草地の採りやすい所に生えていますので、いたずらで採られてしまうこともかなりあります。
この写真は、日本庭園風の大きな池の中にある3メーター四方くらいの日当たりのよい島なのですが、見事に群生していました。これほどの群生は初めて見ました。当然、ここには誰も入れません。環境が良いと、こんなにも群生するものかと驚かされました。

2013年6月28日 (金)

キキョウ

Kikyou130628

キキョウ科キキョウ属
“桔梗”
秋の七草のキキョウが咲き始めました。
英名でballoon flowerですが、これは見てのとおり蕾が風船形であることから。
この時は、土砂降りの雨の後。開花して間もないキキョウがありました。
キキョウは白花があったり八重があったりで楽しめる花です。

2013年6月27日 (木)

タケニグサ

Takenigusa130624

ケシ科タケニグサ属
“竹似草”
茎が中空で竹に似ていることからの名前。
いろいろな所で見られます。でも、あまり群生はしませんね。
蕾、開花、果実との変化が一度で見られ、私が好きな雑草です。

2013年6月26日 (水)

ハグマノキ

Sumokuturi130626

ウルシ科ハグマノキ属
“白熊の木”
南ヨーロッパから中国が原産。
別名のスモークツリーの方が一般名称かも。
これは開花後の花穂で、これを煙に見たてての名前で、分かりやすいですね。
雌雄異株で、雄株は煙のようにはならないので、園芸では雌株に人気があるようです。

2013年6月20日 (木)

アメリカノウゼンカズラ

Amerikanouzenkazura130620

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属
“亜米利加凌霄花”
北アメリカ原産。
私の散歩コースの介護施設にあるノウゼンカズラが、なぜか今年は切られてしまいました。この手の花色は、私は好きではないのですが、今年は見られないのは残念と思っていました。
わが家から50メーターもいかないお宅に、このアメリカノウゼンカズラが咲いているのを見つけました。失礼ですが、大変狭い庭の一角でしたので、この木が好きだったのでしょうか。
ノウゼンカズラに比べ、花が小さく、花筒が長く、1ヶ所からまとまって咲くので、識別に迷うことはないでしょう。黄色の花もあるようですが、私は見たことがありません。

2013年6月19日 (水)

タチアオイ

Tatiaoi130618

アオイ科タチアオイ属
“立葵”
中国から万葉の時代に薬用として入ってきたようですが、元をたどるとヨーロッパ原産のようです。
わが家の周辺で、意識して植えたものばかりでなく、逃げ出したと思われるものなど、かなりよく見かけます。
なにせ背丈が2メーター以上になりますので、何度か撮影に挑戦しましたが、みなどうにも背景に住宅が入ってしまうのです。今日、ようやく緑の背景のを見つけました。

2013年6月18日 (火)

ムクゲ

Mukuge130618_2

アオイ科フヨウ属
“木槿”
わが家にもムクゲがあるのですが、花の開花はまだの感じだし、他でもまだまだと思っていたら、もう咲いているのがありました。初認となります。もちろん、私としては初認なのですが、よくよくみれば結構もう咲いているのでしょうね。私が気付いていないだけかも。
箒(ほうき)を逆さにしたような樹形で、冬芽も特徴があり、花がなくても、私でもムクゲと想像できます。
韓国の国花だそうです。
世界の国々の国花は?

2013年6月14日 (金)

マテバシイ

Matebasii130614

ブナ科マテバシイ属
“馬刀葉椎”
名前の由来には諸説があるようですので、ここでは割愛します。
樹木好きの私ですが、この手の樹木は大変地味で、アップしたくなるような機会がありません。何とか見つけても、この程度の写真。
雌雄同株。細かい毛がたくさん生えているのが雄花序、数は少ないが、毛はなく、小さなこぶのようなものが生えているのが雌花序。

2013年6月13日 (木)

シモツケ

Simotuke130613

バラ科シモツケ属
“下野”
春にはよくコデマリを見かけましたが、この頃は、このシモツケ。
よくよく近づいて見ると、大変きれいな花です。
ところで、草本で名前が似ているシモツケソウ(同科シモツケソウ属)というのは見たことがありません。ちょっと調べると、私がうろうろする環境にはないようです。

2013年6月11日 (火)

タイサンボク

Taisanboku130611

モクレン科モクレン属
“泰山木、大山木”
北アメリカ原産。
葉に大きな特徴がありますので、葉だけで識別に迷うことはありません。そこに、特大のなかには30センチ近い花が咲きますので、間違いようがありません。
アメリカ南部を代表する木で、特にミシシッピ州やルイジアナ州の花になっているそうです。

2013年6月10日 (月)

トケイソウ

Tokeisou130610

トケイソウ科トケイソウ属
“時計草”
中米・南米原産。
とにかく種類が多く、そこに園芸種も無数にあるようですので、名前は総称と考えた方が良さそうです。
まさに、ピッタリの名前ですね。雌しべが3つに分かれ、時・分・秒の針となり、ちゃんと見事な文字盤まであります。こんなに名前の由来が簡単に分かる植物なんて他にないですね。

2013年6月 9日 (日)

ハアザミ

Haazami130609

キツネノマゴ科ハアザミ属
“葉薊”
地中海沿岸原産。
葉に深い切れ込みがあることから、それをアザミに例えたようです。
かなり背が高くなりますので、最初に見た時は驚きました。
公園の花壇などで、よく見かけます。
別名のアカンサスは属名。

2013年6月 8日 (土)

ビヨウヤナギ

Biyouyanagi130608

オトギリソウ科オトギリソウ属
“美容柳”
兄弟でよく似ているヒベリクム・ヒドコートと今同時に咲いています。
でも、長い雄しべの効果で、ビヨウヤナギの方が目立ちます。

2013年6月 5日 (水)

ワスレナグサ

Wasurenagusa130605

ムラサキ科ワスレナグサ属
“勿忘草”
ヨーロッパ原産 英名ではForget me not
わが家から近い所にあるホテルの庭に小さな人工的な小川があります。そこに咲いていました。
距離があり、身を乗り出して撮りました。ちょっとピンボケ気味。

2013年6月 4日 (火)

ラムズイヤー

Ramuzuiya130604

シソ科イヌゴマ属
前回の記事の時は、花は全くなかったので、先日、その後を見たくて寄ってみました。
いかにもシソ科らしい花ですが、葉の強烈な個性に負けていますね。
下から上に開花していきます。

2013年6月 3日 (月)

ネズミモチ

Nezumimoti130603

モクセイ科イボタノキ属
“鼠黐”
同属のトウネズミモチ(唐鼠黐)ほどではありませんが、結構見かけます。最初は、識別に迷うことがありましたが、今は迷いません。日に透かして、葉の葉脈が透けて見えるのがトウネズミモチ(透ネズミモチ)、透けないのがネズミモチ。
実を見かけることは何度もあるのですが、花を見る機会は意外とありません。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »